梅雨の時期に咲くあじさい。
埼玉県にある金泉寺に、あじさいを観に行って来ました。








あじさいは漢字で、紫陽花と書きますが、どうしてあじさいの漢字が紫陽花になったのでしょう?
それは、平安時代からだそうです。
唐の白楽天の漢詩に出てくる紫陽花を日本のあじさいと同じ花だと思い、紫陽花という漢字をあてたそうですが、本当は勘違いで、その詩に出てくる花は紫色のライラックだったそうです。

紫陽花の名前の由来は?
あじ(あづ)は集めるの古文単語
からきていて、小さいものが集まっているさまを表し、
さいは、真っ青を意味する真藍(さあい)が変化したものだそうです。
なので、小さな藍色のものが集まって咲いた花という事のようです。
当たり前に呼んでいるものも、調べてみると面白いですね。😊



総社町接骨院
前橋市総社町総社1114-8
027-289-2869
9:00~13:00  15:00~21:00
         交通事故治療

         小顔エステ

         歯のホワイトニング