平成30年台風第7号による豪雨災害に見舞われた皆様、ご家族ご親族やご友人など大切な、愛する人を失われた悲しみに際して、深くご同情申し上げます。

私は関東、東京にいて難を逃れているのですが、テレビで見る現地の惨状は東日本大震災の津波による被害と重なって、私の心には惨劇のように映りました。

近頃は自然災害が多発していて、豪雨・地震・噴火・竜巻ほか、被害が甚大な災害がよくおきています。どうして、近年このようなことが多くおきてしまうのか。

気候変動という言葉を耳にしたことがあります。

環境問題が叫ばれて久しい中、地球の表面温度が上昇することで生じる影響として気候変動という言葉があったと思うのですが、何万年単位で生じる周期的な自然界の変動とは違います。

イギリス産業革命以降、だいたい200年くらいの時間経過の中で今の私たちの暮らしに至っていて、生活の様式も産業の発達に沿って変化しました。しかし生活が快適になる一方で、私たちは地球に多くの負担を掛けていたのかなと、思いました。

自分が住んでいるのは日本国で、しかもその一地域なので、地球っていう単位を把握しにくいのです。

昔は海外で大災害が起きた時、テレビで見ていて『大変だな海外』などと他人事のように思っていた記憶がありますが、今はとても身近に思うことが出来ます。

地震や噴火などは周期的な地球自身の“予定”なのかもしれませんが、竜巻や豪雨など地表で起こる災害は異常気象となる原因を改善出来ないものか、と思います。

とはいえ、エアコンの使用を止める?などと言っても、そうそう出来そうにありません。

出来る努力はなんだろう?

今できるのは無駄遣いしないようにしようと思います。本当に必要なときだけ、最小限の利用を心がけようと思います。他にも出来ることが発見出来れば取り組もうと思います。

自分ひとりだけでよくなる訳ではないでしょうけど、今の自分に出来ることは小さい努力しかありません。こんなコメントしか出ないのですけど、災害にあって亡くなってしまうことは本当につらいと思うのです。津波の被害を現地で見て、避難できて助かった親戚から話を聞き、亡くなった叔父や縁者の方々が如何にして災害にあったのかを知り、残酷な事実を感じとりました。

その経験後、自然災害が起きるたびニュースを良く見るようになりました。

ボランティアで現地支援が出来るかと考えたこともありますが、現在の自分の役割というか仕事の責任を考えると周りの人に無理を強いることになるので、致しかねる。

他に方法を考えたいと思います。

まとまりのない文章はいつものことですが、いつもと違うこと、書きました。

本当に災害被害は心が痛みます。

日々平穏無事、是幸いなり。