1986年のジュニアオリンピック。群雄割拠という言葉がピッタリする混戦の中、期待をもたせる活躍をしたのが写真の選手たち。未来を見つめる選手たちの果敢なチャレンジはみごたえたっぷりだった。

粟野利信(日大山形高校)

柴 雄太(札幌第一高校)

石岡 徹(専大北上高校)

佐藤友昭(札幌第一高校)

富井真紀子(飯山南高校)

  

坂本麻紀子(玉川学園高校)

岡崎若華(蔵王第二中学)

渡部歩里(柏丘中学)