大穴 2019 久々の新作! | 全日本スキー場パンフレット原色図鑑

全日本スキー場パンフレット原色図鑑

                                   日本全国のスキー場パンフレットを紹介します


テーマ:
パンフの仕様
 様式:片観音折り
 寸法:210mm×100mm
 印刷:4色
 マットコート紙
 129.9g/㎡(実測値)
 110kg(四六判)と思われる

スキー場公式サイト
 
https://ooana-ski.com/


 このブログで取り上げるパンフを作っているようなスキー場は、基本的に毎年パンフを作り直している。ただ、それができるのは大きめのスキー場だけで、小規模のスキー場は数シーズン同じパンフを使い続けている。
 この大穴スキー場もご多分にもれず、2012シーズンより同じデザインを使用している。(2016シーズンにリフトが減っているのでそこだけ修正されている)

 2019シーズン、久々に新たにパンフを制作したので、ここで取り上げた次第。

 表紙は、そういった事情で年号表記はなし。ただ、青、白、黒で構成された色彩設計はとてもスッキリしていていい。

 さて、中身を見ていこう。表紙・裏表紙がある面はこんな感じ。

 そして、ゲレンデマップがある中面はこんな感じ。



 よく見ると、見出しやマップのフォントが手書き風で、このスキー場の雰囲気にマッチしている。
 細かいところに配慮が行き届いている。

 


 スキー場自体がコンパクトのせいか、給食施設やイベントの情報などはないが、これはこれでいいのだろう。

 

 と紹介したのはいいのだが、なんと、このスキー場が今シーズン限りで、閉鎖とニュースが入ってきた。

https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/102510

 群馬県みなかみ町の大穴スキー場が今季限りで営業を終了することが29日、分かった。施設の老朽化や入り込み客数の減少が主な原因。昭和初期に開設された、群馬県内でも草分け的存在のスキー場閉鎖に、地元住民や観光関係者から惜しむ声が上がっている。(以下上記参照)

 

 今シーズンパンフを新しくした矢先のことだけに、ちょっとこれは予想外。
 引用にある通り、昭和初期からある老舗スキー場ということもあるので、興味を持たれた方はぜひ訪問してほしい。

さいと~さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス