キューピットバレイ 2018 デザインは素敵 | 全日本スキー場パンフレット原色図鑑

全日本スキー場パンフレット原色図鑑

                                   日本全国のスキー場パンフレットを紹介します


テーマ:
パンフの仕様
 様式:田の字折り
 寸法:210mm×148mm
 印刷:4色
 マットコート紙 111.3g/㎡(実測値)
  94.5kg(四六判)のようだが特定できない

スキー場公式サイト
 http://www.yukidaruma-kogen.com/

 

 

 このスキー場のパンフは先シーズンの分も紹介している。

  https://ameblo.jp/ski-pamphlet/entry-12319466792.html

 

 びっくりしたのは先シーズンとは全く違った作り。版型からして違うし、中綴じから折りだけというのも違う。もっとも、それは先シーズンのパンフを知っている人だけの話。まっさらな視線でレビューする。

 表紙はこのスキー場のキャラクターがぽんとあるシンプルな構成。色使いも派手はなく、大変きれいにまとまっている。
 パンフを広げるとこんな感じ。



 なんと、紙面の全面を使ってゲレンデガイドが描かれている。非常にゆったりとしたレイアウトだし、色使いもきれい。ゲレンデガイドが手狭な感じがするパンフが多いので、これはいいと思う。むしろ、もう少し小さくてもいいぐらい。

 さて、先シーズンのパンフレビューで「国道253号の八箇峠超えが2018シーズンよりぐっと楽になった。その情報がどのように盛り込まれるのか」と書いたのだが、それはどうなったのだろう。

 裏表紙はこんな感じ。



 デザインだけ言えば、スッキリしてていいのだが、肝心のアクセス情報は文字だけ。
 その部分を拡大してみる。



 せっかく新しい道ができたのだから、図で示してほしいところ。
 カーナビによってはデータ更新が遅れるのだから、なおのことである。

 デザインは素晴らしいだけに、コンテンツの面でちょっと引っかかるところがあるのは残念である。

 とはいえ、今シーズンのパンフも楽しみになったことは間違いない。

さいと~さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス