私は、歌が苦手だ…

歌う事は好きなのに、自信がない。

地声が好きではない。

可愛らしい声ではなく、ちょっと低めの声。
あまり子供らしくない。

そんなことを思い始めたのは、5年生の3学期からだった。

それまでは特に声に興味がなく、なんとも思わなかった。

だが、SKEに入って、色んな歌を歌っていくうちに、「私の声、低いなぁ…。」「みんなの声は、なんであんなに綺麗なんだろう」と思うようになってきた。

青春ガールズ公演の時。

歌っていてキーが高いな、と思う曲がたくさんあった。

「なんで、こんなキーも出ないんだろう。」

悩んでいる時、裏声やミックスボイスを使って歌うことをネットで知った。

色々勉強してみて、それから高いキーの曲を歌ってみたりした。

「出しやすい!」と初めて思え、そこから歌うことがだんだん好きになっていった。

だが、カラオケに行き、いざマイクを使って歌ってみると…

思うように、裏声やミックスボイスが出ない…

大きい音を聴きながら、マイクで歌うのが難しかった。

いや、それだけではない。

裏声だと、声量が無いことにも気付かされた。

どうしても声が震えたり、だんだん小さくなっていったり…

「やっぱり、私は低い声でしか歌えないんだ。でも、この声に合う曲なんて…」

そして私は歌うことを諦めかけた。

月日が立ち、珠理奈さんの卒業コンサートが発表された数日後…

セットリストが送られてきた。

全体曲を見て、最後に「誰が出るんだろう?」とソロの部分に目を通すと、そこには…

「虫のバラード/林」

と書いてあった。

信じられなくて、何回も見直した。

偉大な先輩が歌う中で、私が…?

不安、恐怖、緊張、焦りが一斉に来た。

そこで春休み、自主練をしにカラオケに行った。

珠理奈さんにお会いした時、「みれいちゃんは、虫のバラードがとっても合うよ!」と言ってくださったのを頭の片隅に置き、マイクを持つ。

とりあえず地声で歌ってみた。
すると…最後まで歌いきれた。わりと低い曲で、私にぴったり。
声量もいい感じに出せて、とても嬉しくなった。

この時改めて、珠理奈さんはこんな私の事をちゃんと見てくださっていたんだ!!と実感した。

この曲だから、歌えたんだ!!!

それから行ける日は必ず自主練に行った。

そして、リハで初めて歌うと…

「歌いけるじゃん!すごいじゃん!」

と、珠理奈さんが褒めてくださった。

他にも、ダンスの先生方や、先輩方も「すごいね!」と仰ってくださった。

嬉しくて仕方がなかった。

心を落ち着かせ、迎えた本番。

やはり、本番は違った。

感情を込めやすく、声量も上がった。

夢のような時間だった。

だが、そんな時間も気付けばラスト。

周りを見渡すと、たくさんのサイリウムがキラキラと輝いていた。


ーこの場所で、珠理奈さんが私の事を思って選んでくださった「虫のバラード」を歌えて最高に幸せだったー









#SKE48  #松井珠理奈卒業コンサート
#虫のバラード