SKE48 ニュースメモリー(SKE48のニュースまとめブログ)

SKE48に関するニュースをまとめて保管していきたいと思います
ご要望、削除依頼、苦情等ありましたら
等ブログのメッセージからお送りください
確認次第、対応致します
随時更新していきますので、これからも宜しくお願い致します


テーマ:

11日深夜放送の「SKE48むすびのイチバン!」(東海テレビ)でSKE48の江籠裕奈(17)、高塚夏生(17)、松村香織(27)と平成ノブシコブシの徳井健太(36)が三重県桑名市にある小杉食品を訪問。
全国納豆鑑評会で200社あまりの中から今年の最優秀賞に選ばれた納豆「日本の黒豆」のキャッチコピーを考案して番組を盛り上げた。

松村が「おいしい!全然くさくないですね」と感激するほどの納豆だが、同社によると「日本一を取ったけどまだまだ認知不足」。
そこでSKE48の3人に「売れるキャッチコピーを考えてほしい」とオファーを出した。

3人まずは納豆について勉強すべく工場でその製造工程を見学。
さまざまな工程を経て商品ができ上がることを学んだ。
その上で江籠が考案したキャッチコピーは「おいしさの秘密はコミュニケーション!!人も納豆もコミュニケーションが大事なんだね」。
新しいイメージキャラクター「黒豆ちゃん」も描いた。

高塚は「食べなきゃ損日本の黒豆一度食べたら忘れられない」と発表。
「初めて食べた瞬間に『自分が16年間、どんな納豆を食べてきたんだ』って衝撃を受けたぐらいおいしかったので、人生で食べなきゃ損だし、1回食べたら忘れられない」とその意図を説明した。

そして松村が考えたのは「一度食べたら分かる豆の違いSKE48松村香織さんも大絶賛」。
自分の顔写真入りにすることも付け加えた。
同社としては松村の案が最も良かったとしたが、採用については後日の会議で再考することとなった。

スタジオには、白衣などを着用してスタッフに変装した松村が納豆を運んで登場したが、“スタジオ出禁”の松村に平成ノブシコブシの吉村崇(37)はマジギレ。
「お前出ていけ!オイ!お前なんてニオイで分かるんだよ!」と言い放った。
しかし松村はスタッフに徹し、「どうぞ食べてください」と日本一に輝いた納豆を吉村に差し出した。
試食した吉村も「レベルが違いますね!」とコメント。
「納豆くささもないし、キレもある」などとその味を絶賛した。

気になるキャッチコピーだが、結果は残念ながら3人とも不採用に。
徳井は「小杉(食品)さんも本気なわけ。
ノリでSKEの番組でやってくれるのもありがたいけど、本気でやっているから簡単に採用できない」などと説明した。
納得のいく理由だったが、松村たちも本気だっただけに、この結果を悔しがった。
(zakzak編集部)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

うす塩さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。