お次はサルコウジャンプなのです | フィギュアスケートを120%楽しむためのブログ

フィギュアスケートを120%楽しむためのブログ

フィギュアスケートを120%楽しむための情報を
発信していきます^^

アメンバー申請につきましては、ブログ上でコメントやメッセージなどで
少し仲良くなった方に限らせていただいております。

こんばんは、MAYです。

またまた、間が空いてしまいました^^;
楽しみに待ってくれていたという方
申し訳ないですm(_ _)m


前回はトゥループジャンプでしたね。
忘れてしまったという方は
確認してから今回の記事を読んで見てくださいね。

分からずに知識だけ入れていっても
混乱してしまうので。



はい!
ということでサルコウの説明をします。


サルコウは、

『左足で滑っていって、右足で踏み切る』

個人的に選手の中でサルコウジャンプは
安藤美姫選手が一番上手だと思っているので
こちらの動画を見てみてください。

⇨サルコウジャンプ

四回転だ~とかじゃないですよ。笑
ジャンプを跳ぶまでの入り方に注目してください。

左足で滑っていって
右足を振り上げる。

その右足を持ち上げた反動でジャンプしています。

この、右足を振り上げ
跳び上がる瞬間の足の形が
『八の字』になるのが典型的なサルコウの形です。



後でフリップジャンプのときに説明しますが
フリップジャンプは「トゥサルコウ」と昔
呼ばれていました。

フリップジャンプをよく見ると
確かにサルコウジャンプのように左足で滑っていって
右足で氷を蹴って跳び上がっています。

つまり、サルコウとフリップの違いは
氷を蹴らずに跳び上がるか
氷を蹴って跳び上がるか、なのです^^

おもっきし余談ですね^^;



そしてですね。

サルコウジャンプは前に書いた跳び方が典型的なのですが
日本人選手でいうと羽生くんはちょっと違う跳び方なのです。


これも羽生くんの動画で説明したいのですが
残念ながら彼のサルコウだけの動画がない!

羽生くんのファンの方には申し訳ないですが
違う方の動画で説明させてください。

⇨羽生選手的なサルコウ

さっきの安藤選手との
違いがわかりますでしょうか?

左足で滑っていって、、、
ここまでは一緒ですね。


こっからです。

右足を完全に氷につけて
両足で跳び上がっているんです。

両足で氷を押している感じといえば
伝わりますでしょうか^^;

簡単にいうと、
右足が左足の前にある時間が長いです。

サルコウにはこんな跳び方もあるんだよ~
ぐらいに覚えておいてください。

典型的なのは八の字ですが、
どちらが正しいというわけではありません。

どっちもサルコウで、同じジャンプとして
採点され、加点減点も変わりません。


今回はサルコウジャンプを説明しました。


次回までに動画で復習しておいてくださいね~^^


読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m