サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

 

 

DUNKIRK
監督:クリストファー・ノーラン
音楽:ハンス・ジマー
出演:トム・ハーディ、マーク・ライランス、キリアン・マーフィ、ケネス・ブラナー、フィオン・ホワイトヘッド、トム・グリン=カーニー、ジャック・ロウデン、ハリー・スタイルズ、アナイリン・バーナード、ジェームズ・ダーシー、バリー・コーガン
2017年 イギリス/アメリカ/フランス映画

 


日本公開を9月9日に控えるクリストファー・ノーラン監督最新作。
当然未見なのですがサントラ音源を聴くことが出来たのでとりあえずアップします。
ストーリーは、第二次世界大戦初期のフランスのダンケルク海岸を舞台に、
ドイツ軍に包囲された連合軍兵士40万人が決死の脱出作戦を敢行するというもの。
未見なので何とも言えないのですが、この監督のこと、例によってあっと驚く仕掛けで観客を魅了してくれることでしょう。
噂では、CGに頼っていないとか、スピットファイアの実機を飛ばして空中戦を撮影しているとか、
セリフがほとんどないとか、陸・海・空の3つのパートに分かれてストーリーが展開するとか、
いろんな話が飛び交っており今から大変楽しみな作品です。
少なくとも、脱出劇を描くサスペンスという趣が強い作品のようで、
「ハクソー・リッジ」のような過激な戦闘描写は少ないのではないかと思われます。
実際の作戦でも連合軍の若い兵士が大勢参加していたという史実に基づき、スターはちょっとしか出てきません。
残念ながらマイケル・ケインも今回は出てきません。
 

 


音楽は、ハンス・ジマー。
最近の戦争映画はミリタリー調の血沸き肉躍るようなスコアがつけられることはほぼ皆無で、
「ミケランジェロ・プロジェクト」が唯一の例外という感じです。
この作品も同じようにダークで陰鬱なスコアが中心で、ミリタリーな雰囲気のあるスコアはありません。
ただ驚いたのは、アクションシーンのスコアと思われる曲では打ち込みを含むシンセが使われていて、
戦争映画といえばフルオケとしたものだというおっさんの固定観念を打ち破る音が出てきます。
「フューリー」でもシンセが多少使われていたと記憶していますが、
この作品では大々的にフィーチャーされた曲があります。
性急なリズムとインダストリアルなシンセフレーズで構成された"Supermarine"というスリリングなスコアがそれで、
この曲などはアルバムが解禁になる前に、一足先にシングル扱いでダウンロードできるようになってました。
スコア全体を通じて、アンダースコア色が濃厚で、明確なメロはありません。

「ダークナイト・ライジング」あたりに近い印象を持ちました。
映像と重ねて初めて威力を発揮するタイプのスコアだと思います。

 

 

 


 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

DUNKIRK DUNKIRK
 
Amazon

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

$サウンドトラック秘宝館


A BRIDGE TOO FAR
監督:リチャード・アッテンボロー
音楽:ジョン・アディスン
主演:ショーン・コネリー、マイケル・ケイン、ジーン・ハックマン、エリオット・グールド、アンソニー・ホプキンス、ロバート・レッドフォード、ジェームズ・カーン、ライアン・オニール、エドワード・フォックス、ダーク・ボガード、マクシミリアン・シェル、ハーディ・クリューガー、リヴ・ウルマン、ローレンス・オリヴィエ
1977年 イギリス映画


※過去記事を基に内容をいじってます。

第二次世界大戦におけるマーケット・ガーデン作戦(実話)をオールスターキャストで描いた戦争巨編です。
上記のとおり14大スターの豪華共演となっていますが、それぞれにちゃんと見せ場が設けてあるところがスゴイ。
1回観ただけでは、ストーリーの全容を理解することはちょっと難しいですが、
何回でも観れるので(僕だけか)、2、3回観るうちに頭に入ってきます。
ストーリーは、英国のモントゴメリー将軍が無謀な作戦を思いつき、
それを無理に実行したがために、

連合軍がドイツ機甲師団の予想外の反撃に遭い敗退する・・・というお話。
何しろその作戦たるや、米英の空挺師団が先にオランダの5つの橋めがけて降下して、
橋を占拠しておいて、そこへ英国の戦車部隊が進撃するというとんでもないミッション。
100キロの道程を2日で走破するという、とうてい無理な作戦でした。
そのため、なかなか前に進めない戦車部隊を待ってるうちに、
先に降下した空挺師団が孤立し、精強なドイツ機甲師団と交戦するハメになり、大きな被害を出しちゃうのでした。
こういう負け戦を描かせるとイギリス映画は上手い。
本編が3時間もあるので、TV初放映時は2週にわたって前編、後編に分けて放映されましたが、
けっこう時系列をバラした編集だったので初めて観た人はさぞ困惑したことでしょう。

DVDは、テレビ放映時の日本語音声が収録されたものが発売されたのですが、その後発売されたブルーレイはわざわざ新たに日本語を吹き替えて収録するという、オールドファンには暴挙ともいえる仕様になっていて非常に残念な思いをしたのでした。

確かに映像と音響はいいんだけど・・・・。

テレビ放映時の音声が入ったブルーレイ出ないかなあ。

 

 

 

音楽はジョン・アディスン。
いかにも英国の作曲家らしい気品あふれるスコアです。
どの曲も明確なメロディを持っていて、戦争映画のスコアとしては捨て曲無しの傑作といえるでしょう。
戦争映画のスコアの中で、ここまでそれぞれの曲にしっかりしたメロディがついているサントラはあまり例を見ません。
まるで上品なクラシックを聴いているようです。
子供の頃、初めて買ったLPがこのサントラでした。
友達はピンク・レディーを聞いて時期に、僕はこんなものを喜んで聞いていました。
今思うとひねた子供だったのだと思います。
公開当時に買ったアナログ盤はすり切れるまで聞いて、廃盤直前にもう1枚LPを買ってしまう羽目になりました(笑)。
そして、1999年に念願のCDが米Rykoから発売されました。
このCDはエクストラ仕様で、劇場予告編がボーナスマテリアルとして付いていました。
しかし、これもそのうち廃盤になってしまい、長らく入手困難の状態が続いてました。
その後、2010年に米Kritzerlandレーベルから1000枚限定で、
まさかの再CD化が実現しました。
しかも、オリジナル音源を使用してリマスターまでしてあります。
劇的な音質の変化はありませんが、全体的に音圧が増して
ブラス系の楽器が艶やかでクリアに聴こえるようになっています。
ジャケットの出来は、Ryko盤の方に軍配が上がりますが、
このリマスターは嬉しい。
増曲はありませんが、これは買いだ・・・・と思ったら、さっさとレーベル完売になってしまいました。



ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村
 

 

 

 

遠すぎた橋 [Blu-ray] 遠すぎた橋 [Blu-ray]
2,500円
Amazon

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 


MY HONOR WAS LOYALTY
監督:アレッサンドロ・ペペ    
音楽:アレッサンドロ・ペペ    
出演:レオーネ・フリーザ、パオロ・ヴァッカリーノ、フランチェスコ・ミリョーレ、アルブレヒト・ヴァイマー
2015年 イタリア映画

 


とんでもないマカロニ・コンバットが誕生しました。
数あるカスなイタリア製パチモン戦争映画の中でも、これは最高傑作と言っても過言ではないでしょう。
アレッサンドロ・ペぺ、全然知らない監督ですが、最初は普通のマカロニ・コンバットのノリで
数百万円ぐらいでサクッと映画撮っちゃおうと考えたらしいのですが、
これを聞きつけたヨーロッパの戦車マニア、銃器マニア、軍装マニアなどが
「俺にも参加させろ」とばかり、寄ってたかって作り上げた作品のようです。
その出来栄えたるや、凄まじいもの(笑)で、本物の装備の数々が惜しげもなく登場する怪物映画になってしまいました。
ストーリーもしっかりしていて、主人公の「独白」をバックに入れることで、
「誰のために戦うのか」「人生とは何か」といった「哲学」的な問いを観客に投げかける内容となっています。
カメラワークや映像処理も最近の戦争映画にみられるパターンをしっかり押さえているし、
どこを切っても絵になる戦場の兵士のカットが素晴らしい。
痺れるようなリアルな軍装品にも思わず溜息が出ます(ちょっと言い過ぎか)。
戦車や装甲車も充実していて、キューベルワーゲン、シュビムワーゲン、マーダー自走砲、ヘッツァー駆逐戦車、ハノマーク、T34、改造パンター、M4シャーマン、グレイハウンド等々、本物がゴロゴロ出てきます。
ストーリーは、第二次世界大戦末期、激戦が続く前線を転進しながら国防軍の撤退を側面支援する武装親衛隊の伍長が、「祖国」のために戦う中で、行く先々で「戦争」の愚かさ、「祖国」が犯した罪を目の当たりにし、
「戦う」意味について悩み苦しみます。
しかし、悪化する戦局の中で、自問自答しながらも戦い続けることしか出来ない状況に追い込まれていく・・・というお話。
唯一気になったのは、着弾や血しぶきがCGだったこと。
でも、これを補っても余りある怪物映画でした。
 

 


音楽は、監督のアレッサンドロ・ペペが自ら手掛けています。
この辺から、もともと安く上げちゃおうという魂胆が見え見えですが、
この人ピアノが弾けるらしく、劇中のスコアでも自分で弾いています。
しかも、意外に(失礼)まともなスコアを書いておられます。
ただ、映画のテーマがテーマだけに、ミリタリー調の勧善懲悪型の戦争映画スコアではありません。
映画の冒頭は讃美歌風のコーラスで始まり、バイオリンの悲しげなソロも。これから起こる激戦を暗示します。
監督が演奏するピアノのソロも帰国シーンで活躍していました。
サントラは、どうやら出ていないような気配なのですが、Youtubeを観ると、
ジャケットのようなものがバックに映し出されたスコアを何曲か聴くことができるので、
もしかしたら何らかの形で出ているのかも知れません。
メイン・タイトル曲は、ちょっとハンス・ジマー風ですが、
しっかりとしたオケスコアで監督が自分で手掛けたとは思えないクオリティです。
Youtube等を観る限りでは、全20曲のスコアでMMAスタジオとUnder The Roofスタジオで録音されたようです。
これサントラ欲しいなあ。
ダウンロードでもいいから入手できないものか。

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

・・・・今夜は最初期のレビューを再編集しています。

 

 

CROSS OF IRON
監督:サム・ペキンパー    
音楽:アーネスト・ゴールド    
出演:ジェームズ・コバーン、マクシミリアン・シェル、センタ・バーガー、デヴィッド・ワーナー、ジェームズ・メイソン、クラウス・レーヴィッチェ、アルトゥール・ブラウス    
1975年 イギリス/西ドイツ映画


サム・ペキンパー唯一の戦争映画にして、数あるペキンパー作品中、最高傑作と信じて疑わない1本。
「滅びの美学」を描かせたら天下一品のペキンパー作品はどれも素晴らしいので、
賛否はあると思いますが、おっさんとしてはこの作品がベスト。
当時としては珍しくドイツ軍兵士が主役(でも、英語しゃべってるけど 笑)。
第二次世界大戦中のロシア戦線を舞台に、部下に慕われる古参伍長と昇進しか頭に無い貴族出身の大尉との確執を、
壮絶な戦闘シーンを交えながら描いた作品です。
時代考証が恐ろしく正確で、軍装品マニアの間では大変な評判を呼んだ作品でもあります。
ストーリーは、ドイツ軍の進撃に陰りが見え始めたロシア戦線で、鉄十字章を与えられたこともある古参伍長が所属する部隊に、貴族出身の大尉が赴任してきます。
この大尉、鉄十字章をもらうことしか頭になく、勲章をもらうためなら部下の犠牲もいとわないような冷徹な男です。
部下思いの伍長とは悉く意見が対立する中、戦車を投入したロシア軍の猛攻が始まり・・・というお話。
ペキンパーが得意なスローモーションによる特徴的な映像がここでも出てきます。
マシンガンのマガジンがスローで落ちていくシーンには痺れたなあ。
ラストのオチは数ある戦争映画の中でもかなり異彩を放ちます。
ちなみに、この度、「最終版」と銘打ったブルーレイが発売されます。
水曜ロードショー放映時の日本語吹き替えが入っているほか、特定映像もいろいろ入っているようです。
う~ん、既発のDVDもブルーレイも買ったんだけど・・・・・。また買うことになるのかなあ。

 



音楽は、アーネスト・ゴールド。
メイン・タイトル曲は、子供の歌声で童謡「ちょうちょ」(オリジナルはドイツの民謡)が始まり、ミリタリー調のマーチに移行していくという意外な展開をみせる曲。
但し、マーチ調なのは全スコア中この1曲のみで、あとは悲壮感を漂わせたストリングス中心のかなり控えめなスコアが続きます。
悲壮感をたたえながらも劇的に盛り上がるのスタイナーのテーマもなかなか捨てがたい1曲ですが、
戦意高揚型の映画ではないため、どうしても地味なスコアが大半を占めてしまいます。
それでも、本編オープニングを飾った「ちょうちょ+マーチ」のメイン・タイトルは出色の出来栄えといえるでしょう。
サントラは、公開当時イギリス盤のLPが発売され、光沢のある見開きジャケが素晴らしいアルバムでした。
CDは、2001年に英Artemisレーベルから、2010年に米Kritzerlandレーベルから、それぞれ限定盤が発売されています。
1000枚限定だったKritzerland盤は、「さよなら、ミス・ワイコフ」とのカップリング仕様でした。
CDは既に入手困難な状況になっていますが、先日、たまたまダウンロード版が出ていることを知りました。
CDが入手困難な今、持っていない方は是非この機会にダウンロードしてみられてはいかがでしょう。
これは買いだと思います。



 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

THE DOGS OF WAR
監督:ジョン・アーヴィン    
音楽:ジェフリー・バーゴン    
出演:クリストファー・ウォーケン、トム・ベレンジャー、コリン・ブレイクリー、ヒュー・ミリアス、ポール・フリーマン、ジョベス・ウィリアムズ、ジャン=フランソワ・ステヴナン、ウィンストン・ヌシュナ、ペドロ・アルメンダリス・Jr    


フレデリック・フォーサイス原作の同名小説の映画化作品。
英国出身のジョン・アーヴィン監督のデビュー作ですが、デビュー作でフォーサイス作品の映画化とは思い切ったものです。
さすがに新人監督には扱いきれない素材だったようで、雑な仕上がりな上に女性との絡みを追加したりして、
現在の良さがかなり損なわれていたように思います。
しかし、原作を読まずに観ればそこそこ楽しめる傭兵ものの1本と言うことができそうです。
(派手なアクションは本編ラストに集約されているので、「ワイルド・ギース」級のものを期待するとガッカリします。比べないようにしましょう。)
ストーリーは、イギリスの鉱山会社の依頼で1人の傭兵がアフリカの架空の国に潜入します。目的は同国でのクーデターの実行可能性の調査。調査の過程で傭兵は警察当局に拘束され拷問を受けた末に帰国させられますが、鉱山会社は帰国した彼に10万ドルでクーデターを起こすことを依頼する・・・・というお話。
ドラマ部分は、原作にあった周到な準備作業の部分がかなり割愛されていたようですが、
兵器の方は目を引くものがあり、MMー1というドラム式のハンディなランチャーのような火器が出てきます。
これ、本作が映画初登場ではなかったかなあ。
なお、個人的には「ワイルド・ギース」でリンバニ大統領を演じたウィンストン・ヌシュナが出てたのが嬉しかった。

 



音楽は、他のジョン・アーヴィン作品も何本か担当しているジェフリー・バーゴン。
ドラマ重視の作風のため、同じ傭兵ものの「ワイルド・ギース」のスコアを想像するとガッカリします。
悲壮感をたたえたストリングスによるスコアが中心で、決して血沸き肉躍るようなスコアではありません。
しかし、本編に抑制の効いた重厚な雰囲気を与えるには十分なアンダースコアになっています。
モチーフはあるのですが、明快なメロを持ったものではなく、基本的に雰囲気重視です。
全体的に口数の少ないストイックで硬派なスコアです。
どことなくハワード・ショアを彷彿とさせる瞬間があります。
スコアの中にイギリスのフォークシンガー、ジリアン・マクファーソンが歌う主題歌が収録されて
います。
確か、この曲はエンディングで流れたと思います。
スコアのモチーフを生かした歌で、バックのオケが後半グッとサウンドを盛り上げます。
地味なスコアだったせいか、公開時にサントラは発売されず、
2015年に米La-La-Landレーベルから1200枚限定でCDが発売されました。

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

戦争の犬たち [DVD] 戦争の犬たち [DVD]
2,700円
Amazon

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。