サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

 

 

Monte Carlo Or Bust
監督:ケン・アナキン    
音楽:ロン・グッドウィン    
出演:トニー・カーティス、テリー=トーマス、ゲルト・フレーベ、ダドリー・ムーア、スーザン・ハンプシャー、ピーター・クック、ミレーユ・ダルク、マリー・デュボワ    
1969年 イギリス映画

「素晴らしきヒコーキ野郎」で飛行機のレースを描いたケン・アナキン監督が、
今度はモンテカルロの自動車レースを描いています。
ストーリーは、モンテカルロ・ラリーがまだ冒険好きの紳士が腕を競うアマチュアレースだった頃、
優勝者には自動車会社の経営権(だったかな?)が与えられるというレースが開催されます。
出場者はヨーロッパの5つの別々の地点からレースをスタートします。
各スタート地点から等距離のところある合流地点に着くと、今度はそこからモンテカルロまで熾烈なレースを展開します。
なんとか皆ゴールまでたどり着きますが、全員が途中での失点が多く、勝敗は再レースに持ち越されることになり・・・・というお話。
「グレート・レース」(1965年)でも自動車レースを繰り広げたトニー・カーティスを主役に持ってきています 笑。
アメリカ公開タイトルは、「THOSE DARING YOUNG MEN IN THEIR JAUNTY JALOPIES」。
同じケン・アナキン監督が手掛けた「素晴らしきヒコーキ野郎」とは姉妹編のような売り方をしたのではないかと想像します。
おっさんはこういうユルユルの映画、好きだなあ。



音楽は、「素晴らしきヒコーキ野郎」でもスコアを手掛けたロン・グッドウィン。
スコアの方も「素晴らしき・・・」の流れを汲んだ作りになっていて、
主題歌などは続編とでも言えそうなくらいメロから楽器の構成からほんとによく似ています。
歌っているのは、Jimmy Durante。
劇伴奏もコメディ色の強い内容を反映して、陽気な曲が多く、聴いていて楽しくなります。
ロン・グッドウィンお得意の戦争映画スコアとはまた違ったアプローチで、
この人独特のアクのようなものはここでは抑えている感じです。
アメリカ盤のサントラはジャケットも「素晴らしき・・・」に似たデザイン。
これ

 


アメリカ公開向けに意図的に似せた感じで売り出したのでしょう。
サントラは公開当時にLPが発売されましたが、CDは単独では発売されていないようです。
英EMI盤の「空軍大戦略」のCDなどの中に、本作の組曲が1曲収録されたのみです。
楽しいアルバムなので、是非CD化して欲しいものです。

 

 

 

 



 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

 

JUST BETWEEN FRIENDS
監督:アラン・バーンズ    
音楽:パトリック・ウィリアムズ    
出演:メアリー・タイラー・ムーア、クリスティーン・ラーチ、サム・ウォーターストン、テッド・ダンソン、ジェーン・グリア、サロメ・ジェンズ、ルイス・アークエット    
1986年 アメリカ映画

 


うちのブログではあんまり紹介しない部類の作品。
(要はサントラが紹介したいだけなのですが・・・・。)
全く対照的な2人の女性の友情を描いたドラマ。
ストーリーは、エアロビクスで知り合った専業主婦と女性TVキャスターがお互いの友情を深めていく中で、
なんとキャスターの数年来の愛人が専業主婦の夫だったことが分かり、さあ大変。
さらに大変なことは続くもので、夫は交通事故で他界してしまいます。
さらにキャスターは夫の子を身ごもっていて・・・・というお話。
まあ、女性の深い友情を描いた愛のドラマというところでしょうか。
昔ビデオは出ていましたが、DVDにはなっていないようです。
公開当時、アメリカではそこそこヒットしたと聞いていますが、
日本ではあんまり話題にならなかったかも知れません。
ちょうど、僕が映画やサントラから遠ざかっていた時期なので、余計そう思うのかも知れませんが・・・・。
 


音楽は、パトリック・ウィリアムズ。
この頃はフュージョン系の楽曲を書く作曲家ということで、
デイヴ・グルーシンと並び称されることがあった人ですが、あまり作品に恵まれずメジャーにはなり切れなかった感があります。
本作もフュージョン系のサントラで、アルバム単独で楽しめる内容となっています。
アール・クルーのアコースティックギターが全編にフィーチャーされていて、とても聴きやすい。
アンダースコアのような曲は全くありません。
脇を固めるメンバーもすごくて、ドン・グルーシン、ハーヴェイ・メイソン、ニール・スチューベンハウス、ポウリーニョ・ダ・コスタ、カルロス・リオス等々
といった豪華ミュージシャンが集結しています。
サントラは公開当時LPが発売されましたが、CD化はされず現在に至っています。
全曲パトリック・ウィリアムズの作曲となる作品ですが、フュージョン・アルバムとしても普通に通用しそうなクオリティを持っています。
曲によってはゴンチチを彷彿とさせるので、天気予報のBGMにでも使えそうです 笑。
こういう隠れた良品に出会えるから、CDやダウンロードの時代になってもLP探しは辞められません。

.

・・・・・と思ってたらCD出てました。

 


 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女ざかり [DVD] 女ざかり [DVD]
2,880円
Amazon

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

WHITE LIGHTNING
監督:ジョセフ・サージェント    
音楽:チャールズ・バーンスタイン    
出演:バート・レイノルズ、ネッド・ビーティ、ジェニファー・ビリングスリー、ボー・ホプキンス、マット・クラーク、ローラ・ダーン、ダイアン・ラッド、R・G・アームストロング    
1973年 アメリカ映画

 


「ゲイター」の過去記事をアップして気が付いたのですが、前作にあたるこの作品をまだ紹介していませんでした。
バート・レイノルズのこの後の主演作の流れを作ったと言っても過言ではないB級アクション。
ストーリーは、服役中の男がFBIから捜査協力を依頼され、とある街で横行する密造酒の製造を探ることになります。
男は実は服役中に街の保安官に自分の弟を殺されていて、保安官への復讐を心に秘めています。
出所して密造酒の製造に探りを入れてみると、これが組織的に行われていて、
調査を進めるうち、密造は町ぐるみの犯罪の様相を呈していく・・・・・というお話。
体制に反発する反骨精神の塊のような主人公の姿は、70年代に結構流行ったような気が・・・・。
クライマックスにお約束のカーチェイスが登場します。
これも70年代アクションの特徴。
パトカーと派手にチェイスしてみたり、もともと上半身裸でウロウロしてる中で、たまに服を着ても戦いでビリビリに破れてみたり、
結構ワイルドなレイノルズを堪能することができる1本です。
終わり方はちょっと疑問符が付きますが、問答無用のこういうアクションって、何も考えずに観れるからいいですよね~。
こういうアクション映画って最近はないですよね(当たり前か。作っても当たらないだろうなあ 笑)。
 

 


音楽は、「ゲイター」と同様チャールズ・バーンスタイン。
テーマ曲は「ゲイター」の主題歌に雰囲気の似た気だるい感じのインスト・カントリー。
なんだか悪そうな雰囲気が伝わってきます 笑。
劇伴も枯れた味わいのカントリーフレーバーを利かせたチョイ悪スコアあり、軽快なカントリースコアあり、ハードなアクションスコアありで、なかなか快調です。
しかし、残念ながらこの作品は映画公開当時にはサントラはリリースされませんでした。
続編の「ゲイター」はLPが出たのですが、1作目は出ずじまいでした。
その後、2010年になってやっと米IntradaからCDが初リリースされました。
ただ音源がモノラルなのがちょっと残念。
躍動感溢れるアクションスコアなだけにちょっぴり残念。
ついでに限定1000枚だったのも残念。

 

 



 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

白熱 [DVD] 白熱 [DVD]
1,533円
Amazon

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

$サウンドトラック秘宝館

 

・・・・今夜も過去記事を細々と修正するシリーズです 笑。

GATOR
監督: バート・レイノルズ
音楽: チャールズ・バーンスタイン
出演: バート・レイノルズ、ローレン・ハットン、ジャック・ウェストン、ジェリー・リード、アリス・ゴーストリー、マイク・ダグラス、ダブ・テイラー
1976年 アメリカ映画


70年代アクション・スター、バート・レイノルズ主演の問答無用系アクション・ムービー。
彼が3年前に主演した前作「白熱」の続編という格好になっています。
今度は主人公の名前が映画のタイトルになっています。
「トランザム7000」のレイノルズ&ジェリー・リードのコンビに、ローレン・ハットン等が絡みます。
バート・レイノルズの映画といえば、スタントマンを使わない生身のアクションがウリ。
今回は監督も兼ねちゃって、いろんなスタントを用意しています。
ストーリーは、悪の親玉が市長も警察も牛耳っているアメリカ南部の腐敗した街を舞台に、
元密造酒屋のゲイター(レイノルズ)が連邦保安官からの依頼をうけて、渋々ながらもこれを引き受け、悪の一味に潜入しこれを殲滅するという、ごく普通のB級アクション映画ですが、
モーターボートを使ったチェイス・シーンを始め、派手な演出が目白押しです。
今回は、ジェリー・リードは仲間ではなく敵に回っています。
それどころか、いたいけな少女まで毒牙にかける変態極悪人の役を演じてます。
70年代のスカッとするアクションの典型的な作品と言えるでしょう。



音楽は、チャールズ・バーンスタイン。
「マジェスティック」といい「アウトロー・ブルース」といい、70年代のB級アクションというと、
この人の名前を良く目にするのは気のせいでしょうか。
全体的に軽めの仕上がりのスコアを得意としているようで、
歌モノポップスの伴奏のような軽妙なスコアが多い人です。
主題歌は、出演もしているジェリー・リードが歌う、チョイ悪系のカントリー&ウェスタン。
こういう、ポップスとはほとんど無縁のところに位置するコテコテのC&Wの世界もまた格別ですね。
このサントラ、実はLPが廃盤になって以来、CDにもなったことがないのですが、
なぜか日本のi-tunesでダウンロードできてしまうのです。
LP音源をアップしてるのかなあと思ったりしますが、スクラッチノイズは聞こえないし、どこから音源もってきたんだろ。
録音レベルが極端に低いのと音がシュワシュワいってるのからすると、テープ音源なのかなあ。
でも手に入るだけめっけもんかも知れません。
ダウンロード販売って、こういう過去の廃盤LPの権利関係は案外とクリアしやすのかなあ。
他にもこういうアナログ廃盤サントラをアップして欲しいなあ。
こういうものこそ、ダウンロードにしてもらえば、
枚数売れなくてもデータだから在庫がダブつく心配も無いし、
欲しい人が欲しい分だけダウンロードするから経済的だと思うんだけどなあ。
なお、本作は、レイノルズにローレン・ハットンが抱きつてるLPジャケがとってもキマッています。
i-tunesのジャケはちょっと違うので、出来ればオリジナルのデザインにして欲しかったなあ。

 

 

・・・・・と、ここまでが過去記事。

実は、この記事を書いた翌年の2010年に米IntradaからめでたくCDが発売されました。

ただ、限定1200枚だったので、現在では入手困難なのではないかと思われます。

ちなみに最近気づいたのですが、もともとのオリジナルジャケやポスターでは、ローレン・ハットンはちゃんとブラをしているのですが、Intrada盤のCDジャケではブラをしていません。何かのお遊びなのでしょうか 笑。

 

 これ

 ↓

 

 

 

 

 


よろしかったら、ポチッとお願いします(^o^)
  ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村

 

 

GATOR GATOR
3,097円
Amazon

 

Gator Gator
 
Amazon

 

 

これは

(アリ)ゲイター

  ↓

 

GATOR ゲイター [DVD] GATOR ゲイター [DVD]
5,184円
Amazon

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


bpdy


・・・・今夜は過去記事編集版です。


 
INVASION OF THE BODY SNATCHERS
監督: フィリップ・カウフマン
音楽: デニー・ザイトリン
出演: ドナルド・サザーランド、ブルック・アダムス、レナード・ニモイ、ジェフ・ゴールドブラム、ヴェロニカ・カートライト、アート・ヒンドル、レリア・ゴルドーニ、ドン・シーゲル
1978年 アメリカ映画



ドン・シーゲル監督が50年代に撮ったSFの古典「恐怖の街」のリメイク。
宇宙からやってきた寄生生物が次々と人間とすり替わっていく様子を描いたSF作品です。
この寄生生物は人間のコピーを作るだけでなく、すり替わられた元の人間の方は精気を吸い取られるがごとく、しぼんで死んでしまうという設定がコワイ。
特殊メイクのトム・バーマンが頑張ってます。
寄生生物が人間と犬をごっちゃにコピーしてしまって、「人面犬」が出来てします場面もあります(^^;)
オリジナルも傑作として知られていますが、リメイク版のこちらもサスペンスフルで最後まで一気に観てしまいます。
「ミスター・スポック」レナード・ニモイや、若き日のジェフ・”ハエ男”ゴールドブラムなんかも出ていてSFファンにはうれしい限りです。
ドン・シーゲル監督もタクシーの運ちゃん役で出演していて、しっかりセリフもあります。



音楽は、ジャズ・ピアニストのデニー・ザイトリン。
この人がサントラ手がけるのって、本作と昔の「セサミ・ストリート」の音楽の一部ぐらいのようです。
しかし、本作のスコアは堂々としたもので、フリージャズのエッセンスを盛り込ながら見事に侵略モノのSFスコアを書き上げています。
メイン・タイトルは前半なんかレナード・ローゼンマンの「コンバット」のようなミリタリータッチの音で始まり、
それが後半一転してリズムが止まって不協和音やノイズが支配する不安感を煽りまくる音響に変わります。
4曲目以降はモヤ~っとした感じの混沌としたアンダースコアや、
フリー・ジャズ特有の異様なメロディやコードを持った奇っ怪な曲が続きます。
途中、「フレンチ・コネクション」ばりの不協和音系の(^^;)激しいジャズも入っていますがアクセント程度。
ほっと一息付けるのはLove Themeぐらいでしょうか。
アルバム通して聞くとかなり体力を消耗します。
でもこの手の音、嫌いじゃないです。
海外ではCD化もされていて、ボーナスとして何故か8曲のインタビューが追加されています。
トークではなくトラックを入れて欲しかったんだけどなあ。




・・・・・と、ここまでが過去記事。

CDの方はとうに廃盤になってしまったようで、Amazonあたりでは残念なプレミアがついています。

しかし、最近になってi-Tunseでダウンロード版が出ていることを知りました。

映画のタイトルよりも、Denny Zeitlinで検索した方がヒットしやすいようです。

ジャケはLPのイラストジャケとは似ても似つかないお粗末なコラージュ写真ですが、

音源が聴けるだけ幸せです 笑笑










ランキング参加中ですみなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ
にほんブログ村


Invasion of the Body Snatchers/Various Artists
¥価格不明
Amazon.co.jp

SF/ボディ・スナッチャー [DVD]/ロバート・デュバル
¥1,027
Amazon.co.jp

INVASION OF THE BODY SNATCHERS/出演者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

ボディ・スナッチャー/恐怖の街 [DVD]/キャロリン・ジョーンズ
¥1,620
Amazon.co.jp

音楽がある限り/デニー・ザイトリン・トリオ
¥1,500
Amazon.co.jp

Expedition/Denny Zeitlin
¥価格不明
Amazon.co.jp

ライヴ・アット・ザ・トライデント/デニー・ザイトリン
¥1,080
Amazon.co.jp

カセクシス+2/デニー・ザイトリン
¥1,080
Amazon.co.jp

ザイトガイスト(期間生産限定盤)/デニー・ザイトリン
¥1,080
Amazon.co.jp

EARLY WAYNE-SOLO PIANO/DENNY ZEITLIN
¥価格不明
Amazon.co.jp

Both/And [輸入盤]/Denny Zeitlin
¥価格不明
Amazon.co.jp

カーニヴァル+1(期間生産限定盤)/デニー・ザイトリン
¥1,080
Amazon.co.jp

Stairway to the Stars/Denny Zeitlin
¥価格不明
Amazon.co.jp

Riding the Moment/Denny Zeitlin
¥価格不明
Amazon.co.jp

Tidal Wave/Denny Zeitlin
¥価格不明
Amazon.co.jp

Trio/Denny Zeitlin
¥価格不明
Amazon.co.jp

Live at Jazz Bakery/Denny Zeitlin
¥価格不明
Amazon.co.jp

Labyrinth/Denny Zeitlin
¥価格不明
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。