サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:



SE7EN
監督:デヴィッド・フィンチャー
音楽:ハワード・ショア
主演:ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロウ、ジョン・C・マッギンレー、リチャード・ラウンドトゥリー、R・リー・アーメイ、ケヴィン・スペイシー
1995年 アメリカ映画

・・・・本日は、相当古い記事に追加してます。すみません。


キリスト教の七つの大罪(大食、強欲、怠惰、肉欲、高慢、嫉妬、憤怒)をモチーフにした連続猟奇殺人を描くデヴィッド・フィンチャーの傑作サイコ・サスペンス。
鑑賞後の後味の悪さはピカイチですが、何回もリピートしたくなる映画です。
スタイリッシュなオープニングをはじめ、後のサスペンス映画に多くの影響を与えています。
デヴィッド・フィンチャーは好きな監督の一人ですが、この作品には特に衝撃を受けましたね。
グウィネス・パルトロウが可哀そうな奥さんを演じています。



音楽は、救いようのない陰鬱な音楽を書かせたら右に出る者はいないハワード・ショア。
デヴィッド・クローネンバーグ監督の一連のスリラーで培ったノウハウが生きています。
雨が降りしきる大都会のジメっとした湿度高そうな感じが良く出てました。
なお、本サントラは既成曲が中心のセレクトになっていて、
ハワード・ショアのスコアは2曲のみとなっています。
うち1曲は組曲になっていて12分の長さがありますが、これ1曲で十分重く凹みそうです。
フルアルバムでスコアだけを聴くのはちょっとキツイだろうなあ。
でも、優れたスコアであることにには違いないです。「燃え」ないけど(笑)。
スコア以外では、グラヴィティ・キルズ、マーヴィン・ゲイ、ヘアカット100、ビリー・ホリデイ、セロニアス・モンク、チャーリー・パーカー、バッハ等々が収録されています。
ロックあり、インダストリアルあり、ジャズあり、スタンダードあり、ソウルあり、クラシックありととてもバラエティに富んでいます。
ただタイトルバックに流れたナイン・インチ・ネイルズの「クローサー」が入っていないのが納得できません。
オープニングのスタイリッシュな映像に見事にハマッていた曲だけにサントラに是非入れて欲しかった。
「クローサー」は、ニュー・オーダー結成の母体となった「ジョイ・ディヴィジョン」の曲をカバーしたもの。
で映画で使われたテイクはナイン・インチ・ネイルズのオリジナル・アルバムには入っておらず、
シングル「」にのみ収録されています。(2曲目「Precursor」がそれです)



・・・・・とここまでが過去記事。
昨年だったかな?遂にスコアのみの盤が発売されました。
これ買おうかどうか相当迷っているのですが、未だに踏み切れていません。
どんよりした気分になるのは間違いないんだけど、フルで聴いてみたい気もするし・・・。
どうしようかなあ。
 
Closer to God Closer to God
 
Amazon


こっちが新しく出たスコア盤
    ↓
Ost: Seven Ost: Seven
 
Amazon

これは従来盤
   ↓
 


 ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村


 
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

HUNDRA
監督:マット・シンバー    
音楽:エンニオ・モリコーネ    
出演:ローレン・ランドン、ラミロ・オリヴェロス、タマーラ、ジョン・ガファリ、ルイス・ロレンツォ、マリア・カサル
1984年 スペイン/イギリス映画

 

 

「コナン・ザ・グレート」のヒットにあやかって製作されたと思しきヒロイック・ファンタジー。
とはいうものの、完全な女性版剣劇という訳でもなく、かなり中途半端な仕上がりの1本。
ストーリーは、ローマ帝国時代のイギリスを舞台に(時代考証的に合っているのか?)、女戦士ハンドラが留守の間に部族が皆殺しにされます。生き残ったハンドラと妹は、部族を襲った男どもを一網打尽にして復讐を遂げます。さらに街に向かった彼女は、部族の再興のため男を見つけて子作りをしようとしますが、男勝りのハンドラは意中の男性に気に入ってもらえません。そこで、街の怪しげな寺院に行って女らしさを身に着けようとする・・・・・みたいな変なお話。
なんだかすごいお話です。
一応、アマゾネス系なのでお○ぱいも出ますが、そんなにサービスは良くありません。
主演のローレン・ランドンも確か脱がないハズ。
テーマとしては、男尊女卑の世界に果敢に挑戦する女戦士という感じなのかなあ。
で、子供も授かって幸せに暮らしたとさ、めでたし、めでたし、ということか。

 

 

 

音楽は、こんな映画にも気前よくスコアを提供するエンニオ・モリコーネ。
マエストロはパチモンだろうが亜流だろうが、手抜きは一切ありません。
この作品、スコアに救われたと言っても過言ではない仕上がりに感動です。
マット・シンバー監督作品には「タイム・トゥ・ダイ~地獄から帰った男~」(1983年)に引き続いてのスコア提供となります。
メイン・タイトルは、モリコーネ節のパターンの中の一つで、どこかで聴いたような雰囲気の曲ですが、
自作の使い回しとまでは行っていません。
ドラマ部分のシーンに使われる穏やかなスコアは、ストリングスが奏でる美メロにノックアウトされます。
その一方で、アクションシーンのスコアは、クラシックのような格調高さを持っています。
この映画にはもったいないくらいの壮大なスケールのスコアに圧倒されます。
サントラは、公開当時ひどいジャケのLP(上のやつ)が発売されています。
CDはこれまで2回発売されていて、1回目がベルギーのPrometheusレーベルから、2回目がLaserlightというアメリカのレーベルからでした。
CDは、LPより5曲多い仕様で発売されています。
なお、2007年にアメリカでDVDが発売されていますが、その中にもサントラCDが入っているようです。

 

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

HundraHundra
 
Amazon

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

LA POLIZIA STA A GUARDARE
監督:ロベルト・インファセッリ    
音楽:ステルヴィオ・チプリアーニ    
出演:エンリコ・マリア・サレルノ、リー・J・コッブ、ジャン・ソレル、ルチアナ・パルッツィ、クラウディオ・ゴラ、ラウラ・ベッリ、ジャンニ・ボナグラ    
1975年 イタリア/フランス映画

 

 


パチモンポリス・アクションかと思っていたら、実は社会派作品(と言ってよいものか)だったという1本。
監督は、うちのブログではお馴染み(じゃないだろ)「特攻ファイター!МT要塞」の製作を担当したロベルト・インファセッリ。

ちなみに、この人が監督した作品で、日本公開されたものは無いようです。
本作も思いきり劇場未公開で、ビデオスルーしています。
ハリウッドで多くの作品に出演した性格俳優リー・J・コップが出ていますが、主役はエンリコ・マリア・サレルノ。
リー・J・コップ、パチモンでも脇役扱い。可哀そうだ。
ストーリーは、富豪の子供が次々と誘拐されますが、犯人は身代金を受け取ると子供を無傷で解放します。
子供が無事だと分かると途端に捜査を打ち切る警察の体制に疑問を抱いた新署長は、これではいかんと力説します。
そんなある日、署長の息子が誘拐され、身代金を要求されます。
怒り心頭の署長は身代金を払わず、息子を取り戻すため犯人を追う・・・というお話。
70年代のマカロニ警察ものですが、アクションは後半にまとめてあって前半退屈します。

 

 

 

音楽は、ステルヴィオ・チプリアーニ先生。
チェンバロを駆使したメイン・テーマが先生らしい仕上がり。
ただ、メロが無くてコード進行だけで出来ているような曲です。
チェンバロとブラスの掛け合いで曲が構成されているような感じ。
簡単に言うと「タリラリ、タリラリ・・・・」、「ブワァッ、ブワァッ・・・」にストリングスがかぶるというイメージです 笑。
劇伴も基本的にこのテーマのバリエーションと思っていただければ良いでしょう。
ただ、愛のテーマ扱いの曲は、さすが先生の十八番というところで、
モリコーネ風のイージーリスニングで軽やかな旋律を楽しむことができます。
サントラは、公開当時は本国でシングル盤が発売されただけだと思われます。
その後、ドイツのマニアックなレーベルChris' Soundtrack Cornerから、
マカロニ刑事もの3作品のカップリング盤が発売され、その中に本作から8曲が収録されました。
ちなみに、これらのナンバーは、Amazonのダウンロード版でも購入することができます。
良い時代になったもんだ。

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

ROGUE ONE A STAR WARS STORY
監督:ギャレス・エドワーズ    
音楽:マイケル・ジアッキーノ    
出演:フェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ、ベン・メンデルソーン、ドニー・イェン、マッツ・ミケルセン、アラン・テュディック、チアン・ウェン、リズ・アーメッド、フォレスト・ウィテカー、ジミー・スミッツ    
2016年 アメリカ映画

 

 

スター・ウォーズ「エピソード4」の直前10分前までを描くアナザー・ストーリーもの。
反乱軍はいかにしてデススターの設計図を手に入れたかを描いたお話で、
エピソード4の冒頭に流れる有名なオープニングロールのほんの4、5行を133分の物語に膨らませています。
懐かしの戦争映画で言うところのコマンド部隊モノという感じの作品です。
寄せ集め部隊が決死の行動で敵の弱点に関する機密情報を入手するという設定なので、
当然部隊の命運は推して知るべしという感じですが、意外に後味は悪くない。
「633爆撃隊」などの、かつての英国製戦争映画を思い出しました。
旧来からのファンへのサービスも抜かりがなく、あちこちで懐かしいモノが出てきます。
ストーリーは、かつて目の前で帝国軍に科学者である父を拉致され母を殺された娘が、
成長して父がデススターの設計に携わっていたことを知ります。
究極兵器デススターは完成を間近に控えており、反乱軍としてはなんとしても完成を阻止したいところですが、
手立てがありません。
そんな時、娘はホログラムで父のメッセージを見せられます。
父がデススター設計に携わったのは敵を欺くためであり、デススターにはある弱点があるというものでした。
これを見た彼女は、反乱軍の極秘部隊の一員となり、デススターの設計図を入手するという作戦に身を投じる・・・というお話。
スター・ウォーズ史上で最も激しいと思われる後半のバトルシーンは迫力満点です。
前半がストーリー中心の内容から一転して、後半はバトルシーンの応酬となります。
SFのフィールドで戦争映画を作ったという感じの意欲的な(笑)作品で、
ディスニーでなかったらもっと激しいものが出来ていたのではないかと、不謹慎ながらちょっと残念。

 

 

音楽は、マイケル・ジアッキーノ。
確か「ゴジラ」に続いてアレクサンドル・デスプラが担当する予定だったそうですが、
マイケル・ジアッキーノに交代しちゃったそうです。
途中交代とはいえ、短い期間でこれだけのものを作っちゃうマイケル・ジアッキーノはスゴい。
ジョン・ウィリアムズの作風を上手に生かして、ブラスの高らかな3連符のフレーズやら、
本家の劇伴に出てきそうなフレーズが随所に出てきます。
当然、本家のモチーフも所々で顔を出すので、シリーズとの統一感もバッチリです。
本作のために作曲されたモチーフも、それぞれ印象的なメロを持っています。
コマンドものなのでヒロインのモチーフも悲劇的なメロなのがちょっと残念ですが、
それでもバトルシーンのスコアは、スター・ウォーズの伝統を継承するような作りになっています。
このあたりはさすがです。
ジアッキーノのスコアの中では、往年の「メダル・オブ・オナー」あたりを彷彿とさせます。
とても聴きごたえのあるスコアですが、一つ残念なのがエンド・クレジットが収録されなかったこと。
ジョン・ウィリアムズの有名なエンド・タイトルをベースにして、
自身の劇伴を織り交ぜていくという形の力作で、
「スター・ウォーズ」のテーマが思い切り鳴り響くスコアなだけに、とても残念です。
収録時間の関係だったのかもしれませんが、将来2枚組などで是非とも出してもらいたい曲です。

 

 

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

監督:ガブリエーレ・マイネッティ    
音楽:ガブリエーレ・マイネッティ、ミケーレ・ブラガ
出演:クラウディオ・サンタマリア、ルカ・マリネッリ、イレニア・パストレッリ、ステファノ・アンブロジ   

2015年 イタリア映画

 

 

今日は、パチモン王国イタリアの新作映画という変化球。
日本では、去年のイタリア映画祭2016で上映されたそうで、一般公開は今年5月頃だそうです。
監督のガブリエーレ・マイネッティが製作も音楽も手掛けるというところから、なにやら地雷臭を感じますが、
本国イタリアでは、イタリア・アカデミー賞16部門ノミネートで、うち7部門受賞したという力作だとか。
予告編を観るに、宣伝文句は
「犯罪と汚職がはびこるローマの下町で、アニメヒーロー『鋼鉄ジーグ』に憧れる女性の為、
正義の戦いに立ち上がる男の純情が美しい ガンバレ、君は鋼鉄ジーグだ!!」
ということになってます。
女性が「鋼鉄ジーグ」に憧れるかぁ? なんで鋼鉄ジーグなんだ??
鋼鉄ジーグといえば、子供の頃に観た永井豪原作のロボットアニメだけど、
なんでイタリアで「鋼鉄ジーグ」? と疑問は深まるばかり。
調べてみると、どうやらイタリアでも「鋼鉄ジーグ」は放送されていたようで、
監督はこの作品の熱狂的なファンなのだそうです。
主人公のおっさんは、ある日突然、超人的なパワーを得て、
それを使って悪と対峙する・・・・という、要はダークヒーローもののようです。
イタリア版マーベルヒーローものという感じなのかなあ。
ってことは、パチモンじゃん 笑。

 

 

 

音楽は、監督のガブリエーレ・マイネッティとミケーレ・ブラガ。
サントラは、イタリア本国でCDが発売されていますが、Amazonでもダウンロード版を購入することができます。
最近のサスペンスアクション風のスコアで、パルス風のデジタル音がリズムを刻むハリウッド映画でもお馴染みパターン。
奇をてらうわけでもない、そつのないスコアです。
メインとなる楽器はピアノ。そこにモヤモヤのシンセ音やパルス音、ストリングスがかぶるといった感じです。
曲によっては、無音に近い空気のようなものもあります。
ダークヒーローものということなので、あんまりヒロイックな音は似合わないのかな。
アクションシーンに使われていると思われるスコアは、メロこそはっきりしませんがリズミカルなので、そこそこ盛り上がります。
スコアの中に、Hiroshi Shibaという日本人の名前のような曲がありますが、
鋼鉄ジーグの主人公「司馬宙」のことか?笑。
Supereroという曲は、曲の構成がなんとなくハンス・ジマーの「マン・オブ・スティール」を思わせます。
サントラのラストを飾るのは、むさくるしい感じのおっさんが歌う主題歌。
けだるい感じの枯れた味わいのあるロックで、華やかさはありません。
歌っているのは、なんと主人公を演じたクラウディオ・サンタマリアでした。
結構、自分たちで何でもやっちゃってる作品ですが、5月の公開が楽しみです。

 

 

 

 

ランキング参加中です みなさんの応援ポチを励みに更新頑張ります(^o^) よろしかったら、ポチッとクリックお願いします♪   ↓ にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。