サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:
サウンドトラック秘宝館


THE DEAD POOL
監督:バディ・ヴァン・ホーン
音楽:ラロ・シフリン
主演:クリント・イーストウッド、パトリシア・クラークソン、エヴァン・C・キム、リーアム・ニーソン、デヴィッド・ハント、マイケル・カリー、マイケル・グッドウィン、ジム・キャリー
1988年 アメリカ映画


5年間のブランクをはさんで登場した「刑事ハリー・キャラハン」シリーズの最終作。
イーストウッドの代表作となるシリーズですが、さすがに「5」ともなると年には勝てないという感じで、
ダーティ・ハリーもアクションにキレが無<、凄みも無<なって、いい感じの初老のおっさんになっています。
今回のお話は、リストに載った人物の「死」を予想するゲーム「デッド・プール」を巡って展開する連続殺人事件をキャラハンが追う‥・というストーリーです。
シリーズ中、1、2を争う上映時間の短さですが、それがかえって作品の流れをタイトなものにしているので、
意外にコンパクトで面白い作品に仕上がっています。
この作品をシリーズ中「最低」と評価する人が多いようですが、僕はそうでもなかったなあ。
本作では、ブレイク前のジム・キャリーが出てきますが、この頃からあのテンションなんですね。
これ芸風というより元々のキャラなんでしょうか。「素」からしてあんな感じだったら驚きますね。
個人的に印象に残っているのは、プラスチック爆弾を積んだラジコンカーを使ったカー・チェイス・シーン。
これが結構ハラハラします。
そういえば「未来警察」にも同じようなチェイス・シーンがありましたね(^^;)
今回はハリーの持ち銃も、リポルバー式の44マグナムに戻っています。
前作のオートマグはやっぱり不評だったのだと思います。
ダーティ・ハリーと言えば、この形のマグナムで決まりでしょう。
なお、今回はマグナムの他にでっかい銛(もり)銃を撃ったりします。
あ、そういえば、劇中ガンズ&ローゼズが出てきますね。
なんでこいつらが出てくるのか、意味不明です。


音楽は、「3」以外すべてのスコアを手掛けるラロ・シフリン。
公開当時は、サントラが発売されませんでしたが、この度、シフリンの個人レーベルAlephから遂にスコア盤が発売されました。
80年代後期のシフリンって、中途半端にシンセを導入したり、妙にシンフオニックだったり、
一番得意なスリリングなジャズを封印してしまったかのような作風に毎回ガッカリしたものです。
本作もメイン・タイトルに限って言えば、「4」に引き続きそんな傾向が現れた1枚といえます。
これがまた今聴くと古臭いのなんのって・・・、かなりダサダサな曲に仕上がっています。
DX-7っぽいホーン系のシンセがメロを演奏するバックで、「ピューン、ピューン、ピューン」というスペイシーなアタック音。
おまえなあ、「スペースボール」じやないんだからやめろよ~って感じです。
公開当時、つい頭を抱えながら観てしまいました。
劇伴の印象がもう薄れてしまっていたので、今回のCD化にあたっては他のトラックの出来映えも心配したのですが、
劇伴はそこまで80年代シンセに汚染されてなく、オーソドックスなジャズスコアもあって、劇伴の方が聴き応えがありました。
「1」の「Dirty Harry's Creed」のモチーフがいろいろとアレンジを変えてあちこちに顔出すので、懐かしさがこみ上げます。
アルバム1曲目には前作でロバータ・フラックが歌った「This Side Of Forever」のメロを使ったインスト・バージョンを収録。
これが当時流行りのフュージョン系サウンドで、なかなかいい感じです。
バックには、エイプラハム・ラボリエル(b)、ハービー・メイソン(Drs)らが参加しているようです。
僕としては、「4」よりは好印象なアルバムでした。
なお、このシリーズ、ジャケにお金がかけれないのか、全作ほとんど同じデザインのジャケ。
違うのはジャケの色とイーストウッドの顔だけ。
表ジャケはみんなイーストウッドのアップの写真です。
何のひねりもないので、ちょっと悲しくなってしまいます。

サウンドトラック秘宝館

サウンドトラック秘宝館

サウンドトラック秘宝館

サウンドトラック秘宝館

この顔の大きさ、CDの時代だから許せると思うのですが、これがLPだったらめちやくちや顔デカイですよ。
でも、これでダーティ・ハリー・シリーズすべてのサントラが陽の目を見たということは記念すべきことでだと思います(*^_^*)


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
サウンドトラック秘宝館


SLUMDOG MILLIONEAIRE
監督:ダニー・ボイル
音楽:A・R・ラフマーン
主演:デヴ・パテル、マドゥール・ミタル、フリーダ・ピント、アニル・カプーン、イルファン・カーン
2008年 イギリス/アメリカ映画


今年度アカデミー賞有力候補として話題のインド映画??‥‥・と恩ったら、「28日後‥・」のダニー・ボイルが監督した映画だったんですね、これ。
でもインド人ばっかり出てくるみたいなので、インド映画じやないかと誤解しても仕方ないか。
まあ、ほとんどのインド映画に必ず挿入されるミュージカル仕立ての歌が入ってないから、見ていればボリウッド作品との違いは分かるでしょうが‥‥。
なんでも、インドを舞台に貧民街出身の青年が一攫千金をかけてクイズ番組に出て、
次々と問題をクリアしていき最後の1問になったときイカサマ容疑で逮捕されて‥‥無実を証明するために青年は自らの生い立ちを語り始める‥‥というストーリーだそうです。
クイズ番組の勝ち抜きを軸に、ラブ・ストーリーやストリート・チルドレンの過酷な生活等が描かれるようです。
原作は、ヴィカス・スワラップという人の「僕と1ルピーの神様」という小説。
大河ドラマ風の作品とのこと、是非観てみたいなあ。
でも、この映画全くノーチェックだったなあ。
最近の映画ってあんまり本気でチェックしないから、知らない映画がアカデミー賞候補になることがよくあります。
なんか時代に取り残されちゃったアラフォーのおじさんは悲しいなあ(T_T)


音楽は、インド映画界の重鎮、A・R・ラフマーンが担当。
この人、日本で初めてよく知られるようになったのは「ムトウ踊るマハラジャ」の音楽からだと記憶しています。
若い頃からインド音楽に興味があった僕もこの「ムトウ」のサントラにはハマりました。
最近では、クレイグ・アームストロングと「エリザベス・ザ・ゴールデン・エイジ」のスコアを共作しています。
本作は、インド風味満点のエスニックで刺激的なスコアで、
インストもありますが、大半はA・R・ラフマーンとシンガー等のコラボによる歌モノになっています。
スパイスの利いたインド歌謡やノリノリのダンス・チューン、しっとりとしたバラード等々、カラフルでバラエティに富んだ内容です。
その中で、注目はイギリスで活動するスリランカ系タミール人、M.I.A.。
彼女とA・R・ラフマーンのコラボ曲はかなりいいですよ。
他に、Alka Yagnik、Ila Arun、Palakkad Sriram、Madhumitha Suzanne、Sonu Nigam、Alisha Chinnoi、TanviShah、
Sukhvinder Singhといった人たちがフィーチャーされています。
数年前から、ハリウッド作品にもインド系の音をフィーチャーしたサントラがボツボツ出てますが、
最近では、「インサイド・マン」の主題歌を思い出します。
あれは、カッコいい曲だよなあ。
あれも、Sukhvinder Singhをフィーチャーしていたような気が‥‥。

Slumdog Millionaire/Original Soundtrack

¥1,320
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
サウンドトラック秘宝館


GLI OCCHI FREDDI DELLA PAURA
監督:エンツォ・G・カステラッリ
音楽:エンニオ・モリコーネ
主演:ジャンニ・ガルコ、ジョバンナ・ラッリ、フランク・ウルフ、ジュリアン・マテオス、フェルナンド・レイ、カリン・シューベルト
1971年 イタリア映画


またまたパチモン‥‥・と言いたいところですが、これが意外にまっとうなマカロニ・クライム・サスペンス。
別にエンツオ・G・カステラッリ監督の作品ばかりを選んで紹介している訳ではないのですが、
このところパチモンのサントラを選ぶと、なぜかこの人が監督をしているのです。
今年の僕はどうもこの人に縁があるようです(^^;)
マカロニ・ウェスタンの隠れた名作「サルタナ」シリーズでお馴染みのジャンニ・ガルコが主演した監禁物のサスペンスです。
ストーリーは、弁護士のジャンニ・ガルコが酒場で引っかけた娼婦といいことしようと判事である叔父さんの家にやってきます。
ちょうと叔父さんは留守中なのをいいことに、2人で楽しんじやおうと家に入ると、そこには執事の死体が‥‥。
そして家の中にいた銃をもった若い男に拉致られてしまいます。
そこへ、一人の警察官が訪ねてきますが、ジャンニ・ガルコは娼婦を人質に取られていて、
上手く応対するよう若い男に脅されています。
警察官と玄関で会話する中で、小声で「実は監禁されている」と告げると‥‥
実はその警察官は偽警官でこいつこそが判事の家に押し入った賊のリーダーだったという風にお話が展開していきます。
この偽警官は、かつて組織犯罪の罪を一人で被らされて何年も服役させられた恨みを晴らすため、
判事を暗殺することを企てていることが分かります。
さあ、監禁された2人はいったいどうなるのか‥・というお話です。
意外にまともなストーリーなので、ちょっと僕としては物足りません(^^;)
登場人物に全く感情移入しない突き放したような冷たい演出が独特の味わいを残す不思議な作品です。
原題も日本語にすると「恐怖の冷たい目」だもんなあ。
派手なアクション・シーンもありますが、クライマックスに向けたカタルシスがあるわけではなく、
映画を見終わった後、なんとも言えないやるせなさが残る作品です。
こんな映画ですが、日本ではDVDまで出ています。


音楽は、今年80歳になる名匠エンニオ・モリコーネ。
本編のクールな映像を更にクールダウンさせるかのような抑制の利いたスコアが特徴的です。
メロの無いほとんど即興に近い演奏は、前衛ジャズの香りすら放っています。
演奏は、Gruppo Di Improvvisazione Nuova Consonanzaというグループらしいです。
美メロで知られるモリコーネの作品群の中において、本作は異彩を放つ実験的色彩の強いスコアです。
まともなメロのある曲といったら、ナイトクラブから出てきたジャンニ・ガルコと娼婦が街を歩くシーンのバックに流れるスコア<らい。
スコア全体を通じて決して楽しくはありませんが、クールな感触がなんともいえない不思議なサントラです。
サントラ盤は、イタリア本国でCDが発売されていて、日本でもすみや等で簡単に入手できそうです。
モリコーネのスコアというと大きく3つに分かれるんじゃないかと思います。
とてつもなく美しいメロを持ったスコア、マカロニ・ウェスタンに代表されるキワモノ・スコア、前衛的で現代音楽風のスコア。
この3種類のパターンを上手に使い分けて、いろんなタイプの作品に精力的にスコアを提供していってるんですよね。
この人、多作でも知られていますが、いったいこれまで全部で何本の映画にスコアを書いているんだろ。
ゆうに300本を越えてると思うんだけどなあ。
そういえば、本国イタリアでは「Ennio Morricone The Complete Edition」と題された15枚組ボックスCDが発売されました。
サントラ以外の曲も何枚分か入っているようですが、映画のスコアだけでも8枚分約160曲も入っています(^^;)
これ、欲しいなあ。


Gli Occhi Freddi Della Paura

¥2,084
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
サウンドトラック秘宝館

THE ITALIAN JOB
監督:ピーター・コリンソン
音楽:クインシー・ジョーンズ
主演:マイケル・ケイン、ノエル・カワード、ベニー・ヒル、トニー・ベックリー、ラフ・ヴァローネ、ロッサノ・ブラッツィ
1969年 イギリス/アメリカ映画

後にマーク・ウォールバーグ主演でリメイクされた、ミニクーパーが大活躍するクライム・アクションの佳作。
英国風なユーモアがあったり、コミカルな味付けのある作品で、今DVDで観ても十分楽しめる作品だと思います。
日本版DVDには日本語吹き替えもしっかり収録されていて、マイケル・ケインの吹き替えを故広川太一郎さんがあてています。
オープニングで、いきなり車に乗った男が衝突事故を装って殺されるシーンから始まるので、
シリアスな展開を予想するといい意味で裏切られます。
これくらい肩の力を抜いたアクション映画の方が、観てて疲れないのでいいですね。
なによりマイケル・ケインが出ているので、ライトな雰囲気に仕上げた方が彼のとぼけたキャラに合っている。
刑務所を満期で出所した天才的な泥棒マイケル・ケインが、出所早々次の泥棒計画の依頼を受けて実行するという
お話。
その計画とは、イタリアのトリノ市内を厳重な警備のもとで運搬される400万ドルの金塊を、
人為的に交通マヒを起こさせて市内がパニックに陥っている隙に輸送車ごと強奪して、
金塊をミニクーパーに乗せ替えてとんずらしちやおうという筋書き。
交通渋滞で麻庫したトリノ市内を小回りの利くミニクーパー3台が逃げ回るシーンが痛快です。
ミニクーパーとパトカー、白パイ(イタリアでは白バイとは言わないか)のチェイス・シーンがほんと面白い。
ミニクーパーが、デパートの中や商店街、地下鉄の階段、下水道の中にスタジアムのドーム屋根の上まで上がってちょこまかと逃げ回ります。
この映画、主演のマイケル・ケインはもちろんですが、個人的にはデブ専の教授のキャラに大いに笑いました。
教授の家に行ったマイケル・ケインが、教授が手を出したといわれる若い?お手伝いさんの体格を見て唖然とするシーンが大好きです。かなり笑えます。


音楽は、クインシー・ジョーンズ。
この頃のクインシー・ジョーンズって、この手のクライム・アクションに縁があったようで、
70年代に入ると「バンク・ジャック」や「ホット・ロック」といった作品を手掛けることになります。
この映画のスコアは、本編同様コミカルな昧付けが施されたライトな雰囲気の軽妙なスコアが多くかなり和みます。
特にテーマモチーフとして使われているメロは、ハーモニカやハープシコードを使った陽気で楽しい賑やかな曲です。
この曲は、本編では金塊を強奪したミニクーパーが逃走するシーンのバックでたっぷり聴く事が出来ます。
この映画を観ていて気づいたのですが、金塊強奪計画が実行に移されてからミニクーパーが逃走を始めるまでの間、全くスコアが入っていないのです。
その代わり小型車のコミカルな逃走が始まると途端にゴキゲンなスコアが登場するという大変心憎い演出がなされています。
(下のyou tube動画は前半にも妙に音質のいいスコアがついていますが、これは動画を貼った人が勝手に後付けしたもの)
こうすればテーマ・モチーフがすご<生きてくると思います。
サントラ全体を通じてモンドなジャズやサイケなロックをベースにしたいろんなパターンのスコアが入っていますが、
1曲だけなんとな<違和感のあるマット・モンローが歌う主題歌が入ってます。
他の軽妙なスコアや歌モノに比べて、決して悪くはないんだけど、なんでまた古くさい歌を1曲だけ入れているのかと思っていたら、どうやらナポリの雰囲気を出したいために作曲された曲だそうで、よく聴くといい曲でした(^^;)
サントラは海外でCDイヒされていて、現在も入手可能です。



The Italian Job

¥1,567
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
サウンドトラック秘宝館

STARSHIP TROOPERS
監督: ポール・ヴァーホーヴェン
音楽: ベイジル・ポールドゥリス
出演: キャスパー・ヴァン・ディーン、ディナ・メイヤー、デニース・リチャーズ、ジェイク・ビューシイ、ニール・パトリック・ハリス、クランシー・ブラウン、パトリック・マルドゥーン、マイケル・アイアンサイド
1997年 アメリカ映画


オランダが生んだキワモノ系監督(失礼)、ポール・ヴァーホーヴェンがSF小説の古典「宇宙の戦士」を独自の解釈で映画化したSF大作。
原作を知ってる人にはかなり不満があったようですが、個人的にはかなり楽しめた1本です。
予算の都合等によりパワードスーツまでは登場させることが出来なかったようです。
(パワードスーツの登場は「3」を待たねばなりませんでした。でも、「3」でも意外と出番が少ないのが残念。)
バグズと呼ばれる昆虫型の異星生物と人類との壮絶な戦いを描いていますが、
その凄惨な戦闘は目を覆いたくなるほどです。
ある意味「プライベート・ライアン」を越えていました。
なにしろバグズに襲われた地球軍の兵士の手はちぎれるわ、首はチョンパされるわ、胴体真っ二つになるわ、メチャクチャです。
これに意図的に戦意高揚プロパガンダ映画の手法が用いられていて、ブラックな笑いを誘います。
「みんなで地球のために戦争に行って、ともに死のう!」みたいなことを平気でCMする世界・・・・、
実はその裏返しで反戦のメッセージが込められていたりして・・・・
でもなあ、この監督、ただ笑いを取るためだけにプロパガンダの手法使ってるような気もするしなあ。
よく分かりません。
お話は、世界の中心が南米ブエノスアイレスになっている近未来、
高校生の男女4人が卒業と同時に軍隊に入り、それぞれ歩兵、士官、宇宙艦隊へ配属され、宿敵バグズと戦いを繰り広げるというストーリーです。
前半「青春映画」+後半「プロパガンダ戦争映画」という作りの作品です。
この映画の最大の売りは、フィル・ティペットによる特撮の素晴らしさです。
特にものすごい数のバグズに取り囲まれた要塞の周囲を撮したワンショットは鳥肌ものでした。
ちなみにバグにもいろんな種類があって、ウォリアー・バグとかブレイン・バグとか、いろんなのが出てきます。
その中でウォリアー・バグが一番残忍で、こいつに兵士が次々と首チョンパや胴チョンパされて死んでいきます。
SFXの進歩って凄いなあと思わせる一作でした。
なお、後に「2」と「3」が製作されていますが、「2」は本国アメリカでTVムービーとして製作されたものなので、
かなり小粒に仕上がっています。


音楽は、戦意高揚系のスコアを書かせたら右に出る者がいないベイジル・ポールドゥリス。
本作のスコアは収録時間は短めですが、ダイナミックでパワフルなテンションが終始一貫していて、
アドレナリン出まくりの「燃え」系スコアの王道を行く作品です。
本編自体が戦争プロパガンダ映画のパロディみたいな作りになっているので、それに呼応するように派手で勇壮なマーチが収録されています。
ベイジル・ポールドゥリスはポール・ヴァーホーヴェン監督とは「ロボコップ」でも組んでいますが、
本作の方が「ロボコップ」よりもはるかに派手な音です。
戦意高揚型の「濃い」演奏に圧倒されます。
TVのバラエティ番組でBGMに使用されることも多く、「燃え」系スコアが好きな人には特にオススメの1本です。
ただ、濃厚過ぎるのか、一部のスコアは収録されておらず、肝心のエンド・タイトルも入っていません。
米Vareseレーベルは、何故かわかりませんが結構エンド・タイトルを割愛しちゃうサントラが多く、
ファンとしては非常に物足りない感じがします。
どこかのレーベルから正規盤でフル・スコアが発売されないかなあ。
なお、米版のDVDはIsorated Disc仕様になっていて、スコアだけを聴くことが出来ます。
今のところ、まともにフルスコアを聴こうと思ったら米版DVDで楽しむしか方法が無いようです。



Starship Troopers/Basil Poledouris

¥1,769
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。