サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

sabata

西部悪人伝
SABATA
監督: フランク・クレイマー
音楽: マルチェロ・ジョンビーニ
出演: リー・ヴァン・クリーフ、ウィリアム・バーガー、フランコ・レッセル、リンダ・ヴェラス、ペドロ・サンチェス、ジャンニ・リッツォ
1970年 イタリア/スペイン映画





60年代マカロニ・ウェスタンで名を馳せたリー・ヴァン・クリーフが主演した「サバタ」シリーズ第1弾。
マカロニ・ブームが過ぎ去った後の作品とはいえ、娯楽アクションの要素をたっぷり盛り込んでなかなか見応えのある作品です。
趣向を凝らした銃の数々(バンジョーに仕込んだライフル銃は「デスペラード」の原点か?)や派手な決闘シーンがカッコいい。
西部の町にぶらりとやってきた主人公サバタが、町で起こった銀行強盗を解決し首謀者を割り出したことから、
サバタを消すために首謀者が次々と刺客を送り込むというお話。
B級の匂いがプンプンしますが、そこはアイデアで十分カバーしています。
正月映画の深夜枠でやってたりしたことがあるので、またやるといいなあ(^_^;)なんて思ってます。
DVDが数年前に出たようですが、まだあるのかなあ。
是非もう一度みたい作品です。





音楽は、マルチェロ・ジョンビーニ。
軽快なテーマ曲は数あるマカロニ・ウェスタンの中でも出色の出来映えです。
途中、女性コーラスで「ルン・ルン・ル・ルン・・・」とか言う箇所は勘弁して欲しいですが、
全体を通じてノリノリのマカロニ・チューンになっています。
イントロで、男の声で「EHI AMICO...C'E SABATA, HAI CHIUSO・・・Huhaaaaaa!」と言って高笑いする部分が最高にカッコいい。
これ誰が言ってんだろ。リー・ヴァン・クリーフかな。
劇伴は、マカロニのスコアとしては割と平均的な出来、やはりテーマに全力投球という感じです。
サントラは、イタリアのGDMレーベルから、続編の「大西部無頼列伝」とカップリングになった驚愕の29曲入りのものが発売されています。
聴きものは、テーマ曲にドイツ語の歌詞を付けたオルタネート・バージョン。
これはキワモノです。
ドイツ語だからでしょうか、なんかラムシュタインみたいに聞こえてしまいます(^_^;)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


point

バニシング・ポイント

VANISHING POINT
監督: リチャード・C・サラフィアン
音楽: ジミー・ボーウェン
出演: バリー・ニューマン、クリーヴォン・リトル、ディーン・ジャガー、ポール・コスロ、ボブ・ドナー、ティモシー・スコット
1971年 アメリカ映画



イージー・ライダーに趣の似たアメリカン・ニュー・シネマの傑作。
サンフランシスコまで決められた時間内に陸送する賭けに応じた元警官の運び屋が警察の追跡を振り切って爆走するお話。
爆走する運び屋に共感を覚える連中が次第に彼を応援するようになるが・・・
イージー・ライダーの自虐版のようなラストに向かって運び屋がひた走ります。
爆走する車はダッジ・チャレンジャーだったかな?
主人公が突然待ちかまえるラストに向かってただひたすら走るというロード・ムービーです。

主演のバリー・ニューマンは、火災パニック映画「シティ・オン・ファイア」しか印象がない人ですが、

本作ではなかなか味のある演技をしています。


音楽は、ジミー・ボーウェンが担当しています。
ですが、サントラに収録されているのは既成の70年代のアメリカン・ロックの数々。
ジミー・ボーウェンによるスコアは1曲のみ。
「Love Theme」がそれで、優しいラウンジ・ミュージックという感じの曲です。
他はルーツ系のアメリカン・ロックのオンパレードです。
「イージー・ライダー」がサイケな趣な選曲だったのに比べて、本作はルーツ・ロックが多いようです。
ジミー・ウオーカー、ジミー・リード、マウンテン、デラニー&ボニー等の当時のロックを中心に、ブルー・グラスの曲まで入っています。
当時、主題歌としてシングル・カットされたのはアルバムラストのKim & Daveの「Nobody's Knows」だったと思います。
でも、個人的にはNHK-FMでかかっていたJerry Reedの「Welcome to Nevada」がお気に入り。
日本盤は既に廃盤のようなので、興味のある方は輸入盤をどうぞ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


damned


VILLAGE OF THE DAMNED
監督: ジョン・カーペンター
音楽: ジョン・カーペンター、デイヴ・デイヴィス
出演: クリストファー・リーヴ、カースティ・アレイ、リンダ・コズラウスキー、マイケル・パレ、メレディス・サレンジャー、マーク・ハミル、トーマス・デッカー
1995年 アメリカ映画



アンチ・ハリウッドの旗手と言われたジョン・カーペンター監督が、ジョン・ウィンダム原作の古典SFをリメイク。
映画版のオリジナルは60年のイギリス映画で、当時結構ヒットしたようで、続編まで作られています。
一方、このリメイク版はラジー賞の候補になったり、あちこちで酷評されていますが、
個人的にカーペンター大好きな僕は気にしません(^_^;)
このキャストのすごいこと、SFスターが夢の共演です。
特に「スーパーマン」のクリストファー・リーヴの元気な姿が見れるほぼ最後の作品なので、
それだけでもSFファンは一見の価値ありです。
ストーリーが少々面白くなくても最後まで観ましょう。
カリフォルニアの片田舎で突如住民が全員気絶してしまい、数時間後に目が覚めたときには女性全員が妊娠していて・・・生まれた子供は全員共通の特徴を持っていた・・という流れのお話。



音楽は、ジョン・カーペンター自身とデイヴ・デイヴィス。
カーペンター監督は一部の例外をのぞいてほとんどの作品に自分で音楽を付けていることで知られています。
本作もいつものカーペンター節が炸裂します。
「ハロウィン」等、初期の思い切りチープな音楽からだいぶ成長していて、本作では貫禄さえ感じます。
共作しているデイヴ・デイヴィスは生ギターを担当しているようです。
オープニングの8分に及ぶ「March Of The Children」が圧巻です。
テーマ・メロは日本人好みのマイナーな泣きメロで、いかにもカーペンターが書きそうな音をしています。
9曲目はインストながら、ドライヴ感のあるハード・エッジなロックなのにはビックリ。
後の「ゴースト・オブ・マーズ」の原点でしょうか(^_^;)
サントラにはマーク・ハミルのナレーションが入っています。
(余談ですが、オリジナルのイギリス映画版は2作とも英国戦争映画音楽の巨匠ロン・グッドウィンが音楽を担当していました。)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


trnebre

シャドー

TENEBRE
監督:ダリオ・アルジェント
音楽:クラウディオ・シモネッティ、ファビオ・ピニャッテリ、マッシモ・モランテ
主演:アンソニー・フランシオサ、ダリア・ニコロディ、ジュリアーノ・ジェンマ、ジョン・サクソン、ララ・
ウェンデル
1982年イタリア映画


ローマにやってきたアメリカの小説家の周りで次々と殺人事件が発生するというアルジェントの猟奇
殺人もの。
「サスペリア」みたいに魔女は出てきません。
その分、ストーリー的には凡庸な犯人捜しのサスペンスって感じです。
意味不明な幻想シーンもよく分からん。
ただし、ゴアシーンは強烈で、血しぶきと背景との原色のコントラストが強烈な印象を与える作品で
す。
とくに若い女性が白壁の家でいきなり腕を叩き落とされて、真っ赤な血しぶきを上げて絶命するシー
ンは壮絶。
まあ、このシーンが本作の最大の見せ場でしょう。
あと、突然おっさんの頭にバゴっ!!と斧が突き刺さるシーンも「ドキっ口」とします。
個人的にはマカロニ・スター、ジュリアーノ・ジェンマが刑事役で出ているのがうれしいところ。
「思春の森」のララ・ウェンデルが出ているということで、一部のユーロ・ロリ系マニアの方々にも評判
の作品だそうです(@o@;)


音楽はゴブリン名義ではなく、メンバーのクラウディオ・シモネッティ、ファビオ・ピニャッテリ、マッシモ・
モランテ、3人の共作ということになってます。
ドラムのアゴスチーノ・マランゴロが参加していないせいか、「ゾンビ」のような土俗的でパーカッシヴ
な雰囲気はありません。
テーマ曲は、古<さいボコーダーみたいなボイスが入っていますが、覚えやすいメロでキャッチーな印
象を与えます。
この頃、ベースのファビオ・ピニャッテリはジャコ・パストリアスに影響を受けていたとかで、
フレットレス・ベースを多用してマニアックなフレーズを連発します。
イタリアン・プログレッシヴ・ファンの方にもオススメの作品です。
日本でもユーロ・ロックを出していた「ネクサス」とかいうレーベルからLPが発売されていました。
CDは90年代になってイタリアからボーナストラック入りで約1時間収録されたものが発売されていま
す。

オルタネート・トラックやフィルム・バージョン等が入ってお買い得です。
でも、ジャケットはオリジナルのものを使って欲しかったなあ。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:


crim


CRIMSON RIVERS 2
監督:オリヴィェ・ダアン
音楽:コリン・タウンズ
主演:ジャン・レノ、ブノワ・マジメル、クリストフアー・リー、カミーユ・ナッタ、ジョニー・アリディ、ガブリ
ェル・ラズール
2004年フランス映画


ベスト・セラーが原作のサスペンス・スリラー「クリムゾン・リバー」の続編。
2作目は原作からは独り歩きしてリュック・ベッソンのオリジナル脚本を使用しています。
別々の2つの事件が一つに結びついていく過程は前作と同じ。
今回は、キリストと12の使徒をモチーフにした設定で、なかなかゴシックしています。
特に黒装束で超人的な体力を誇る顔の見えない修道士たちが不気味で雰囲気満点。
あまりに超人的なので、オカルトが入ってるのかと思いきや実は後半で種明かしがあります。
クライマックスの銃撃戦は、テンポはいいのですがあまりにハリウッドしていてちょっと興ざめです。
もっとフランス映画らしさが欲しかった。
邦題のサブ・タイトル、なんかカッコ悪いなあと思っていたら、オリジナルの直訳だったので驚き‥‥
ショボイ(T_T)


音楽は、元イアン・ギラン・バンドにいたキーボーディスト、コリン・タウンズ。
僕は昔からこの人のファンで、中学生の頃、ギランのライブ音源で
ジャズ・フレーバー溢れるキーボード・ソロを聞いてノックアウトされたのが最初でした。
「NO Easy Way」という曲のイントロで演奏されるキンキンな音の流れるようなソロがインパクト大でし
た。
ギランが解散してから、サントラの仕事をいくつかこなしていますが、
ほとんどがイギリス映画で、本作のようなフランス映画を担当することは珍しいようです。
全編アンダースコアに徹していて、テーマらしい明確なメロは見当たりません。
この人アドリブでも結構いいメロ作る人なので、もっとメリハリのある曲を作ってくれてもいいかな
と・‥。
ゴシックな香りのするアクション・スコアもあり、雰囲気は十分なだけに、メロがハッキリしないのが
ちょっと残念。
ただ、最近RC系で食傷気味だったので、かえってこの手の音は新鮮だったりします。
スコア以外にイギー・ポップ率いるストウージーズの曲を始め、パンク系の歌モノが4曲入っていま
す。

ジャケは前作の流れを汲んだデザインで統一感があります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。