サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:


grind house



プラネット・テラー in グラインドハウス

PLANET TERROR
監督:ロバート・ロドリゲス
音楽:ロバート・ロドリゲス
主演:ローズ・マッゴーワン,ブルース・ウィリス,フレディ・ロドリゲス,ジョシュ・ブローリン,マーリ
シェルトン
2007年アメリカ映画


その昔流行した,駄作を2,3本同時上映する映画館「グラインドハウス」が持っていた雰囲気をその
まま現代のスクリーンに甦らせた作品。
もともとロドリゲスとタランティーノの競作として製作された2本立ての映画を別々に再編集したもの
の1本。
ご丁寧に当時の雰囲気を出すために,フィルムに傷がついていたり,上映中にフィルムトラブルが発
生したりします(^_^;)
化学兵器事故で住民がゾンビ化したアメリカの片田舎で,ゾンビに片足を奪われたダンサーの女が
片足にマシンガンを装着してゾンビたちに立ち向かうというお話。
どうやって片足にマシンガンを付けて,どうやって発射するんだろうという不思議に思います
が,
B級「グラインドハウス」映画ではそんなことを考えてはいけません。
面白ければいいのです。
主演のローズ・マッゴーワンがセクシーでカッコいい。
血飛沫をあげるゾンビたちの造形もB級でとても良いです。(^_^;)


音楽は,ロバート・ロドリゲス本人。
これにアディショナル・ミュージックとしてグレアム・レベルがちょっとだけサポートしてます。
ハード・エッジなエレキギターやキラー・サックス(笑)がフィーチャーされたそのサウンドは「SIN
CITY」を彷彿とさせます。
たぶん,ギタリストやサックス・プレイヤーも同じメンツなんじやないかと思います。
「SIN CITY」のダークで不良っぽいサウンドにデジロック風のアレンジを加えた音になっています。
劇伴の中に,初期ジョン・カーペンターの音楽みたいなピコピコ・シンセが入っている曲があったりで,
B級ホラー&アクション好きは思わずニンマリしてしまいますね。
そうかと思えば,ミニストリーあたりを思わせるインダストリアルなテクノ・ビートが挿入されたりもしま
す。
スコアの他に主演のローズ・マッゴーワンの歌が3曲,
CHINGONというヘンテコな名前を冠したロドリゲス・バンドの曲,
Nouvelle vagueというシンガーの歌(元デッド・ケネディーズのジェロ・ビアフラが書いた
曲!!)が入っています。
ブルージーで気だるくて,ちょっとメキシカン人っちやってる「GRINDHOUSE BLUES」が超かっこいい
(^^)/
全体的にダークな音ですが,「SIN CITY」を初めて聴いた時よりも,好感が持てます。
ていうか,自分がこの手の音世界に慣れちやったということも出来るかな?
B級を逆手に取ったとてもイカしたアルバムです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


farewell


戦場

FAREWELL TO THE KING
監督: ジョン・ミリアス
音楽: ベイジル・ポールドゥリス
出演: ニック・ノルティ、ナイジェル・ヘイヴァース、フランク・マクレー、マリウス・ベイヤース、ジョン・ベネット・ペリー
1989年 アメリカ映画



ちょっと”右”(^_^;)な「男」の映画を撮らせたらピカイチのジョン・ミリアス監督が描く戦争映画の問題作。
太平洋戦争末期、英軍士官がボルネオの原住民に日本軍と戦うための協力を取り付けにいくと、
そこでは「王」と呼ばれる連合軍の脱走兵が村を治めていて・・・・。
迫り来る日本軍と戦うため訓練を積む間に、「王」と英軍士官の間には堅い友情が芽生え、無敵の日本軍部隊との戦いに挑む・・というお話。
「地獄の黙示録」の脚本を手がけたミリアス監督が描く、もう一つの「地獄の黙示録」という感じの作品です。
「王」と呼ばれる男が村人に注ぐ深い愛情が、「黙示録」のカーツ大佐とは対照的です。
戦争映画という体裁を取っていますが、実は「熱い」男の友情を描いた作品です。



音楽は、これまた「男」の映画にピッタリな音を書くベイジル・ポールドゥリス。
ミリアス監督とは、「ビッグ・ウェンズデー」、「コナン・ザ・グレート」、「若き勇者たち」に続いてのコンビとなります。
この人は、壮大で男気溢れる曲を書くのがすごく上手いなあといつも感心させられます。
重厚で壮大な中にも時にジョン・バリーを思わせる流麗なストリングスの曲が挿入されます。
ボルネオが舞台ということで、ガムランのゴングのようなエスニックな音が聞けます。

ゴングの音の残響音を生かした奥行きを感じさせるサウンドが美しい。
テーマ曲は、TVのドキュメンタリー番組のBGMでよく使われるので、お茶の間でもお馴染みだと思います。
サントラ盤はベルギーのPrometheusレーベルから昨年完全盤が発売され、全31曲64分収録のものが入手可能です。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


speed


スピード

SPEED
監督: ヤン・デ・ボン
音楽: マーク・マンシーナ
出演: キアヌ・リーヴス、デニス・ホッパー、サンドラ・ブロック、ジョー・モートン、ジェフ・ダニエルズ、アラン・ラック
1994年 アメリカ映画



マーク・マンシーナつながりで・・・・キアヌ・リーヴスの大ヒットノンストップ・アクション。
その昔「ポール・ポジション」なんかの撮影監督もやっていたヤン・デ・ボンの初監督作品。
連続爆破犯人とSWAT隊員の死闘を、ハラハラドキドキのノンストップ構成で描ききっています。
アクション映画の様々なエッセンスを凝縮して、無駄を省いて最初から最後までアクションで通した作品で、
シンプルなストーリーながら見応えのある「燃える」アクション映画に仕上がっています。
この映画、観てて相当ハラハラしますよ(^o^)
スタンリー・キューブリックを敬愛しているとかで、手がけた映画の中にオマージュを入れているそうですが、
本作では・・・・それは観てのお楽しみということで(^_^;)
後に「2」が作られましたが、こちらはキアヌが降板してジェイソン・パトリックにバトンタッチしており、
ストーリーもちょっとガッカリ・・・・。大型船が港に突っ込むシーン以外あまり印象に残りません。
それにしてもデ・ボン監督、「トゥーム・レイダー2」以降どうしてるんでしょう。
2008年に「MEG」という巨大サメのパニック映画のようなものを撮ってるそうですが、果たして大丈夫か・・・・(^_^;)



音楽は「バッド・ボーイズ」を手がける前のマーク・マンシーナ。
本作のスコアはキャッチーなメロを持った、90年代「燃え」スコアの中でも屈指の1本です。
打ち込みのシーケンサーを多用したハンス・ジマー直系の泣きメロと派手なメタリック・パーカッションが聴く側を煽りまくります(^_^;)
しかしこの傑作スコア盤は日本では未発売に終わってしまったと記憶しています。
日本では、歌モノコンピ盤の中でもさらに最悪なインスパイアード盤と呼ばれるものしか発売されませんでした。
インスパイアード盤って、実際本編では使用されていない全然カンケイない曲まで入っています。
これは反則でしょう。
なお、演奏者のクレジットの中にジャズ・ロック・ギタリスト「アラン・ホールズワース」の名前があってビックリ。
70~80年代を中心に活躍したバカテク超絶ギタリストで、ヴァン・ヘイレンのライト・ハンド奏法をゆっくり片手でやったようなモヤ~ンとした音を出す人です。
「ソフト・マシーン」「テンペスト」「ブラフォード」「UK」「GONG」等のプログレ系バンドでギターを弾いていました。
ちょっと聴いただけではどこで演奏しているのか分かりませんが、デ・ボン監督、マンシーナ、どちらの趣味なのでしょうか。
後の「ツイスター」のスコアでは、前述のヴァン・ヘイレンを大々的にフィーチャーしています。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:


bad

バッド・ボーイズ

BAD BOYS

監督:マイケル・ベイ
音楽:マーク・マンシーナ
主演:ウィル・スミス,マーティン・ローレンス,ティア・レオーニ,チャッキー・カリョ,ジョー・パントリ
アーノ

1995年アメリカ映画


「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ監督初期の娯楽ポリス・アクション。
マイアミ警察内部で大量のヘロインが紛失し,2人の黒人刑事が内務調査に乗り出すというお話。
ストーリーの骨子はたわいもないものですが,マイアミを舞台に陽気なキャラの2人が活躍し,
クライマックスの銃撃戦と大爆発でお腹いっぱいになるお買い得な1本。
手に汗握るアクションと笑いが丁度いいバランスにブレンドされていて,結構楽しめます。



音楽は「シューター極大射程」のマーク・マンシーナ。
ハンス・ジマーのメディア・ヴェンチャーズ出身の人で,ジマー直系のメロを書く人です。
特に本作は「スピード」の頃の音を連想させるシンプルでいて、サスペンスフルな「燃え」スコアになっ
ています。
派手なカーアクション,銃撃戦を見せる映画らしく,劇伴も派手です。
「スピード」で聴かれた金属音をモチーフにしたかなり硬質でパーカッシヴな音がここでも登場しま
す。
マイアミが舞台なので,スティール・ドラムを使った南国風なスコアもあります。
そうかと思えば,黒人を意識したヒップホップ調のリズムを使った曲もあったりで,バラエティに富んで
います。
スコアの一部をニック・グレン・スミスが共作しています。
サントラ盤は,ダイアナ・キングの「SHYGUY」が有名なコンピ盤が知られていましたが、
この度.米LA-LA-LANDレーベルから3000枚限定でスコア盤が発売されました。
70分みっちり収録されていて,もともとスコアだけでも十分鑑賞に堪える作品だったので,
この発売は嬉しい限りです。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


caddy



CADDYSHACK
監督: ハロルド・ライミス
音楽: ジョニー・マンデル
出演: チェヴィー・チェイス、ロドニー・デンジャーフィールド、ビル・マーレイ、テッド・ナイト、マイケル・オキーフ
1980年 アメリカ映画



後に「ゴーストバスターズ」等で俳優としてもブレイクするハロルド・ライミスの初監督作品。
高級ゴルフクラブを舞台に、キャディや成金会員たちが織りなすギャグの数々と、
ビル・マーレイ演じるゴルフ場管理人とゴルフ場を荒らすモグラたちとのイタチごっこが描かれます。
わざとそうしたのか、「ぬいぐるみ」そのまんまなモグラがかわいらしい。
しかし特殊効果はその道の巨匠ジョン・ダイクストラが起用されていて、かなり派手で本格的なSFXを堪能できます(^_^;)
大味な映画ですが、随所に挿入されるギャグが結構笑えます。
なお、8年後に続編が製作されていますが、キャストはチェヴィー・チェイス以外一新されており、
ダン・エイクロイドの演技もラジー賞もので、ストーリーもつまんなかったらしく本邦劇場未公開に終わっています。



音楽は、「マッシュ」のジョニー・マンデル。
サントラ盤は歌モノのコンピ盤が発売され、スコアは3曲のみ。
本作は、スコアよりもケニー・ロギンスの歌が注目された作品で、
LPの片面をロギンスの歌が占めています。
テーマ曲の「I'm Alright」を始め片面4曲すべてサントラのための書き下ろし曲だったような気がします。
4曲中、3曲がブルース・ボトニックのプロデュースで、残り1曲がトム・ダウドのプロデュースになっています。
B面はジャーニー、ザ・ビート、ヒリー・マイケルズの歌と3曲のスコア、という構成になっています。
中でもヒリー・マイケルズというアーティストの歌は、クイーンのアルバムでお馴染み、ロイ・トーマス・ベイカーのプロデュースで、
オペラチックなコーラス・ワークが「ボヘミアン・ラプソディ」のようで笑えます。
スコアで出色なのがラストの「The Big Bang」
「大爆発」と題されたそのまんまなクライマックスに大笑い(;^o^)
チャイコフスキーの序曲「1812」をアレンジした曲なのですが、
ほんとに「ボカ~ン!!」という爆発音のS.E.がいっぱい入ります。
このバカバカしい曲だけでもこのサントラは買いです。
お下劣な裏ジャケも最高です、まさにボールズ・ボールズ(^_^;)

是非CD化して欲しい1枚です。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。