サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:


dead



THE EVIL DEAD

監督: サム・ライミ
音楽: ジョセフ・ロデュカ
出演: ブルース・キャンベル、エレン・サンドワイズ、ベッツィ・ベイカー、ハル・デルリッチ、サラ・ヨーク
1983年 アメリカ映画



サム・ライミの出世作にして、低予算ホラーの大傑作。
まだ無名のライミ監督が、ほとんど自主制作同然の予算と環境の中で撮りあげた作品です。
有名な残酷ゴア・シーンも、特殊メイクというよりストップモーション・アニメを多様していたり、苦労の後がうかがえます。
でも、B級ホラーなのに結構怖かったりします。
初見の人は、本編を見ながら何度も「ドキッ」とすることでしょう。
ビデオが発売された当時はまだレンタル・ビデオがあまり普及しておらず、かなりの高回転で貸し出されてました。
主演のブルース・キャンベルは、今ではかなりコアなファンを持つカルト俳優になりました。
で、なんとこの作品は「バートン・フィンク」の監督、ラリー・コーエンが製作に携わっているとのこと。
ちょっとびっくり。
ストーリーはあまりに有名なのですが、別荘に使うため若い男女が訪れた山小屋で偶然「死者の書」を見つけてしまい・・・、死霊がよみがえって若者を襲うというなんともベタな内容。
でも、この元気な映像は一見の価値ありです。



音楽は、サム・ライミとは旧知の仲?のジョセフ・ロデュカ。
あまり有名な作品の無い人ですが、フランス映画「ジェボーダンの獣」なんてのも担当しています。
主にTVムービーの仕事が多い人のようです。
当時は新人だったと思うのですが、新人らしからぬ印象的なスコアを書いています。
明確なメロは無いのですが、バイオリンを掻き毟る音を使って現代音楽風なアプローチをしてみたり、
それぞれの場面を想起させる音作りはなかなかのものです。
(それだけビジュアルが強烈だったということかもしれませんが・・・(;^ ^)
本編同様、ドキッとする部分もありますが、全体を通して怖すぎる音ではありません。
全編を通じてバイオリン、ビオラ等の弦楽器とシンセの音が主体です。
裏返していえば、低予算ってことなのですが・・・。
でも、これはホラー映画のスコアの中では結構いい線いっているのではないでしょうか。
ちなみに日本盤はかのSLCから1993年頃に「死霊のはらわた2」との豪華カップリングでCD化されました。
しかしもう廃盤なのでしょうね。
たまたま、吉祥寺のディスク・ユニオンで、コーナーの片隅に追いやられていたので、
僕が金1200円でお買い上げさせていただきました。
結構いい買い物でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


do


DOBERMANN
監督: ヤン・クーネン
音楽: スキゾマニアック
出演: ヴァンサン・カッセル、モニカ・ベルッチ、チェッキー・カリョ、アントワーヌ・バズラー、ドミニク・ベテンフェルド
1997年 フランス映画



珍しくフランス映画です。
ヴァンサン・カッセル、モニカ・ベルッチ主演という今では結構贅沢な配役のバイオレンス・アクション。
作品冒頭で、いきなりCGが出てきてびっくりしますが、どうも監督のヤン・クーネンがアニメ好きだそうです。
主人公が銀行強盗でワルなのですが、対する警察もワル。
それも同情の余地もないかなりのワルなので、どっちが正義なのかわかりません。
フランス映画って、「レオン」もそうだったのですが、捜査側がすごいワルという設定、結構あるような気がします。
なんでも、監督いわく映画の中に、マカロニ・ウェスタンのテイストを入れたかったとかで、なんとなくやりたかったことはわかります。
あんまり難しいこと考えずに見ることをお勧めする作品です。
フランス映画って、結構バイオレンス描写がエグイみたいで、
本作でも、フルフェイスのヘルメットに手榴弾突っ込んで頭爆発させたり、ラストのクリスチーニ警視との対決シーン等、結構ホラーです。



音楽は、テクノユニットのスキゾマニアック。
他にアルバム出している形跡がないので、本作のためのプロジェクトなのかなと思ってます。
フランソワ・ロウ、ジャン・ジャック・ヘルツの2人によるユニットが基本のようです。
フランス産のテクノって、すぐ思い出すのがダフトパンクなのですが、
あちらがロック寄りなアプローチをするユニットなのに対し、このスキゾマニアックは割りとあっさりしたテクノです。
あまり、濃い味付けのメロディもなく、聞いていてスーッと入ってきます。
乱暴な言い方をすれば、「ラン・ローラ・ラン」にちょっとだけ近い感じかな。
しかし、既成のテクノトラックの寄せ集めかと思ったら、意外にアンダースコアに徹した曲もあったりで、
一応スコア・サントラの様相を呈してます。
ちょっとだけ、マカロニでイタリアンなテイストも・・・。
アルバム・ラストの18曲目にプロディジーが94年にヒットさせた「Voodoo People」が入っています。
(なお、オリジナルのフランス盤には、1曲目の変速バージョンが追加収録されています。)

なぜ唐突にこんな作品のレビューをしたかというと、吉祥寺のレコファンで400円で買ったから・・・

ただそれだけの理由でした。(^ ^;)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


sp


SPACEBALLS
監督: メル・ブルックス
音楽: ジョン・モリス
出演: メル・ブルックス、ジョン・キャンディ、リック・モラニス、ビル・プルマン、ダフネ・ズニーガ、ディック・ヴァン・パタン、マイケル・ウィンスロー
1987年 アメリカ映画

メル・ブルックスの「スター・ウォーズ」ネタSFコメディ。
ピザ・ザ・ハットやC3POの女版とかSWをベースに好き勝手なパロディが満載です。
ブルックスは、劇中1人2役で出ています。
銀河を荒らし回る悪の帝国から、お姫様を助け出すヒーロー、ローンスターと相棒バーフ(これってゲロのこと?)の活躍を描いています。
全体がスター・ウォーズのパロディで、ところどころにアラビアのロレンスや猿惑のパロディが散りばめられています。
ギャグはいたってベタですが、本家と同じILMが特殊効果を担当していて、コメディのくせにSFXは本格的です(^_^;)



音楽は、ブルックス作品の常連、ジョン・モリス。
(ちなみに僕は76年にこの人が手がけたブルックス作品「サイレント・ムービー」のテーマ曲が大好きです。)
映画公開当時、サントラはスコアと歌モノが半々のコンピレーション盤が出ていました。
しかし、今頃になって19年アニバーサリー盤と称してスコア完全盤が発売されました。
米LA-LA-LANDレーベルからの発売ですが、19周年というのがなんとも訳が分かりません(^_^;)
さすが完全盤だけあって、70分強のスコアが収録されています。
本編が確か90分くらいだったので、おそらく正真正銘の完全盤でしょう。
基本的に楽しいスコアです。
テーマ曲は、SWというよりインディ・ジョーンズをもっと明るくしたような痛快なマーチ調の曲です。
随所に入るレーザー光線の「ピューン」という音がすごくチープで和みます。
フレーズの合間に「ピューン、ピューン、ピューン」と3回も続けて入れたりして、かなり悪ノリしてます。
SWに比べると小粒なオケですが、劇伴はスぺオペの王道を行く堂々としたSFスコアがベースになっています。
で、所々に「アラビアのロレンス」風の曲や「ボギー大佐」のパロディがしっかり入っています。
コンピ盤に入っていた歌モノからは、1曲だけソウル・グループ「スピナーズ」が歌う主題歌のみが収録されています。
別テイクを含む全45曲、お腹一杯になります。
なお、3000枚限定での発売です。
ちなみに新宿駅近くの某大型店では、これをなんと5000円を超えるとんでもない高値で置いていました。
この店は「未来警察」の限定盤も同じような高値で置いていて、閉口しちゃいました。
買うなら絶対、渋谷のSUMIYAさんで買いましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。