サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

murder


MURDER IN THE FIRST
監督: マーク・ロッコ 
音楽: クリストファー・ヤング 
出演: クリスチャン・スレイター、ケヴィン・ベーコン、ゲイリー・オールドマン、エンベス・デイヴィッツ、ウィリアム・H・メイシー、スティーヴン・トボロウスキー、ジョアンヌ・ウォーリー=キルマー 
1995年 アメリカ映画


かの有名なアルカトラズ刑務所を閉鎖に追い込んだ囚人とその弁護士の姿を描いた実話の映画化。
いわゆるヘンリー・ヤング裁判として知られる裁判を映像化したものです。
死刑囚が収監されているアルカトラズ刑務所で殺人事件が発生、容疑者とされた囚人を弁護することになった弁護士がその容疑に疑問を持ち始め調査を開始する・・・・というお話。
ノンフィクションによる法廷サスペンスという形を取っていますが、さすがに実話に基づいているだけに迫力があります。
スレイター、ベーコン、オールドマンといった演技派ががっちりタッグを組んで、とても見応えのあるサスペンスに仕上げています。
オールドマンの憎まれ役もなかなか印象的でしたが、やはりケヴィン・ベーコンの演技が素晴らしい。
ラストは悲しい終わり方をしますが、実に感動的な作品です。
これは意外な掘り出し物でした。


音楽はクリストファー・ヤング。
本作の特筆すべき点の一つに音楽の効果的な活用があります。
スコアの使い方が非常に上手い。
クライマックスの法廷シーンに向けた音楽の使い方が特に目を見張るものがあります。
テーマ曲はジョン・ウィリアムズの「プライベート・ライアン」を彷彿とさせる哀しみを帯びた印象的な曲です。
ここまでリリカルなヤングを聴いたことがありません。
サントラをブックオフで750円で買いましたが、これは当たりでした。
コーラスを多用した前述の感動的なスコアの他、マーチング・バンド風の曲あり、静寂の中にチェロの調べが悲しく響く曲ありでヤングの諸作の中でも、かなり毛色の違う作品になっています。
ストリングス系のヤングのスコアの中ではかなりいい線をいっているのではないでしょうか。
CDは既に廃盤のようで、アマゾン等で検索しても6,800円くらいのプレミアが付けられています。
興味のある方は悪質なプレミアには手を出さず、ブックオフ等で探して1000円以内でサクッと買いましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

narnia


THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE
監督: アンドリュー・アダムソン 
音楽: ハリー・グレッグソン・ウィリアムズ 
出演: ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル、スキャンダー・ケインズ、ジョージー・ヘンリー、ティルダ・スウィントン、ジェームズ・マカヴォイ、ジム・ブロードベント 
2005年 アメリカ映画


ディズニーが児童文学を今更ながら映像化したファンタジー大作。
どうしても「ロード・オブ・ザ・リング」と比較されてしまうので、はじめから分が悪いといえばそれまでですが、
これはどう見ても子供向けの映画。
原作は7部まで分かれているそうなのですが、果たして続くのでしょうか。
ロンドンの空襲を逃れて疎開してきた子供たちが、預けられた古い屋敷の中で「どこでもドア」(^_^;)を見つけて魔法の国「ナルニア」に行ってしまうというお話。
スタッフが結構「ロード・オブ・ザ・リング」とかぶっているのに、この稚拙さは何なんでしょう。
特にスケール感が乏しいのは致命的です。
主人公もいわるゆる「華」が無く、「ロード・オブ・ザ・リング」や「ハリポタ」と比較してもあまりインパクトが無い。
まあ、個人的に「ハリポタ」シリーズも途中で飽きてしまうくらいなので、僕の評価はちょっと辛口すぎるかもしれませんm(_ _)m
でも、子供が楽しめる作品なので、春休みロードショーで子供たちと一緒に見に行くのにはいい作品だと思います。



音楽はアンドリュー・アダムソン作品を一手に引き受ける(といっても3作しかないけど)、ハリー・グレッグソン・ウィリアムス。
ハンス・ジマー門下生の彼も最近では単独でスコアを任されるようになりました。
ジマー調の打ち込みベースのトラックは無く、フル・オケで聴かせてくれます。
アクション・スコアもジマー調にならず、かなり個性がでていて好感が持てます。
アルバムはオープニングのロンドンの空襲シーンから始まり、なかなか好調です。
「キングダム・オブ・ヘブン」に似た女性コーラスを使う部分もあります。
全体を通して下世話な騒々しさが無く、とても上手くまとめられたスコアだと思います。
スコアの他に歌モノが4曲入っています。
アラニス・モリセット他の女性陣に混じって、ティム・フィンの曲が入っています。
大人しい曲ですが、クラウデッド・ハウス好きの僕としてはこれが気に入りました。
あと、Imogen Heapという女性シンガーの曲。
この人のことはよく知りませんが、なかなかイイ曲です。
オリジナル・アルバムも出ているようなので、チェックしてみたいと思います。

なお、歌モノだけのコンピレーション盤も出ていますが、

こちらの方はインスパイア盤で、映画と全然関係ない歌まで入っているのでオススメできません。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

wallace


WALLACE & GROMIT: THE CURSE OF THE WERE-RABBIT
監督: ニック・パーク、スティーヴ・ボックス 
音楽: ジュリアン・ノット 
声の出演: ピーター・サリス、レイフ・ファインズ、ヘレナ・ボナム=カーター、ピーター・ケイ、ニコラス・スミス、リズ・スミス、ジョン・トムソン 
2005年 アメリカ/イギリス映画


世界的にも幅広いファンを持つ短編粘土アニメシリーズの初長編作品。
イギリスのアードマン社がドリームワークスと共同で制作しています。
2005年のアカデミー長編アニメーション賞を受賞しています。
ストーリーは町の一大イベント「巨大野菜コンテスト」を前に、出展する野菜が育つ畑を荒らし回るウサギの大群をなんとかしようとウォレスとグルミットが大活躍します。
これは、大人でも十分楽しめる愉快な作品です。
むしろターゲットは大人なのではないかと思わせるくらいです。
レイ・ハリーハウゼンへのオマージュ?を感じさせるパロディシーンもあったり、大人でないと分からない部分がいくつか出てきます。
ギャグもどちらかといえば大人向け。
1989年の「チーズ・ホリデー」が第1回作品だったので、
89年に子供だったファンも17年経てばもうおっさん、おばさんですよね(^_^;)
ウォレスの日本語吹き替えが欽ちゃんだったのが意外でした。
でも、結構ハマッてました。



音楽は短編アニメの頃から音楽を担当しているジュリアン・ノット。
ほとんど子供向けのアニメ作品を手がけている人です。
それだけに子供向けの音が多く、全体的に音がユルいのが特徴です(^_^;)
で、今回の長編作品製作にあたり、ドリームワークスが共同していることもあり、ハンス・ジマーとその門下生が参加しています。
そのせいか、全体的にスッキリとした印象になっています。
しかし、こてこてのジマー調になっておらず、このコラボは成功だったのではないかと思います。
ちゃんと従来のファンにも受け入れられるように、有名なテーマに変なアレンジを施すこともなく、
劇場長編に恥じない立派な音楽になっています。
アクションシーン?はジマー流のわりと派手な音楽が効果的に使われており、この辺はジュリアン・ノット単独では出せなかった音でしょう。
ジマー系にありがちなシンセ、打ち込みは使わず、フル・オケで演奏しているのも大正解。
ただ、ウォレス&グルミットのテーマはもう少し長くてもいいかなと・・・。
1分弱しかないのですぐ終わってしまいます。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

beach


THE BEACH
監督: ダニー・ボイル 
音楽: アンジェロ・バダラメンティ 
出演: レオナルド・ディカプリオ、ティルダ・スウィントン、ヴィルジニー・ルドワイヤン、ロバート・カーライル、ピーター・ヤングブラッド・ヒルズ、ジェリー・スウィンドール 
1999年 アメリカ映画


「トレインスポッティング」のダニー・ボイルがハリウッドに招かれて撮ったアイドル映画。
この監督の作品って、「28日後」だけだなあ。
他の作品はどうも肌に合いません。ファンの方申し訳ありませんm(_ _)m
なんか未開の楽園を求めて現代の若者が冒険を繰り広げるという、ウ~ンなストーリー。
共感できるものは何一つ無く、それだけ僕がおっさんなのかなあと痛感させられた作品でもあります(^_^;)
結局何が言いたかったのか分からないまま終劇を迎えてしまいます。
う~ん、ダメだ、やっぱりこの手の映画は。



音楽は、「ツイン・ピークス」のアンジェロ・バダラメンティ。
公開時には歌モノのコンピレーション盤しか出ませんでした。
アンジェロ・バダラメンティの曲はUKテクノのオービタルとのコラボ曲1曲のみ。
でも、その他のレフトフィールド、ブラー、ニュー・オーダー、エイジアン・ダブ・ファウンデーション、モービー、アンダーワールド等の選曲がUKしてて結構好みだったりして(^_^;)
で、スコア盤は公開後しばらくしてから発売されました。
バラダメンティといえば、退廃的なジャズというイメージが強いのですが、
ここではそれまでのイメージを一掃する音になっていました。
なんと、シンセ主体でサウンドが組み立てられており、
どことなくハンス・ジマーを連想させる、かなりポップな打ち込みビートの曲まであります。
なんなんだ、この開き直りようは!?と思いたくなる音です。
この化け具合は意外に快感だったりします。
なお、テーマ曲は従来のイメージを残すストリングス・チューンで、
スケールの大きな楽園を感じさせる音で、ちょっとジョン・バリー風なのがご愛嬌。
それにしても本作はアンジェロ・バダラメンティ作品の中でもいい意味で「異端」な作品であると言えます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

fury


早いもので「サウンドトラック秘宝館」も今日で1周年を迎えました。
これまで269枚のサントラを紹介して、今日で270枚目となります。
最近は、ネタ切れ気味というかいつも思いつきで紹介しているので、
その日紹介する盤がなかなか思い浮かびません。
ということで270枚目は「フューリー」を紹介します。
1周年だからといって深い意味はありません(*^_^*)


THE FURY
監督: ブライアン・デ・パルマ 
音楽: ジョン・ウィリアムズ 
出演: カーク・ダグラス、ジョン・カサヴェテス、エイミー・アーヴィング、チャールズ・ダーニング、キャリー・スノッドグレス、アンドリュー・スティーヴンス 
1978年 アメリカ映画


「キャリー」で一躍有名になったブライアン・デ・パルマ監督のホラー第2弾。
元情報部員の息子が誘拐され、実はそれが息子の超能力に目を付けた政府組織による犯行だったという本作は、
2人の男女の超能力者とそれを取り戻そうとする父親の追跡劇がスパイ映画+ホラーという珍しい図式を作っていました。
さすがにデ・パルマ監督らしく、見応えあるサスペンスフルな作品に仕上げていました。
超能力による残酷シーンは、女性が宙を回転しながら血しぶきを飛ばすといったシーンがある他は割と大人しい描写で進んでいきます。
ところが、ラストにスゴイシーンが待っているのです。
これが有名な「人体爆発」シーン。
エイミー・アーヴィングの超能力で、ジョン・カサベテスが「ドッカ~ン!」と爆発してしまいます。
このシーンのスゴイこと。
TV放映では、たまにカットされてしまうこのシーン。
爆発をいろんな角度からご丁寧に何度も写してくれます。
後の「スキャナーズ」でも頭部爆発シーンがありますが、
こっちの方がバックのジョン・ウィリアムスの音楽と相まって見応えがあります(^_^;)



音楽は当時「スター・ウォーズ」の大ヒットで売れっ子になったジョン・ウィリアムス。
テーマ曲は静かに始まり、だんだんとマイナーメロながら力強く盛り上がっていく感じの曲です。
公開当時発売されたサントラは、得意のロンドン・シンフォニーを起用した再録音盤でした。


LPジャケ(結構こっちのデザインの方が好きだったりする)

  ↓

fury1



その後LPと同内容のCDが発売されましたが、
2002年になって米Vareseレーベルから限定3,000枚で2枚組サントラが発売されました。
1枚目がそれまでのオフィシャル盤と同内容の再録盤、もう1枚が正真正銘のフィルムで使用されたサウンドトラックという趣向です。
比較してみると分かるのですが、1枚目のロンドン・シンフォニー盤はかなり重厚な音作りになっているのに対し、
2枚目のオリジナルの方は若干荒削りな印象を受けます。
カサベテスが爆発するシーンの大袈裟なトラックが聞き物です。
LPが40分弱の収録でしたが、2枚組盤のほうは1時間半収録という大盤振る舞いぶりです。
2枚組限定盤は残念ながら現在では廃盤となっているので、見つけたら迷わず購入されることをオススメします。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。