サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

war


WAR OF THE WORLD
監督:スティーヴン・スピルバーグ
音楽:ジョン・ウィリアムス
主演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ミランダ・オットー
2005年 アメリカ映画


「マイノリティ・リポート」以来のスピルバーグ&トム・クルーズ&ジョン・ウィリアムスのトライアングルによるSF大作。

オリジナルに敬意を表して「宇宙戦争」というタイトルにしてありますが、家族愛がけっこうな比重を閉めていて、宇宙戦争!て感じではありませんでした。

どっちかというと戦争被災者!という感じの映画でした。
特殊効果はすごかったです。


音楽は、前述のジョン・ウィリアムス。
「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」直後から取りかかり、今月までぎりぎりの時間で製作された作品で、サントラ発売も映画公開と同時。

日本盤はライナーノーツの解説者が音源を未聴のまま執筆するという状況での発売でした。
第一印象は・・・、全体的にトーンが暗く重い。

パニックシーンでは、ブラスの高らかな音色、ティンパレス等の野太い打楽器の音が際だっており、かなり鳴らすスコアになっています。

ただし、家族愛を表現したテーマも暗く物悲しい旋律であり、感動的なスコアとはいえません。
従来のウィリアムスの躍動感あふれるメロディアスなスコアを期待すると、がっかりします。

そもそもテーマらしい旋律がありません。
全体的に「マイノリティ・リポート」に似た雰囲気ですが、明快なモチーフが無く、かなり硬派なアンダースコアといえます。

う~ん、「シン・シティ」と同じく、映像抜きではちょっと厳しい作品かもしれません。
まあ、スター・ウォーズの直後にこれだけのスコアを提供できるのですから、さすが巨匠というべきでしょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

hidden


THE HIDDEN
監督:ジャック・ショルダー
音楽: マイケル・コンヴァーティノ 
出演: カイル・マクラクラン、 マイケル・ヌーリー、 クルー・ギャラガー、 クローディア・クリスチャン
1987年 アメリカ映画


ジャック・ショルダー監督一世一代のヒット作。
アボリアッツ国際映画祭グランプリを獲得しただけあって、最高のB級SFに仕上がっていました。

とにかく、ありとあらゆるエッセンスを詰め込んであり、
SF、アクション、サスペンス、エロティック、コメディ、ヒューマン・ドラマ・・・、いろんな要素が楽しめます。
主演のカイル・マクラクランがまだ若く、すべすべした皮膚と端正で無表情な顔がアンドロイドのようでした。

宿主を変えながら次々と殺戮を繰り返すエイリアンとそれを追うFBI捜査官と刑事。
スピード感あふれる演出が、観る者を飽きさせませんでした。

口からうにょ~っと出てくる凶悪エイリアンの描写が結構グロかった(笑)。


音楽は「愛は静けさの中に」や「不機嫌な赤いバラ」のマイケル・コンヴァーティノ。
ヒューマン・ドラマやラブ・ロマンス系の作品の多い人なので、初期の作品とはいえ、
本作は結構異色の作品といえます。

前半はダークなトーンを基調とした緩やかなヒーリング・ミュージックか環境音楽といった趣きです。
これが後半になると派手なパーカッションが際だつアクションスコアに変わります。

ただ、残念なことにこのサントラは現在日米ともに廃盤です。
アメリカではVARESEレーベルから出ていましたが、現在はカタログに載っておらず、日本のSLC盤も今は廃盤の状態です。

なお、サントラには収録されませんでしたが、本編ではIRSレーベルに所属するアーティストの曲が何曲かかかってました。

IRSはかつてR.E.M.なども所属していたインディ・レーベルの老舗で、

本作では、ロード・オブ・ニュー・チャーチの「Black Girl White Girl」やコンクリート・ブロンドの「Over Your Shoulder」、
ハンターズ&コレクターズの「Is There Anybody In There?」等がかかってました。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

tora



TORA! TORA! TORA!
監督:リチャード・フライシャー、枡田利雄、深作欽二
音楽:ジェルー・ゴールドスミス
主演:マーティン・バルサム、ジェーソン・ロバーツ、三橋達也、山村聡
1970年 アメリカ・日本


久しぶりの戦争映画レビューです(笑)。
太平洋戦争の真珠湾攻撃を日米オールキャストで描いた戦争大作。
「史上最大の作戦」のダリル・F・ザナックが製作総指揮を務めた3000万ドル級大作だけあって、今見ても全く見劣りがしません。

「パールハーバー」よりずっとこっちの方が好きですね。
「パール・・」はCGはすごかったけど、メロドラマが軸になっていたため、どうしても中だるみしてしまってました。

その点で本作は前半も日米の情報戦を緊張感たっぷりに描いて飽きさせず、
そのテンションを持続したまま後半のクライマックスに突入するので片時も目が離せません。

CGの無い時代ですから、セットやマットペインティング、ミニチュアで苦労して撮影した跡がうかがわれます。
張りぼてとはいえ、空軍基地で次々と破壊される米軍機は迫力満点でした。

日本との合作になっているので、アメリカ映画にありがちな誤解した日本感もなく、違和感なく観ることができます。
当初は日本側監督に黒澤明が予定されていたそうで、実現すればもっとすごい映画になっていたかも知れません。

また、日本公開版は上映時間が12分長く、寅さんが出演していたという噂もあります。(観てみたい!)
そういえば、水戸黄門が南雲中将をやってました(笑)。


音楽は巨匠ジェリー・ゴールドスミス。
公開当時、サントラは発売されず、
中学生の頃買ったキングレコードの2枚組コンピレーション盤「’80スクリーン・ミュージック・ライブラリー(アクション編)」に入っていたベンチャーズのカバー演奏で我慢してました。

その後もずっとサントラが出なくて、もうあきらめていましたが、
まず、1997年発売のゴールドスミス自身による再録盤「パットン大戦車軍団」が発売され、
この中に5曲ほどボーナス・トラックとして収録されました。
ロイヤル・スコティッシュ・オーケストラによる演奏でまずますの出来でしたが、やはりオリジナルの雰囲気にはちょっと遠かったようです。

その後、2000年になって遂に奇跡のオリジナルサウンドトラックが発売されました。
FMSからの発売で限定3000枚と銘打ってありますが、まだ在庫はあるはず。

メイン・タイトルの琴の音色が聴けるのは、やはりこのオリジナル盤をおいて他にありません。
日本を表現した東洋的なアプローチの曲も全く違和感がなく、よくあるラーメン音楽になっていないのがスゴい。

やはり偉大な作曲家です。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

honey


HONEY WEST
製作: リチャード・ニュートン 
製作総指揮: アーロン・スペリング 
出演: アン・フランシス 
     ジョン・エリクソン 
     アイリーン・ハーヴェイ
1965~1966年 アメリカTVシリーズ

1965年から翌年にかけて製作・放送された「ハニーにおまかせ」のサントラです。
「ビバリーヒルズ青春白書」のアーロン・スペリングが製作総指揮を担当しています。
(てことは、このおやじ今一体何歳?)


アン・フランシスが女私立探偵に扮して、当時としてはお色気たっぷりの黒タイツ姿で出てたそうです。
実際、このTVシリーズ観たことないんです。

音楽はジョセフ・ミューレンドール。
主にTVの仕事が多い人で、他にオリジナルの「ロスト・イン・スペース」や「宇宙大作戦(スター・トレック)」等を手がけてました。

中学の頃、MCAから再発された日本盤LPを中古屋で見つけて購入、
当時、みんながYMOに熱狂していた時、
YMOも好きだったけど、秘かにラロ・シフリンの「スパイ大作戦」に熱狂していた僕は思わず気に入ってしまいました。

全編、ゴージャスなジャズスコアのオンパレード。
数年前にサバービアとか渋谷系とかいう人たちが喜んで買ってったため、しばらくオリジナルの米ABC盤のLPは高値が付いていました。

で、ここにきて待望のCDが発売されることになりました。
Harkit Records というレーベルで、イギリスの会社らしいです。

まだ手元に届いてないので、マスタリングの有無等、詳しいことは分かりませんが
ジャズ系のサントラを好む人には是非聴いて欲しいアルバムです。


Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

sea


THE SALTON SEA
監督: D・J・カルーソー 
音楽: トーマス・ニューマン 
出演: ヴァル・キルマー、ヴィンセント・ドノフリオ、 アダム・ゴールドバーグ、ミートローフ
2002年 アメリカ映画


麻薬中毒でタレコミ屋の主人公が強盗事件で妻を殺され、復讐に執念を燃やす姿を描くクライム・サスペンス。

最近はヒット作に恵まれないヴァル・キルマーが主演しています。
使い古された題材なので興行収入が見込めないと判断されたのでしょうか、日本では劇場未公開に終わりました。

でも、この手の映画にしては各キャラクターのアクも強く、面白いエピソードも挿入される等、なかなかの作品でした。

フランク・ダラボンが製作しているからかなあ。
監督のD.j.カルーソーは最近では「テイキング・ライブス」などを撮っています。


音楽はミニマルで繊細な音作りを得意とするトーマス・ニューマン。

本作品はいつものミニマル・ミュージック風なトラックに加えて、ダークなジャズっぽい曲、インダストリアル風トラック等が散りばめられていますが、
一番の目玉は6曲目のアシッド・ジャズ風なトラック「GLOCK SEMI-AUTOMATIC」でしょう。
こんな曲も書けるんですね。

全体的にダークなトーンが支配していて、ちょうどマッシブ・アタックが音楽を担当した「ダニー・ザ・ドッグ」に似ています。

あまり楽しいアルバムではありませんが、アンダースコアとしてはなかなかの出来です。
劇中主人公が吹くトランペットをイメージした曲もあります。

例によって1曲1曲の演奏時間は短く、47分のアルバムに23曲が詰め込まれています。
もうちょっと聴きたいと思ったところで曲が終わっちゃうのは、この人の特徴ですね(笑)。



Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。