サウンドトラック秘宝館

スコア盤を中心に紹介する、ちょっと(ちょっとじゃないかf^_^;))マニアックなサントラレビューです。


テーマ:

kiss


本来、スコア盤を紹介するブログなのですが、歌モノで意外な掘り出し物があったので・・・・。



パリでフランス女と恋仲になった婚約者を取り戻す為、パリへ飛んだアメリカ女性が、
途中で出会った中年フランス男と一緒に婚約者を探し始めるというストーリー。


ありがちなラブ・コメディですが、ローレンス・カスダンが監督しているところがミソ。
この監督、「ワイアット・アープ」とか「白いドレスの女」等を撮った人で、こんなライトな作品は珍しいです。

主演はメグ・ライアン、ケヴィン・クライン、ジャン・レノ、ティモシー・ハットン。

音楽は「ワイアット・アープ」、「わが街」等、カスダン監督とのコンビが多い、ジェームズ・ニュートン・ハワード。


スコアはラヴ・テーマ1曲ですが、その他の歌モノがフランスをオール・ロケで縦断するストーリーに見事にハマッています。
シャンソンの名曲をアレンジで聴かせる曲等もあり、フレンチな香りが漂います。


個人的に目を引いたのが、ビューティフル・サウスの「ドリーム・ア・リトル・ドリーム」のフランス語バージョン。
このバンドはイギリスのギターバンド「ハウスマーティンズ」のボーカリストPaul Heatonが結成したバンドです。


シニカルでウィットに富んだ曲作りが受けて本国では絶大な人気を得ているのですが、残念ながら日本での人気は今ひとつです。

ここではメンバーの女性ボーカリストBriana Corriganがフランス語で歌っています。

(Briana Corriganは「When My Arms Wrap You Around」というソロ・アルバムを1枚出していますが、
こちらも素晴らしいのでBeautiful Southに興味のある方は是非どうぞ。)



この他にも聞き所が満載です。


1曲目にはアイルランドの吟遊詩人ヴァン・モリソンの87年のアルバムの中の曲が入っていたり、


5曲目にはミュゼット風のアレンジでトゥーツ・シールマンスのブルース・ハーモニカが入っていたり、


12曲目には90年代のワールド・ミュージックブームの際に人気沸騰したフランスのストリート・バンド「レ・ネグレス・ヴェルト」の曲が入っていたり・・・



こんな盤が出ていたとは、ラブ・コメのサントラもあなどれませんね。
これが中古で200円・・・・、いい買い物をしちゃいました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

galactica


1978年の大ヒットテレビシリーズ「宇宙空母ギャラクティカ」の最新作。


2003年作品で、製作はオリジナルと同じくグレン・A・ラーソンが担当、エドワード・ジェームス・オルモス、メアリー・マクダネル等が主演しています。



内容は、機械人間サイロンとの戦いから40年後の世界を描いており、
急速な進化を遂げ再び人類に攻撃を仕掛けるサイロンに、宇宙空母ギャラクティカが立ち上がるというものです。


本編はオリジナルの「ギャラクティカ」に比べると、わりとダークでシビアな感じですが、
スター・ウォーズのパクリと言われたオリジナルに比べるとグッと大人っぽい作りになっています。


映像のリアル感もTVシリーズとしては高水準で、かつて「最中(もなか)」のようだったギャラクティカも今風にリモデルされています。



音楽は「I SPY」「BARBERSHOP 2」のリチャード・ギブス。
アメリカの一風変わったロック・バンド「オインゴ・ボインゴ」の元メンバーです。
このバンドは「バットマン」のダニー・エルフマンが率いていたことでも有名です。



メインテーマは、オリジナルの有名なファンファーレ調のテーマ曲は使用せず、
エスニック・パーカッションや和太鼓を基調としたリズム主体の音作りです。


音のない宇宙空間での戦闘シーンのバックに、オリエンタルなパーカッションだけがドコドコと流れるシーンは、とても新鮮なインパクトがありました。
あえてオリジナルのテーマを使用しなかったのは正解だと思います。
シンプルながら、この曲だけで十分インパクトがあります。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

sin


アメコミが原作のロバート・ロドリゲス監督の新作。一部では原作そのままの世界が展開されるとか。
原作者のフランク・ミラーやクエンティン・タランティーノも共同で監督しているようです。



主演はかなり豪華です。ブルース・ウィリス、イライジャ・ウッド、ベネチオ・デル・トロに「ダーク・エンジェル」のジェシカ・アルバ、「メン・イン・ブラック2」のロザリオ・ドーソン、ジョシュ・ハートネット、ミッキー・ローク、ルトガー・ハウアー等々。



音楽は例によってロドリゲス本人が担当している他、グレアム・レヴェル、ジョン・デブニーによるスコアがそれぞれ収められています。


意外なことに全体を通してグッとトーンを抑えたダークで暗いスコアです。「スパイ・キッズ」あたりの音を想像するとがっかりするかも知れません。


本編を見た訳ではないのでなんとも言えませんが、あまり楽しいスコアではなく、明確なテーマらしきものも見あたりません。


アクションシーンのための音楽というのはほとんどなく、むしろサスペンスを盛り上げるような音作りです。
よって、全然「燃え」ません。全体的にもや~っとした印象です。

本編と併せて観ないと良さが分からないタイプの音楽ですね。


しかし、映像の方はかなり期待が持てそうです。

早く観たい♪

他にFlukeによる演奏のデジ・ロックっぽい曲が1曲入っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

blaa

 

 ソマリアにおけるアメリカの軍事介入の失敗を描く実話に基づいた映画化。
数百人のソマリア人と18名の米軍兵士の死者を出すという壮絶な軍事作戦を「グラディエーター」のリドリー・スコット監督がスタイリッシュな映像で描いています。

 

史実をそのまま淡々と描いたような作品で、当然、ヒロインというようなものは存在しません。
まさに汗くさい「男の映画」です。

 

本編の3分の2が戦闘シーンという、とにかくドンパチやる映画です。
RPGの水平撃ちもガンガン出てくるし。

 

主演はジョシュ・ハートネット、ユアン・マクレガー、 トム・サイズモア(兵隊が似合いますね、このおっさん。最高です。)、サム・シェパード、エリック・バナ、ジェイソン・アイザックス。
結構豪華です。しかもオーランド・ブルームまで出ているというオマケ付き。

 

音楽はリドリー・スコットとは「ブラック・レイン」以降5度目の仕事となるハンス・ジマー。
デジロック風な打ち込みもあれば、ロック・ギターやフィドル、モロッコのクンバス・ギター、和太鼓などを使って多国籍な雰囲気を出したり、いろんなことをやってます。

 

スコア全体のまとまりは薄いですが、12曲めから13曲めと静かに盛り上がる部分は、実にハンス・ジマーらしい展開です。

ソマリアのシーンでは、セネガル出身のシンガー、バーバ・マールのボーカルがフィーチャーされ存在感を出しています。

 

 

ハンス・ジマーの曲以外には、ラシッド・タハ、リサ・ジェラード、ジョー・ストラマー&ザ・メスカレロスの曲が入っています。

この中では、特にラストで流れるジョー・ストラマー&ザ・メスカレロスの「ミンストレル・ボーイ」が秀逸です。

アイルランド民謡をアレンジした曲で、戦地に赴き、そのまま帰らなかった兵士の事を歌っていますが、
故人となってしまった元クラッシュのボーカリスト「ジョー・ストラマー」本人のことが重なっちゃって、思わずグッときてしまいました。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

racing

 

競走馬になりたいシマウマが主人公のファミリー向けほのぼのコメディ。

シマウマ版「ベイブ」という感じです。

「ベイブ」でも使われてましたが、アニマトロニクス技術を駆使して動物たちの表情や動きを上手く表現しています。

 

監督は、1998年のアニメーション「キャメロット」のフレデリック・デュショー。

キャストは知らない人ばかりです。

 

音楽は、マーク・アイシャム。もともとはジャズ系のトランペッターだったと思いますが、

ロックや映画音楽にも造詣が深く、「パブリック・アイ」や「リバー・ラン・スルー・イット」等、いい作品を多く残してます。

 

今回もスポ根ドラマのサントラのような高揚感のあるスコアが顔をのぞかせるなど、まずまずのスコアです。
マーク・アイシャムは基本的にハズレがないですね。

 

アルバムの最初と締めくくりには、スティングとブライアン・アダムスが曲を提供しています。
特に、1曲目のスティングの方がお気に入りで、

アフリカの原住民が使うような「ビヨ~ン」という音のする楽器を使ってサバンナの雰囲気をうまく出してます。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。