娘に自立してほしい | 母も娘も『私がわたしの世界いち』心屋♡母親カウンセリング(お子様の摂食障害・不登校など)

母も娘も『私がわたしの世界いち』心屋♡母親カウンセリング(お子様の摂食障害・不登校など)

たくさんのブログの中から訪問して頂きありがとうございます。
私と一緒に心のブレーキを外して生きづらさを手放していきませんか?

*心屋リセットカウンセリングマスター
(心屋塾マスターコース34期2015年卒)

心屋認定カウンセラー

 
じゅんです。
 
 
image
 
 
娘のことで大変だった時期に
私がいないと生活がままならない娘に
私は早く自立してほしいと思っていました。
 

 
この時の私が思っていたのは
日常のことが自分で出来て
経済的にも親を当てにせず自分でやっていけること。
 
 
 
でもそれは今思えば
自立じゃなくて自活でした。
 
 
 
 
自立とは、
 
自分がやりたいことを自分で見つけて
自分で決めて
自分で行動すること。
 
 

 

 
 
子供の摂食障害という出来事の最終目標って、
 
親と子がそれぞれ本当の意味で
自立していくことだと今は思っています。
 
 
 
 
 
 
 
そう、お母さんもです。
 
 
なぜなら
自分の気持ちを無いことにして
子供や他の家族を優先して生きてきて
「自分」を置いてきぼりのお母さんが多いから。
 
 
 
それぞれの自立が母娘の関係性を
お互いの信頼に満ちた
とても楽な関係に変えてくれます。
 
 
 
娘が完治して5年ほど経つ今、
 
私の中でこの感覚はとても強いです。
 
 
 
image
 
 
以前の私は、
 
娘が傷つけば
(私から見て傷つくだろうと思えば)
自分も同じように傷ついたと感じ
 
 
娘に命の危機を感じたら
自分には何にも無くなってしまうような
足元をすくわれるような気がして
とてつもなく恐ろしかったです。
 
 
 
 
 
今の私はというと
何かあればもちろんいろんな感情は出てくるだろうけど、
 
自分が無くなってしまうような感覚はありません。
 
 
 
この違いは私の中でとても大きいです。
 
 
 
娘の人生に自分をかぶせ思い通りにしようとし
自分の人生に娘を巻き込むことで
自分の存在価値を見出して安心してたんだろな。
 
 
 
image
 
 
 
目標は
お母さんの自立と子供の自立♡
 
 
 
子供のことは子供自身の力を信じて任せ、
(どうせ思い通りにならないし
思い通りになった方が危険・笑)
 
 
 
お母さんが、
 
自分がやりたいことを自分で見つけて
自分で決めて
自分で行動すること。
 
 
ここはがんばってほしいな♡