誰かみたいになろうと思えば思うほど | 母も娘も『私がわたしの世界いち』心屋♡母親カウンセリング(お子様の摂食障害・不登校など)

母も娘も『私がわたしの世界いち』心屋♡母親カウンセリング(お子様の摂食障害・不登校など)

たくさんのブログの中から訪問して頂きありがとうございます。
私と一緒に心のブレーキを外して生きづらさを手放していきませんか?

*心屋リセットカウンセリングマスター
*コーチ・アヤコ式(R)認定カウンセラー

こんにちは!
 
心屋認定リセットカウンセラー
じゅんです 花
 
 
 
私たちは誰もが生まれる時
 
なんの思い込みも持たずに生まれてくる。
 
 
image
 
 
 
頑張るとか
我慢するとか
人の役に立つとか
成功しようとか
優劣とか
 
そんなこと
ひとつも握っていなかったはずなのに
 
 
 
 
 
私が我慢すれば
 
私がやらなければ
 
私が頑張らなければ
 
このままじゃダメ
 
自分はダメ
 
 
いつからそう思うようになったんだろう。
 
 
 
 
いつから誰かみたいにならなくちゃって
思ったんだろう。
 
 
 
 
いつ
それを採用しようと自分が決めたのだろうね。
 
 
 
いつから
そうしなければいけないと思ったんだろうね。
 
 
 
 
 
 
持って生まれたものがこうだからって決めつけて
 
誰かみたいにならなくちゃと
私はずっと思ってたけど
 
思い込んでただけで
思い違いだったなぁって今は思う。
 
 
 
 
 
自分で掴んだものだから手放せるはず。
 
手放していいんだよね。
 
 
 
自分で採用したものだから
採用し直せばいい。
 
 
 
 
 
心屋のカウンセリングは
 
リセットカウンセリングです。
 
 
 
 
いつからか記憶と共に握って
思い込んだ大前提を
書き換えていく。
 
 
 
 
 
そうするとね、
同じ現実が違って見えて…
 
いつのまにか
現実そのものが変わってくる。
 
 
 
 
 
image
 
 
 
先日のあるクライアントさんの言葉です。
 
 
 
保母をしていた
お母さんみたいに…
 
おっとりしていつも優しい
お姉ちゃんみたいに…
 
怒らずいつもジャッジしない
旦那さんみたいに…
 
 
 
そうならなくちゃと頑張って生きてきた。
 
 
自分のままじゃダメと思って苦しかった。
 
 
 
 
 
 
お母さんが保母さんだった…
 
そりゃお母さんのやること言うこと全てが
子育ての正解って思っちゃうよね。
 
 
 
 
そうじゃなくても子供って、
 
お母さんが正しくて
そう出来ない自分が悪くて
間違ってるって思ってしまいがちだもの。
 
 
 
 
ずっと自分を否定して生きるって辛いよね。
 
 
 
私もずっと
このままの自分はだめで
 
誰かみたいにならなくちゃって
生きてきたからよくわかる。
 
 
 
でもそうやって生きてきて
 
自分が自分を一番否定して
傷つけてきたんだよね。
 
 
 
 
だめだめな自分のままでいいなんて
思ってもみなかった。
 
 
私はわたしを大事にしていいって
知らなかった。
 
 
 
 
誰かみたいにもうならなくていいよ~、
ならないで、
 
なれないし にやり。
 
 
今のままでとっても素晴らしいからキラキラ
 
 
 
 
誰かみたいにって思えば思うほど
本来の輝きが消えちゃうよ、
 
逆だよ。
 
 
 
 
 
ここまでいろんなものを握ってきたのは
そうする理由があったからで
あなたが悪いんじゃない。
 
 
 
今もしも苦しいのなら
 
それがもう必要ないって教えてくれてるんだから
手放して書き換えていけたらいいねブルー音符
 
 
 
 
 
 
googleバッジ対面セッション(名古屋市)
 
googleバッジ電話セッション
 
 
受付中です。
詳細はこちらです下
 
 
 
 

やまとじゅん*心屋認定カウンセラーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ