タイトル:若葉色のカルテット

メーカー:Lump of suger

発売日:2019年8月30日

公式サイト:https://www.lumpofsugar.co.jp/product/quartet/index.html

 

Hシーン数:16(各キャラ4)

プレイ時間:15時間

プレイ√:アイ→都→ソフィア→ひより

 

 

 

 

Lumpさんの絵師はやっぱふみたけ先生だなー(しみじみ

と期待に胸を膨らませていた今作!

 

 

 

若葉色と銘打っているだけあって、キャラクター達の若さ(青さ)が際立つシナリオ

 

無鉄砲だったり純粋だったり、若いな…と思える行動がしばしばで、

ここがプレイする側にとっては苛立ったりするかがシナリオ評価の分かれ目かもしれない

 

自分は「あぁこんな時代もあったな…」としみじみとプレイ出来たので良いんじゃないかなーとは思います。

 

 

 

一番の魅力は何と言ってもキャラクター

 

共通√で各ヒロインの性知識があらわになる会話があったけど三者三様で、全く知識のない疎い子~性知識に寛容な子まで様々

いやぁこの時の性知識の上下関係がまさか…

 

 

 

 

ひよりちゃんカワイイ

 

恋は人を盲目にするから、時には間違う事もあるかもしれないけれど

愛し合う二人ならきっと乗り越えていけるはず

 

 

まぁ、そんな作品でした。

 

 

 

私的には、こうしてまた思い入れのあるLump of sugerさんの作品を萌木原ふみたけ先生原画で、

しかもEDがKiccoさんな作品をプレイ出来ただけで感無量でした(´;ω;`)