メーカー:CLOCKUP

公式サイト:http://clockup.net/dd/

批評空間:http://erogamescape.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/game.php?game=27614#ad

プレイ時間:10時間

Hシーン数:34(内○○シーンは5)

 

 

 

一度は○んだはずが生き返っていた。

生き続ける為には指定された(どう見ても人間にしか見えない)幽霊を○す事。

 

という発売前からGANTZのような設定で話題になっていた今作

 

まずOPムービーがかっこいい!

 

 

主人公が変身していて、謎の敵と戦っておる!

 

GANTZのような設定もあって、アツいバトル物になるかなぁとワクワクしていたし

体験版をプレイした段階で、幽霊は強い残留思念を持つ元人間かな。と思っていたので…

 

いつも憎まれ口を叩くけど非日常になった現実の中での唯一の日常である幼馴染が

いつ幽霊となって現れるのだろう

そして主人公の糧となった幼馴染に組織への報復を誓い…

 

と、色々と想像もしていました。

自己犠牲愛大好きなのでw

 

 

結局は、幽霊だったんか!はなかったけど、幼馴染との純愛に帰結するお話でした。

顔を合わせれば口喧嘩がばかりだけど、非日常となってしまった今ではそれだけが心の拠り所で、そして真実の愛に目覚める…

だからこそ、あえて最初は主人公はクズっぽい表現にしたところもあるし、そこは上手く描けていたのではと思います。

 

 

 

残念なのは、○○が足りない!

またも○○描写の緩和とか必要ないレベルでしたね

 

羊狼(眠れぬ羊と孤独な狼)もそうでしたが、最近のクロアプさんは純愛が多い

そういう作風だと言われたら終わりだけど…

 

その中で今作唯一の狂気「キルりん」

なぜか主人公を盲目に愛するキルりん(メンヘラ)

ゴアスクと沙耶の唄とは良い趣味している

○○シーンも中々に狂気染みていて、見ていてワクワクしましたね()

 

キルりんルートはBAD END扱い…かは分からないw

 

 

他のヒロインは、メインの真魚以外はわりと希薄

 

ジュニアアイドルちゃんのルートはなかったのが一番残念だったな…

 

 

 

まとめると、世界観の良い純愛抜きゲーのような感じ

シナリオにも拘るなら、もっと深くしっかりと作って欲しいなと思いました

 

あまり褒めてるように見えないけど、クロアプさんはプレゼンスからずっと好きなので

これからも応援していきます。