電磁波の害 | 自然治癒力研究所のブログ

自然治癒力研究所のブログ

心と体の癒しのブログです。


テーマ:

 船瀬俊介 ホットジャーナルからの抜粋です。

 

◆携帯使用で脳腫瘍

 

 イタリアの最高裁は18日までに、仕事で携帯電話を長時間使用したことが脳腫瘍の発症につながったとの北部に住む男性(60才)の訴えを認め、全国労働災害保険協会に労災保険の支払いを命じる判決を下した。

同国メディアが報じた。

 訴えによると、男性は2002年までの12年間に仕事で1日5~6時間、携帯電話やコードレス電話を耳に当てて使い続けた結果、頭部左側に良性の腫瘍ができ、手術を受けた。
 判決は、長年にわたる携帯電話使用と脳腫瘍発症の因果関係を示した、スウェーデンの学者らの研究結果について「信頼性が高い」と認定。携帯電話の使用は腫瘍の「少なくとも原因の一つと言える」とした。
男性は1審で敗訴。2審では勝訴し、協会側が上告していた。(共同)

 最近はニュースや雑誌等でも多く取り上げられているとおり、スマートフォンの普及による携帯電話の電磁波健康被害が話題になっています。
 もちろん携帯電話に限らず、今の世の中は電波塔や家電製品全般を含めて電磁波だらけの世界であるのですが原発のことや放射線のことを日本人が今までほとんど知らなかったように、この電磁波についての正しい知識やデータも、日本では意図的に一般の人々には知られないように隠されてきました。

 そのため国民が知らないことを良いことに日本では企業をはじめ、政府も電磁波防御に対する具体的な方針や対策は一切行われていません。日本は電磁波に関しては無法地帯の国家となっています。

 その背景には、冒頭のニュースのように電磁波と健康被害の因果関係を知られたら、最終的に自分達の訴訟問題にも繋がってしまうことを恐れている家電メーカーや電話会社、電力会社の利権を含めたお金の問題が絡んでいるからです。
だから日本においては電磁波に関しては自分で知識を身につけ自分の身は自分で守るしかありません。

 食料支配における健康問題と同じくらい電磁波問題は重要なことで、ちょうど今年7月号のザ・フナイの記事で電磁波に関する寄稿した記事の一部を以下に転載します。
長いですが是非ともご一読頂けたらと思います。
 

知られざる電磁波の脅威とイルミナティカード(「ザ・フナイ7月号」)

 

―――――――――――――――――
第一章:電磁波が飛び交う現代日本
―――――――――――――――――
 2012年5月22日、自立式電波塔としては世界一の高さを誇る東京スカイツリーがオープンしました。
オープンから1週間連続で1日の来場者数が20万人を超えるなど、首都圏の新たなランドマークとして大変大きな盛り上がりを見せています。
この人気沸騰を見越して東京・墨田区では、年間約880億円の経済効果を見込んでいるというので、地元の人々からはしばらくの間は嬉しい悲鳴が続きそうです。
 しかし、こういったメディアが報じている華やかな話題とは別に、周辺住民の中にはこの東京スカイツリーの存在を危惧する声も出ています。
中でも最も多い声としては、東京スカイツリーのアンテナから発射される電磁波の周辺住民への影響です。

 東京スカイツリーのホームページでは、発射されている電磁波は過去50年以上にわたる国内外の電磁波研究データをまとめた電波防護指針を遵守した安全で安心な電波であると伝えていますが、一方でオーストラリアのシドニー郊外に建つテレビ塔の電磁波の影響を調べたホッキング論文では、1972年~1990年の期間にテレビ塔周辺に住む14歳以下の子どもの健康を調べたところ、他の地域に比べて小児急性リンパ性白血病リスクが2.74倍であり、統計的に有意であったいうデータもあります。

 そうすると世界一の電波塔と聞こえはよいですが、それは電磁波の強さも世界トップレベルであることを意味しており、いくら安全だと言われても周辺住民の中で不安に思う方がいることも頷けます。
ただし、今の世の中は必ずしもテレビ塔だけが電磁波を発信する脅威の存在ではありません。
東京にいたっては、携帯電話の基地局がおよそ600mに1台ほどの間隔で設置されており、見えない地下にも無数の送電線や配電線、それに変電所などが存在しています。

 さらに身近なもので最も電磁波を発信する存在としては、ご存知のとおり携帯電話があります。
2012年2月21日、総務省が四半期単位で更新している「電気通信サービスの加入契約数等の状況」における2011年12月末時点の値を発表したところ、2011年12月末時点で携帯電話とPHSを合わせた加入件数は1億2986万8000件であることが明らかになりました。

2010年国勢調査における日本の総人口は1億2805万7352人(確定値)であるので、初めて加入件数が総人口を上回り、論理上は国民全員が携帯かPHSを所有している状態となっています。

 もちろん実際は仕事とプライベートで一人が複数台所有したりしているので国民全員が携帯電話などを所有しているわけではありませんが、それでも大人は当然ながら、高校生もほとんどが携帯電話を日常生活で使用しており、最近では中学生でも半数、そして小学生でも二割程度が携帯電話を所有している時代であると言われています。

 原発事故以来、健康への悪影響として話題となっている放射線も電磁波の一部になるのですが、「放射能は怖い」といって必死に子供の被ばく対策をしながらも「安全(防犯)のため」といって子供に平気で携帯電話を持たせていることには、何か矛盾を感じるような気もします。

 ただ、どうしても目に見えない存在に対してなかなか意識が向けられないのは人間としては仕方がない部分でもあり、原発事故のように自分達の身に火の粉を降りかかるような事態になってからではないと電磁波に対する意識も高まらないのかもしれません。

 また、欧米では「21世紀の公害」とまでいわれるほど国が主導となって電磁波への予防策を立てているのに対し、日本では対策はおろか電磁波と健康被害に関する情報ですらほとんど出ていないことも影響しているかと思います。

―――――――――――――――――――
第二章:身のまわりの電化製品と電磁波
―――――――――――――――――――
 「電磁波」と聞くと一般的には携帯電話やパソコンから発信されているイメージが強いですが、当たり前のように生活に関わっているほぼすべての電化製品から電磁波は発信されています。

家庭の中を見渡しても大型テレビにオーディオ類、電子レンジや蛍光灯、他にも女性が長時間使うドライヤーや男性が毎日使う電気シェイバーなどからも人体にとって悪影響を及ぼす電磁波がたくさん出ています。

 そして、家電の中でもダントツに電磁波の影響が強いのがIH調理器です。ある週刊誌が独自で行った家電の電磁波調査によると、電磁波が比較的高いと言われているノートパソコンでもキーボード上で25ミリガウス程度の電磁波ですが、IH調理器は10センチの距離でも80~370ミリガウスという驚異的な電磁波を出しています。

 IH調理器は女性の腹部にあたる位置が多いので特に妊婦の方は要注意です。
妊娠中はあまり使わないに越したことはないですが、どうしても使う場合でも加熱中はなるべく離れるなどの対策が必要となります。

 こう考えると家の中は電磁波の檻のような印象を受けますが、一歩家の外に出たからといって安全であるとは限りません。
意外に知られていない電磁波の影響として車の中の電磁波があります。

ナビシステムを搭載した車は、ダッシュボードの前からパソコン3台分の電磁波を出しているといわれています。

 また冒頭に述べたように、電波塔や携帯の基地局、それに送電線など至るところに電磁波存在しているため近代社会ではどこにいってもその猛威から逃れることはほぼ不可能に近い状態となっています。
ただ放射能による健康への被害の影響が「被曝量」×「時間」であるといわれているように、電磁波による健康への被害の影響も「被曝量」×「時間」となります。
そのため後ほど説明しますが、マイクロ波(高周波)などの粗い波長を出す電化製品であれば、ある程度距離と時間で被曝量を軽減できるので、電化製品はなるべく人体からは遠い距離で短時間使用するように工夫する必要があります。
ただ健康被害への影響が「被曝量」×「時間」であるのにも関わらず、日本人のほとんどの大人、そして電磁波の影響を受けやすい子供までもが肌身離さず持ち歩いているのが前述した携帯電話です。
例えとしては適切でないかもしれませんが、ある意味これはセシウムなどの放射性物質をポケットやカバンに入れて持ち歩いているようなものです。

 海外では携帯電話の使用に関する規制は政府主導で年々厳しくなっています。
イギリス文部省は
「16歳以下の児童は緊急時を除いて携帯電話の使用を控えるように」
と2000年に通達し、子供をターゲットにした携帯電話の宣伝は控えるなどの勧告をしています。
バングラディッシュにいたっては、16歳以下の携帯電話の使用が禁止になっているほどです。他にも携帯電話の使用に一定の条件をつける国が年々多くなっていますが、昨年にはついに基準が甘いと言われているWHO(世界保険機関)までもが、携帯電話とガンの関係性について認めるようになりました。

 近年になって、ようやく日本でも新聞や雑誌などの一部のメディアでも電磁波における健康被害を取り上げるようになりましたが、それでも諸外国のように国が主導となって規制や対策に動く気配は、まったくありません。
当然ながら子どもへの使用禁止などを呼びかける声も出ませんし、逆に子供にも率先して持たせるような広告・宣伝が目立つようにも思えます。

携帯電話の本体の開発にも電磁波の強度における規制は一切ないため、その事情を知っている欧米の人々は、日本製の携帯電話は危険なので使うのを避けているとも聞きます。

 最近の携帯電話は、ほとんどの機種がスマートフォンタイプになっていますが、これはパソコンと携帯電話をかけあわせたようなものであり、従来の携帯電話に比べてさらに数段と電磁波の影響が強いようです。

 専門家から見れば、恐ろしくてとても使えないほどのレベルのようですが、日本では急速に普及が進んでおり。2010年には携帯電話ユーザーの10%程度だったスマートフォンの普及率も、来年2013年には80%ほどまでに到達する見込みとなっています。
とはいえ今更携帯電話を使わない生活をするのには抵抗がある方がほとんどであると思いますので、可能な限りは「被曝量」×「時間」を意識してポケットに入れない、長時間の使用を控えるなどの対策をとってほしいと思います。

 また、今回ご紹介している携帯電話と発ガン性に関する新聞記事の中には「予防策としてマイク付きイヤホンの使用…」という一文がありますが、これはまったくの逆効果であるそうなので厳重な注意が必要であると、工学博士であり電磁波問題の世界的な権威者である増川いづみ博士は講演等で伝えています。

 イヤホンだと電磁波がそのイヤホンの部分に集中(濃縮)されてしまうので、通常よりも5倍~10倍近い電磁波が耳を通して人体(脳を中心)に直接影響を及ぼすそうです。

これはiPodなども同じで、イヤホンで音楽を聞いているのも同じ影響が出るそうです。

 これらは難聴や耳の障がいになりやすいようなので、イヤホンを頻繁に使っている方は今後十分にご注意下さい。

また、目覚まし代わりに枕元に携帯電話を置いている人も多いようですが、これも睡眠に大きな悪影響を及ぼすので枕元はもちろん、なるべくなら寝室には携帯電話やパソコン類も置かない方がよいみたいです。

 そして電磁波だらけの今の世の中で生きている限りは、一日で衣服にも大量に電磁波が吸着されてしまうようなので、どんなに遅くに帰宅しても寝る前は必ず寝巻きに着替えることを心がけた方がよいと思います。

―――――――――――――
第三章:電磁波とは何か?
―――――――――――――
 さて、これまで電磁波は人体に悪いと伝えてきましたが、電磁波には種類がたくさんあるため必ずしもすべてが人体に悪影響を及ぼす電磁波とは限りません。
現在は放射線の問題が注目されていますが、この放射線も電磁波の一部でありますし、放射線一つにしても自然の放射線と人工の放射線に分かれていたりと非常に複雑です。

 そこで増川博士が、自身が代表を務めている企業ホームページに、電磁波の分類や危険性の説明を少年と電磁波博士の対談形式で分かりやすくまとめた情報を掲載されているので本人の許可を得て引用させて頂きます。

◆電磁波の基礎教室

少年:
「電磁波って、いろいろあるの?」

博士:
「そう、電磁波は自然の中にもあるよ。例えば、ガンマ線やエックス線といった放射線や、紫外線、可視光線、赤外線、遠赤外線といった光の仲間も、電磁波なんだよ。」

少年:
「えっ、知らなかった!」

博士:
「この自然の電磁波のほかに、携帯電話やテレビ、ラジオなどに使われている電波の種類で、マイクロ波(高周波)、超短波、短波、中波、長波、 超長波があるし、高圧送電線や家電製品からも超低周波(ELF)という電磁波が出ているよ。」

少年:
「そうか。いろんな種類があるんだね。だけど、自然の中にもあるものだったら別に心配ないよね?」

博士:
「いや、そうともいえないよ。自然界にある電磁波だって、原爆の放射線に含まれるガンマ線やレントゲン撮影の時のエックス線、皮膚ガンの原因といわれる紫外線などは、とても危険だ。それに人工の電磁波は通信技術が発達して、IT化が進んだこの数十年で急激に大量に浴びるようになったからね。どんな影響があるか、わかっていないうちに電磁波漬けになっているようなものだよ。」

少年:
「電磁波って、体にどんな風に影響するの?」

博士:
「電磁波の影響は、第二次大戦にレーダーが開発されて、レーダー装置に携わる人たちへの影響が心配されはじめて、欧米で研究されるようになったんだよ。その結果、電磁波には次の三つの作用があることがわかってきたんだ。

(1) 刺激作用
(2) 熱作用 
(3) 非熱作用

【刺激作用】というのは、感電した時のビリビリ、チクチクした感覚だね。低周波治療器は、一般的にこの刺激作用を利用しているんだよ。
【熱作用】は、温度が上昇する作用をいうんだ。電子レンジは、マイクロ波(高周波)のこの熱作用を使っているが、携帯電話も高周波と超低 周波を混ぜ合わせた変調電磁波を使っているので、長く話した後は、耳のあたりが熱くなったりすることがある。だから、イギリスのサンデータイムズ紙は1996年 “ 危険!携帯電話があなたの脳を調理する! ” というショッキングな記事を掲載したことがあるんだ。」

少年:
「えー!何だかコワイな。」

博士:
「マイクロ波にはホットスポット効果があるといわれている。これはものの中心に電磁波が集まり、温度が上がることをいうんだが、携帯の電磁波で、人間の脳や眼球、睾丸が熱せられているかもしれない、といわれている。人間の体温は、1~2度上がるだけでも大きな影響を受けるからね。」

少年:
「三番目の【非熱作用】って、どういう意味なの?」

博士:
「【刺激作用】と【熱作用】は、人間が感知できる作用だが、【非熱作用】はそうではないんだ。この【非熱作用】が電磁波問題の一番のポイントだね。最近の研究では、超低周波磁界と呼ばれる電磁波の比熱作用が一番危険だといわれている。身体の深部にまで届いて、遺伝子を損傷したり、メラトニンなどの脳内ホルモンの分泌を低下させたり、ガンや白血病の発生率を増加させたり、という影響を与えることが報告されているよ。」

少年:
「ふーん。人間の体の深い大事なところでたくさんの影響が進んでいるかもしれないんだね。」
(転載終了)

 この会話でも出てくるように、電磁波の中で最も人体に悪影響を及ぼすのは「超低周波(磁界)」という電磁波のようです。

増川博士は、この超低周波について、さらに詳しく自然の超低周波と人工の超低周波にわけて説明しています。

これは自然の放射線と人工の放射線でも共通する内容だと思えます。


◆超低周波について

 超低周波には人工波と自然波の2種類があります。
超低周波とは、生体内から発している、私たちが普段何も電気性を感じない微弱な電気に似したものです。
 本来太古の地球は地磁気で覆われ、宇宙からの強い放射線帯から守られていました。
そのうち超低周波だけが深海までも届き、ミクロの生物を育んできました。
それらのミトコンドリアに共振して、細胞の複雑化に関与し、魚類から長い期間を経て哺乳類へと進化の一端を担ってきたのです。
 自然界の最後の産物である人類の細胞内にもミトコンドリアが、生命活動にとって今なお重要な役割を持っています。

自然界の超低周波は人工的に作られたデジタルな波と違って、生命を維持するための優しいリズミカルな波を持っています。
 一方、高圧送電線やあらゆるアンテナ類、通信機器類から発せられる超低周波は、自然界の超低周波にどこまでも近似しているため、生命波に共振して細胞の深部まで透過しやすいのです。
 しかしながら実は全く異質な信号を持っているため、生命の根幹部分に触れ細胞に損傷をもたらしてしまうのです。

 この超低周波が、脳の松果体の出すホルモンに大きな悪影響を及ぼすことで、あらゆる体調不良の原因に繋がるそうです。
特に脳内ホルモンの親玉でもある「メラトニン」は、超低周波によって10分の1程度に減少してしまうそうです。
このメラトニンは、人間の健康維持には最も大切なホルモンの一つであり、これが減少すると主に以下のような症状へと繋がるといわれています。

・体内時計を異常となり、睡眠障がい、気分障がい(うつ病)の要因となる
・ガン細胞などを抑制するNK(ナチュラルキラー)細胞が減少する
・人間らしさの感情がなくなり無表情になったりする

 メラトニンはホルモンの親玉と言われているように、これが減少するにつれて人体の主要な機能のほとんどに不調があらわれてくるようです。

もちろん、親玉のホルモンが崩れたら他のホルモンも総崩れするわけなので、思いのほか、目に見えない電磁波が現代人の体調不良や精神病などに大きな影響を及ぼしているようです。

 このメラトニンを減少させたり、遺伝子を損傷させたりする超低周波は、あらゆる物質を透過して人体をも突き抜けてしまうため、基本的には地球上にいる限り防ぎようのない電磁波です。

 これに対し、前述したように電磁波に対して規制が一切ない日本は、超低周波に関しても規制は「まったくなし」という野放しの状態です。
そのため放射能汚染も電磁波汚染も政府やメーカーが動かないのであれば、自分達の身は自分で守るという考え方を持って日常を過ごさないといけません。

 前述したようにマイクロ波などの高周波であれば、雨が降ったら傘をさすように物理的な対策である程度は電磁波の影響を防ぐことができます。
原発事故以来、今年の夏も節電が各地で話題となっておりますが、電気を節約することは電磁波からの害も軽減することにも繋がるので、是非とも可能な限りは「非電化生活」を日常の中でも取り入れたいものです。

 ただ、今一番問題になっている超低周波はもはや空気のような存在であり、こればかりは地球上にいる限り防ぐことも逃げることもできません。
そうすると対策方法もさらに一歩先の考え方を持つ必要があります。それは超低周波そのものの影響を防ぐという考えから、超低周波を浴びても人体に害がないような体作りをすることです。

 つまり超低周波を浴びてもメラトニンなどのホルモンが減少せず、遺伝子も損傷しないようにすればよいのです。
そのためには何か特別なことをするわけでもなく、まずは十分な睡眠と正しい食事をして免疫力を高めるのが一番効果的であると増川博士は伝えています。
これによって新しい細胞が出来やすくなるようです。
また休日などには、なるべく自然環境に身を置くことも電磁波から身を守るためには重要となってきます。

そして、こうやって体質を改善していくことは遺伝子の変化へと繋がり、超低周波だけの問題でなく今話題になっている放射能問題、さらには今後の地球環境の大変化の中でも必ず生かされてくるでしょう。

 

 

下記人気プログランキングのボタンをクリックをしてね。

ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o

KENさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス