感情が引き起こす体の痛み | 自然治癒力研究所のブログ

自然治癒力研究所のブログ

心と体の癒しのブログです。


テーマ:

 怒りや悲しみといった様々な感情を出来るだけ人前に出さないように小さい頃から親や学校で学びます。

このような負の感情を表にださないことは大人になると当然のことように思って、感情を抑えるようになります。

確かに感情をコントロールできずに、人前でわめき散らしたりするのはどうかと思いますが、感情を抑えるあまりに言いたいことも言えないと、その代償として、自分の体が痛みとして負うことになる場合があります。

 

 体の痛みは、単なる肉体だけの問題ではありません。

そして、体の痛みが発生する場所と、負の感情との関係がある程度つながりがあります。

これは、過去に私のブログで書いたように、負の感情による経験は頭ではなく体の細胞に記憶されるからです。

 

 

 なお、これは多くある痛みと感情の関係で、必ずしもそうとは限りませんので囚われないでください。

まら、ここには書かれていませんが内臓も感情と大きく関係があります。

 

 私たち日本人は感情を抑えることが美徳とされているわけですが、ストレス社会のおいては、心と体に大きなダメージを与えかねないだけに注意が必要です。

このような体の痛みは、病院、マッサージ、整体等に行っても一時的には軽くなっても根本からは治りません。

運動、リラクゼーション、瞑想など自分に合った感情の解放を身につけることも大事です。

また、小さい頃に感情を抑え込んでしまったトラウマなどは、瞑想などで少しずつ解放することもありますが、カウンセリングなども利用するのも1つの方法です。

 

下記人気プログランキングのボタンをクリックをしてね。

ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o

 

KENさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス