体との対話 | 自然治癒力研究所のブログ

自然治癒力研究所のブログ

心と体の癒しのブログです。


テーマ:

 「クライエント」対「カウンセラー」という形で行われる会話を用いたカウンセリングでは、どうしても、カウンセラーに対して話すことになります。

 

 カウンセラーがどんなに傾聴したとしても、どうしてもクライエントは他人なので、よほど信頼した人でないかぎりは、「どう思われるだろうか」、という気持ちが入り込みます。

 そして一度でも恥に追い詰められると限界になりシャットダウンしてしまい、トラウマ記憶を負ってしまった人は、恥の気持ちに敏感なので、カウンセラーはどう思うだろうか、という感覚が生じたとたん、それがトリガーとなって解離が引き起こされます。

 

 そうなってしまうと、心の解説者(インタープリター)が適当に体験を脚色し、解釈し、相手が望むような受け答えをし、作り話や筋の通った物語を考え出してしまうので、からだが実際に体験している情動や感覚とはかけ離れていってしまい、カウンセリングはただの茶番に成り下がってしまいます。

 

 しかし、「クライエント」とその「からだ」の二者の間で行われる身体志向のゲシュタルト療法では、クライエントの「からだ」はカウンセラーがどう思うだろうか、などと身構えずにすみます。

 クライエントがすぐに反応せず、「からだ」の声を傾聴するようになりさえすれば、「からだ」は包み隠さずに自分の体験をクライエント自身に話すことができます。

 なんだかんだいって「からだ」はクライエントの一部なので、自分のことをまったく信頼しているからです。

 

 「からだ」の一部を擬人化するのと、自然に現れる架空の話し相手はどちらも同じもので、切り離された「からだ」の一部が生み出した「こころ」です。

 それらがいずれもトラウマ治療に役立つのは、他人ではなく自分自身の一部に話しているおかげで、「どう思われるだろうか」という恥の気持ちが入り込まず、気持ちを包み隠さずに、解釈したり脚色したりせずに打ち明けられるからです。

 

 

下記人気プログランキングのボタンをクリックをしてね。

ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o

KENさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。