お尻を締める健康法 | 自然治癒力研究所のブログ

自然治癒力研究所のブログ

心と体の癒しのブログです。


テーマ:

船瀬俊介 ホットジャーナルからの抜粋です。

 

 世界一かんたんな健康法です。
しかし、普段から意識して行なっている人は極めて少ないはずです。
「元気な人」は、お尻がしまっています。
「元気がない人」は、お尻がゆるんでいます。
お尻をしめるか? しめないか? たったそれだけの違いで、人生に大きく差がついてしまうのです。

 世の中には、さまざまな健康法があふれています。
あれや、これやと手を出しては続かず、あなたは迷ってしまってはいませんか。
そこで、私は一考しました。到達した結論は、「お尻をしめる」だったのです。
これ以上、シンプルで効果がある健康法は、ほかにはありません。

 肚ができた人とは、度胸が据わった人という意味です。
何事にも動ぜず、どんな事でも行なえる人です。
なぜ、このようなことが可能になるのでしょうか?

 それは、お尻をしめると「丹田呼吸」が行なえるからです。
「丹田呼吸」は、古代ヨガや禅で指導する基本の呼吸法です。
丹田に意識を集中して、深く、長く、息を吐く。
すると、心が静まるのを実感できます。
全身は調和と平安に満たされるのです。
これが、理想のメディテーション(瞑想)です。

 この「丹田呼吸」は、いまやアメリカのペンタゴン(米国防総省)でも320万人の兵士、職員のトレーニングとして採用されています。
また、NASA(米航空宇宙局)でも導入されさらにアメリカの心理学界では、この「丹田呼吸」こそ、「能力開発」(PP・ピーク・パフォーマンス)のベストの方法だと認定されているのです。

 私自身も、毎日お尻をしめて、「丹田呼吸」をしています。
すると、どんな変化が訪れたかというと……

太らない、
疲れない、
毎日快便、
腰痛も肩コリもない、
見た目年齢が若い(と言われる)、
病気にならない、
くよくよしない、
いつも心穂やか、
少食、
アイデアがどんどん浮かぶ、
集中が続く、
笑顔とユーモアが溢れる …… といいことばかりです。

 これらのことを実感しているのは、私だけではありません。
私が指導している多くの方たちも、体にも心にも変化を感じているのです。
詳細は本文中の体験談「実践!お尻しめエピソード」でご紹介します。
みなさん、実年齢とは思えない若々しい声で、見た目もエネルギッシュなのです。

 お尻をしめて、深く呼吸すると……、

「背筋が伸びて姿勢がよくなる」
「理想の体形になる」
「少食になる」
「若返る」
「やる気が出る」
「疲れない」
「腰痛は治る」
「便秘も治る」
「頭がさえる」
「仕事がはかどる」……。

 どうです!いいことづくめでしょう。
さらに、

「いつでも笑える」
「イライラしない」
「感謝と感動がわく」

―― 体が変わり、心が変わると、人生が変わる…のです。

 お尻をしめることを始めて1週間くらいで、
「おっ、なんか調子いいぞ」「気持ちが落ち着いているな」という日が増え始めます。

 まずは最低1日10回、1週間、お尻をしめてみましょう。
ここから、あなたの人生が変わります。
 

 

下記人気プログランキングのボタンをクリックをしてね。

ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o

KENさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス