七草がゆでつかう春の七草

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ

のうちの野草摘みを1月6日に行いました。市内の小学校などはこの日が三学期の始業式になっていたので、午後からの開始にしました。

今日の集合も第三踏切。ここからnagomiに向かって歩きながら採取していきます。軽トラが役に立ちます。

はじめの会。

七草を実際に見ておきましょう。

さあ、ハコベラ=ハコベから採りますよ。

白い小さな花がついています。つるのように伸び広がります。

今度は、セリ。

特徴をつかんでおかないと、間違ったら大変。

セリが密集して生えています。

道から、飛び下りて採っています。

時々、きのくに線の電車が通ります。電車の好きな子もいて、忙しい!!!

初めて出会った人とも、すぐに馴染み、人への信頼感をいつの間にやら身につけていくのも、自然・子ども・教育の会の特徴です。

田んぼの中にあるようです。

どれでしょう?小さな草がまじりあっていて~

ホトケノザ➤コオニタビラコです。

寒そうですが、だれも、泣き言をいうことはなかったです。

みんな、採り始めました。

よく似ている草(キュウリグサ)などもあるので自信のない人は、確認しあいました。

次の場所に移動

これは、ゴギョウ=ハハコグサ

しかし、除草剤を撒いているエリアだったので見るだけにしました。

ナズナは、nagomiの畑から採ることにしました。

終わりの会。

ほんとうのホトケノザを見ておきました。

ゴギョウは安全なところから採ってきておいたのをもらって帰りました。

集合写真、撮り忘れたあ⤵

お寄せいただいた感想文です。

Mdさん
七草摘み、親子共々初めての体験でした。4歳の長男は、七草って何?というところからでしたが、先生の説明を聞いて知り、真剣に先生が見せてくださる七草を見ていました。これもそうかなぁと言って先生にたずねたり、草をかきわけて採ったり生き生きしている姿がいいなと思いました。帰ってから、お粥の準備を長男も一緒にしてくれ、洗ってくれました。7日の朝、お粥を食べながら、これ何の草やろなぁ、お粥に入れたらわからんなぁと言ったり、覚えた七草の名前を言ったりしていました。美味しかったそうです。1歳9ヶ月の娘も七草粥を完食しました。
七草って本当に草なんやなぁ、食べれるんやなぁと、いつも以上に家族での朝ごはんの会話がはずみました。七草粥は、いつもスーパーで七草のパックを購入したり、生協のフリーズドライでお粥を炊いていたので、自分たちで摘んだ七草をいただけて、私も今回は格別でした。
Tさんに教えてもらったビナンカズラの名前も覚え、ホトケノザを今日コオニなんやっけ、コオニタビラコや!と、親子で思い出したりしていました。とても貴重な体験をさせていただき、七草の下見や準備などもありがとうございました。
Kbさん
こんにちは。
遅くなりましたが、先日はありがとうございました。

娘はわりと本を読むのが好きで、親の私でも知らない雑学を知っていたりするので、春の七草もスラスラ言えますが、実際どんな植物なのか(私もですが汗)知りませんでした。

和田先生からも活動中に「自分でよく見ないといけない」と声をかけていただいていて、言葉だけを知っているのと 実際にはどんなものかを分かっているかは大きく違う、娘には実際に触れる体験をしてほしいと思いました。
娘は次は自分で見つけられるようになりたいと!!と話していました。

また同じ年代のお友達と楽しく探せたこともよかったようです。

弟は帰りの車の中から春の七草を唱えはじめて、言えるようになりました(笑)

他の方が仰るように先生が下見や事前に安全なものをとってきてくださった準備のお陰で、楽しく安全に活動できました。
翌日には美味しく七草粥を頂きました

ありがとうございました。
Azさん
今日もありがとうございました。娘の友達まで参加させてもらい、ありがとうございました。みなさん、お誕生日のお祝いsongまで、、、感謝です☆
娘は、行きの車中で「春の七草」の説明や、和田先生の事、山があり、nagomigardenには鶏がいたり、無農薬の畑がある事などの説明をしていました(笑)。
初めての友達も 車中では、え~っどんな場所??と声をあげていましたが、現地に着くと、走って田の周りや水路を見に行ったり、楽しそうに七草を探し採っていたので、やはり子どもは自然相手の活動遊びが好きなんだなぁと改めて感じました。
娘たち帰りに~おもしろかったなぁ!草 食べられるんやなぁ~ただの草ちゃう、春の七草やで~。。。と(笑)。

NCEG今年最初のイベント、今回も良い体験をさせていただきました。明日の七草粥 楽しみです。安心で綺麗な自然の恵みをいただきます。
Tnさん
和田先生 みなさま 今日はありがとうございました。

今年最初の活動、楽しい時間を過ごさせてもらいました。
ピリッとした冬の空気の中での活動。
良い時間でした。
和田先生が七草の説明をしてくださる時の子どもたちの真剣な顔がとても印象に残りました。

みなさんと楽しく摘んだ七草!
いつも以上に美味しくいただくことができると思います。
ありがとうございました(moon grin)

Ktさん
きのうは、「七草摘み」ありがとうございました!私もこの歳にして(何歳かは明かしませんが)初めての経験で楽しい時間でした表情にこにこ

今日は早速、学校へ持って行きました!まずは私が担当している支援学級の子どもたちに見せて「七草粥」のいわれなどを話しました。「初めて聞いたよ、これ食べられるん?」と目を丸くしていました。
その後、学校の玄関に展示しました。「この7つ覚えたことある」「毎年食べてて今日も食べるよ、でもこんな草やったん?」「草やのに食べられるん?」突っついたり触ったりして、興味深々でした。子どもだけでなく先生たちにも珍しかったのか好評でした。根付きの効果は凄かったです。

今夜、我が家は七草粥で、休肝します表情ウィンク


一日遅れとなりましたが、私の空き時間に家庭科室で七草粥を作って、支援学級の子どもたちに食べてもらいました。
みんなが「初めての七草粥」でしたが、野菜嫌いの子も、笑顔で食べてくれました表情にこにこ
これでみんなが「無病息災!」いい一年に、なるといいなあハートぴかぴかひかる

新年 明けましておめでとうございます。

昨年来、コロナ禍で大変な状況に置かれています。

年は明け、あたらしい一年が始まりました。「子どもたちや大人の思いを書初め&描き初めなどにしてみよう」と呼びかけてみました。

以下は、わたしたちの希望や願いを込めた作品です。この思いは多くの方々と共有しあえることを願う私たちの祈りでもあります。

                           どうぞ、ご覧ください。

 

     YK
    コロナウィルスで大変だけれど、こんな時こそ落ち込
    んでいないで前を向くことが大切だと思った。
 

   三密を気にせずに、みんなで
   沢山楽しいことができますように。
   コロナ収束を願って書きました。       
                        Y & A

【我が家の書き初め】
咲寧「心助」今年迎える予定の犬の名前。早く会いたい気持ち。「猪突猛進」アニメで知った初めての言葉。意味が好きだし今年の目標。
祖父母も一緒に書きました。大人は何十年ぶりかの書道になりました。
「義」いつも正しく行動できる自分であるための決意。
「春風致和」心穏やかな年になりますようにとの願いを込めて。
「謹賀新年」令和三年の新しい年を祝う。
「勝利」コロナに負けず前向きな気持ちを持って生活を。
家族それぞれの願いや目標を話し合う日にもなりました。今年も みんなの笑顔がいっぱい見られる年になりますように☆

 

「初めて家族で書き初めをしました。このような機会がなければ、やっていないと思います。ありがとうございます。NCEGでの活動は、子どもが成長するにしたがって同じイベントでも体験の仕方や関わり方が違ってきますので、これから先も楽しみながら日本の文化を体験し学んで、家庭に取り入れていきたいです。本年もどうぞよろしくお願いします。」       東さんからいただきました。

 

子どもたちが、輝くような笑顔ですごせるように。

                              和田 典子

 

M
今年は幸せな一年になりますように、という思いをこめて、

縁起のよい富士山を書きました。

 

           リンゴの木         湯川あやと

 

 

様々な制約を課せられています。中でも子どもたちに対する乱暴な「扱い」は目を覆いたくなるばかり。この国は相変わらず、子どもの権利条約など批准をしても何らその意味を理解し、現実に生かす努力をしようとしていません。ここ10年もしない間にこれまでは私たちが空気のようにしていた「自由」が制約されたり、奪われていったりしています。こんな時代を逆行することを私たちは許さず、自由がいっぱいの社会を築き直し、これからを生きる子どもたちに手渡せるように努めたいと思います。        和田 修

お鏡餅やしめ縄につかう「ウラジロシダ」を採りに行きました。予定していた12/30は天候が悪そうなので急遽一日早めての実施になりました。

みんな揃ったところでウラジロシダの山に入っていきました。

自分で登りたい!!!

おとなも、こどもも全力を出します。

むずかしいところは、たすけあって~。

今日は、山の中ではじめのかいです。

ウラシロシダのすぐそばにコシダも生えているので間違えないようにその違いなどを説明しました。

興味のあることはどんどん手を出していきます。

これくらいのウラジロシダがいいよね~

もっと、いいのないかしら~

見つけた見つけた!

ぼくのやりたいことはね~

ウラジロシダの大きな群落が広がっています。

みんな、ぞんぶんに採れたようです。

全員集合~!なんか、たのしかったよね~

ウラジロシダ採りに参加された方々からいただいた感想文です。

 

(こちらの写真は山に出発するまでの間、思い思いに活動したときのものです)

 

ykさん
今日はありがとうございました。朝から脱輪し、ご迷惑をおかけしました。先生には、助けていただいて本当にすみませんでした。
皆さんたくさん待っていただき、感謝しています。息子たちはお姉さんたちにも優しくしてもらって感動するくらい嬉しかったと喜んでいました。
シダ採りも親子で楽しく参加させてもらいました。ありがとうございました。

azさん
今日もありがとうございました。お疲れ様でした!
ウラジロ群落 キレイでした。
いろんな大きさがあるので、思いの物を見つけると嬉しかったです。久々の山の斜面もワクワクしました。空気も澄んでいて、やっぱり自然は良いですね。
今朝の集合では、みなさんとお話ができたり、子どもたちも 鶏にエサをあげたり、木登りやツルでリース台作り、笹舟、マッチで火をつける体験ができたりと、本当に良い時間をNCEGらしくゆったりと過ごす事ができました!
今年の締めくくりのイベント、参加させてもらえて良かったです。しめ縄や鏡餅に飾ります。ありがとうございました。

kbさん
今日はありがとうございました。
これでお正月が迎えられます表情嬉しい
お姉さんたちが我が家の下の子を気にかけてくれてとても助かりましたびっくりマーク
子供たちはすぐに仲良くなりますね音符

楽しかったです、ありがとうございました。

ydさん
今日は一日ありがとうございました表情にこにこ

お店で売られているものしか目にしたことがなく、自然のウラジロシダを初めて目にして感動(sparkling eyes)(sparkle)しました。
先生にウラジロシダについて教えていただいたり、(マッチ)マッチで火をつける体験をさせていただき、娘たちも喜んでおりました。

nagomigardenへの行きの道中には、マスクを少し外し空気気持ちいいっと話し、肌で感じたことを言葉に表現していました。
このような時期、マスクの生活が長くなっている生活だからこそ、自然との出会いが子どもたちの心を和ませたり、本来の五感で感じる体験がいかに大切であるかを感じさせていただくことができるんだなと思いました。

親子共々、楽しい、ワクワクする1日になりました。
先生、皆さん、楽しいひとときをありがとうございました

12月に入り気温もグッと下がり始めました。今年は秋から天候が安定していて過ごしやすい師走になっています。

今年も、お正月準備をイベントに取り上げました。今日は、しめ縄づくりや松飾りなどが内容の半日でした。

子どもたち、縄も漢字で書いてくれています!

はじめは、藁すぐりから行いました。

藁すぐりができたら、水につけます。

きれいにすぐりができていますね。

水につけた藁を木づちでたたいて柔らかくしておきます。

株元の方をワイヤーでしばります。これをきちっとしておかないと、この後の作業がうまくいきません。

しっかり見ています。

お母さんのしめ縄づくりの脇で子どもたちは、自由に過ごしています。しかし、お母さんが藁を使ってしめ縄をつくったことは、必ずこの後に子どもたちの体験に生きていきます。

このお姉ちゃんたちがまさにそれを証明しています。

しばった藁を三等分

編むことを綯う(なう)ということも覚えました。

藁の綯い方を説明していきます。

さあ、綯います!

夢中になっています。こういうことって大事ですね。

みんながしめ縄を作っています。

大人と子どもが手を貸しながら

できてきましたね。

ぼくのしめなわかんせい!

大きくなると、完成度を求め始めます。そうして手先、指先、手のひらなどの使い方を学んでいきます。

お母さんと真剣にむきあう!!

藁のあつかいに慣れてきています。

あと少しで完成。

しめ縄飾り全体の説明をしました。紙垂、ウラジロシダ、橙(だいだい)などの取り付け方。

急ごしらえですが

松飾りについても~

全員集合

みんな、立派なしめ縄をつくることができました!!!

【しめ縄の作り方】Tさんのご尽力でyoutubeで配信できました。

 

 

参加したみなさんからお寄せいただいた感想文です。

 

ykさん
今日は、しめ縄づくりありがとうございました。4歳の長男も選り分けるのを一生懸命やっていました。息子は水で湿らせて、木槌でたたいて針金を巻くところまで頑張っていました。そこからは、私のスイッチが入り、力をこめて必死になってしめ縄を綯うことはめったに経験出来ないことで、貴重な時間になりました。たくさん助けていただいて、一緒に作った思いのこもったしめ縄でよい正月が迎えられそうです。

息子は鶏にエサをやることが楽しかったそうです。焚き火の匂い、藁の感触、空気の冷たさなど、自然の中にどっぷり浸かって贅沢な時間を過ごさせていただきました。

お正月の飾りの松も苦労して集めていただいて、ありがとうございました。

いただいた藁で隣の家の方にも作ってお裾分けさせていただき、喜んでいただきました。

Sさん(小4)のしめ縄のプリントは大人の私も初めて読んでなるほど~そうだったのかとおもうばかりです。お姉さんたち、準備や後片付けも最後までやっていただいてありがとうございました。

楽しい時間をありがとうございました。

kbさん
先日は参加させていただきありがとうございました。
9歳5歳3歳で、参加しました。
皆初めての体験で9歳の娘は編むのが難しかったと話していました。
5歳の息子楽しかったと話しています。
恥ずかしながらあまり意味を考えずに飾っていところもあり、先生のお話やSさんの調べ学習のおかげで親の私自身が勉強になりした。

藁を編む姿は昔見た日本昔話のワンシーンのようだなと思いながら作業をしていました。
今時は100均でも買うことのできる物ですが自分の手で作るという貴重な体験がでました。ありがとうございました。

5歳が最後頭がいたいと話したため先に帰りましたが、自宅に帰りお風呂で温まると元気になりました。

片付けも最後までありがとうございました。

azさん
今回も ありがとうございました。
しめ縄作りの参加は久しぶりでした。できない、できないと思っていましたが、藁を綯う事に全集中、三回程やり直して(笑)、それでもまだちょっと不恰好な出来上がりでしたが、大満足です。
娘も お友達と一緒に作り、先生に手助けしてもらいながらも一人で仕上げていました。
難しかったけど 出来上がって嬉しかったと言ってます。そして、今回、しめ縄について調べ学習をし、しめ縄や飾りの縁起物について知る事ができ、親子で勉強になりました。
~読んでくれてありがとう~と伝えてほしいと言ってますので この場をお借りしてm(_ _)m。

これからも日本の風習や行事などをイベントを通して学んだり体験させてもらいたいです。そして、その事について親子で調べたり、家庭に取り入れたりし、自分のものにして 今後の学びや生活に活かしていけたらなぁと思います。
先生、大変なお天気の中、松を用意してくださりありがとうございました。松飾りをどのようにするかも楽しみになりました。Nさん、貴重な藁をありがとうございました。
お正月準備ができます。今年最後のイベント、ウラジロ採りも楽しみです。

knさん
おはようございます。

先日は、しめ縄作りのイベントに参加させて頂きありがとうございました。

久しぶりのnagomiでのイベント参加で、娘共にとても楽しみにしていました。

しめ縄作りも数回目になり、上手になったかな…と思っていたのですが、毎回何かの作業が納得いかず、来年こそは…と思う年が続いています。
前回までは娘を手伝いつつ…といった感じでしたが、今年は親が特に手伝う事もなく仕上げていました(先生やsupportersの方にはちょくちょくお世話になっていましたが)。
次回は、しめ縄+普通の縄(ロープ)の編み方もマスターしたいです。

お正月飾りについてのSちゃんのレポートも勉強になりました。
いつも当たり前のように飾っていますが、ちゃんと意味を理解して見てみると、また違って見えてきますね。ありがとうございました。

いつもイベントの調整や準備など、先生はじめ皆様ありがとうございました。

➤感想文にも書かれていた小学校4年生のSさんの調べ学習

11月イベントは恒例の木の実などを使ってのリースづくりやスワッグ、それに、ナチュラルクラフトを制作するのを楽しむことにしました。コロナの関係で密を避けるために家族数を限定しましたが、それを超える応募があったので土日の両日開催にしました。

今回は、nagomi garden周辺で採れる素材は自分で採って、あらかじめ手分けしてあちらこちらから集めて来た多種多様な素材と併せて制作します。第3踏み切りで軽トラを使ってこれまでの作品を見てもらいました。

そのため、集合を第3踏切にして、そこからみんなで木や草の実などを採りながらnagomiまで行くことにしました。

簡単にはじめの会をしました。

さあ、素材を集めましょう!

秋色のセイバンモロコシがきれいです。シックな色でした。

ナンキンハゼの白い実は大人気。

ヘクソカズラもありました。においを確かめて「くさいー」

ノイバラの赤い実があちらこちらに見つけられました。

nagomiに着いてから、今度はリースの台になるつるを採りをしました。

木にからみついているつるを力いっぱい引っ張り下ろし、根元を探り当てて切り取りました。

力を入れて採るのもたのしかったです。

採ったつるは、まるめて持ち帰るようにしました。

nagomi gardenに帰ってきました。

自分の気持ちのままに作品作りを楽しみました。

あらかじめみんなで手分けして集めてくれていた素材の数々

子どもたちもグルーガンを使いこなしています。

参加者のKさんがプレゼントしてくれた大王松のまつぼっくりを使ったナチュラルクラフト

遊びたーい

作ることよりも、ぼくらはnagomiの前の用水路に入ってあそびたかったんだ!!!

終わりの会

集合写真

第1日目の参加者の集合写真

第2日目の参加者の集合写真

お寄せいただいた参加したみなさんからの感想文です。

ysさん

今日は楽しい時間をありがとうございました。4歳の息子は「実をとったり、ちょっと難しいと思ったけど、ボンドを一人でつかって、はるのができてうれしかった。」そうです。2歳の息子も、ボンドではるのが楽しかったそうです。
実際に歩いて自分で採集することで、ジュズダマ、ヘクソカズラ、ナンキンハゼ、ローズヒップ、ノブドウなど、いろいろな植物の名前が覚えられて嬉しかったです。木登りも去年よりも、自分のちからで高く上れるようになっていて、成長を感じられました。
お土産のモビールもとっても喜んでいましたぴかぴか
なかなかコロナで自由に経験を積ませるのも難しいと感じていましたが、このように心ものびのびと自然のなかではすごすことができました。たくさんご準備いただき、貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。

 

ykさん

今日は、素敵な一日をありがとうございました表情にこにこ

朝はお待ちくださり、すみません、ありがとうございました(bow)(hands together)(heart)

自然に囲まれ、澄んだ空気や色とりどりの木々に心が和んだり、先生や皆さんとお話しをさせていただき、楽しい時間を過ごすことができ、嬉しく思いました。

時間があっという間に過ぎ、夢中になるっということを親子で体験し、帰り道は、鼻歌歌いながら歩く次女、車では長女が楽しかった(note)、ポロポロ取れたやつあるから、続きしたいと話し、2人ともそれぞれが楽しい時間を過ごさせていただいたようです。

日常を忘れ、夢中になることで、心から楽しむことができることを体験を通して、感じました。
本当にありがとうございました(pleased face)


kaさん

今日は、楽しかったです紅葉

ナンキンハゼの紅葉、地面の柔らかさ、風の音、目も耳も心も喜ばせてもらいました。素敵な作品もできました。

この日のために準備してくださった方々、今日楽しい時間を共にすごしてくださったみなさん、ありがとうございました。お疲れ様でした表情にこにこ

 

wnさん

今日はありがとうございました。久しぶりにリース、スワッグを作り楽しい時間を過ごさせていただきました。木々や草の間を、素材を摘みながらあるくのはとても楽しかったです。事前のたくさんの準備やお心配りありがとうございました。

 

tyさん

感想送ります。
昨年も参加したので、2度目の参加となります。沢山の木の実などの素材集めや準備ありがとうございました。
今年は自分でも素材を集めるところからやり、これは何?と言いながら好きな素材を集めるのが楽しかったです。
グルーガンで好きな素材をくっつけてリースを作りました。4歳の娘も、自分で全部やっていて、グルーガンの使い方も上手になっていました。
8歳のお姉ちゃんはリボンを巻いたりして工夫していて、さらに先生のしているのをみて、スワッグも作りました。
自然に触れて、ものづくりに没頭できる時間、とても良いですね。
イベントだけに終わらず、日頃から自然と触れ合うようにしたいと思います。
ありがとうございました。

 

tsさん

昨日は、ありがとうございました。
第3踏切での集合。
nagomiから行くと、和田先生が見本のリースやスワッグ、クラフトを 工夫して飾ってくださってあるのが目に飛び込み、嬉しく、ワクワクです。

素材集めにスタート。
真っ先に目に飛び込んできたのが、
ナンキンハゼの葉の色と白い実!
見事な色合い!
第3踏切集合でスタートができ、このような景色も素材集めをしながら、ゆっくりと見ることができ、嬉しかったです。

家族単位で木の実などの素材集め。
次の日もあるからと、いつも以上に必要な量を気にしながら採り、その気持ちがうれしくなりました。

リース作りはあっという間に時間が経ち、完成する頃に、ふと前の木を見ると子どもたちが木登りを楽しんでいました。
初めて顔を合わせる子どもたちもすっかり仲良し。

今回初めて使わせていただいた場所へも行ってみました。
横の道は名草山に行くときに通りますが 中に入るとこんなに広いとは!
奥に進み振りかえると入り口がとても遠かったです。
一緒に行った子どもたちと 次はもっとおもいっきり遊びたいねと話し合いました。

今回は、素材集めやツル採りも自分たちでだったので、それも楽しむことができ、また、今まで事前に準備をしてくださっていて、その大変さもわかりました。

当日にむけて、何度もの草刈りや整備、素材集めなど、ご準備ありがとうございました。

とても楽しい1日でした。

mmさん

一度夏に行ったときとは景色がかわり、秋を感じました。今日クリスマスリース作り体験に参加させていただきありがとうございました。行く前からワクワクしていました。リース作り初心者で、先生が見本に飾ってくれてたものを見て、イメージしました。グルーガン持っていなく、木工用ボンドで木の実などをつけようとしましたが、なかなかつかなかったです。グルーガン貸してくださりありがとうございました。
素材集め、主人も4歳の子どももはりきって採っていました。
つるを採った場所に、竹が沢山あり、人気のアニメのねずこ!と言い、竹も沢山採っていました。
以前一度なごみガーデンでささ舟を流したことがあり、今日で2度目でしたが、“こうやって、こうやって…”と、父親に作り方を伝えながら作っていると、自分で作ることができて、“みて!だれがつくったと思う?”と嬉しそうに見せてくれました。子どもの自信につながったようです。他の友達とも一緒に川に入ったり生き生きとした表情でした。1歳児は、にわとりに興味をもったり、笹を流したり、楽しみました。お兄ちゃんたちのしていることに興味をもち、同じように自分もしてみたいようでした。
子どもが小さく、なかなか制作は難しいですが、こんな機会をつくっていただき、事前の準備などしてくださり、ありがとうございました。みなさんの作品、いろいろな発想ステキでした。
主人も、 今日のなごみガーデン楽しかったとのことで、 特にリースの素材集めの時に、どんなものを集めようか考えたり、リースに適している蔓がどんなものなのかを考えたりしながら、探しているのが楽しかったようです。
 残念ながら今回はクリスマスリース作りを途中で交代したので、今度は飾り付けまでしたいとのことです。
近々、またリース作りの材料集めに行かせてください。

 

grさん

昨日第2日目に参加させて頂きました。仕事と学校がありどうしても日曜しか参加できないのですが、土曜日も可能と日程調整をして下さった第1日目の方々のおかげで適度な人数での制作ができ、密にもならずにNCEGの活動に参加出来たこととても嬉しく思います。ありがとうございました。また素材なども翌日のためにと考えて残してくださり色々な素材を使ってリース作りが出来ました。
長男は作りたいものもあるけど遊びたいから、材料だけ集めて家で作る!と言い遊ぶことに夢中ぴかぴか今回は急成長した次男も同じように水に入って遊びビショビショ…楽しそうな笑顔で走り回ってました。さすが生後3ヶ月からNCEG参加してるだけあって次男は逞しいです!しかし、季節に関係なく我が家はいつも水浸しです(笑)
長男はしばらく行かない間に忘れかけてた笹舟作りを先生に教えてもらって、思い出したのかいくつも作ってお友達と競争したりして遊んでいました。その上いつでも笹舟が作れるように!と笹の枝を持って帰ると言い出し頂いて帰りました。長男はこれで毎日笹舟が作れるびっくりマークと満足そうです(笑)帰ってからはどんぐりに色を塗りトトロにしたり松ぼっくりのツリーを作ってました。
また、片付け間際にふと子ども達を見に行くと姿が見えず、あれ?どこ行った?と探し大声で呼んでいると、こどもサポーターズでもある小学生の女子二人が、あれ?さっきまで居たのに…と走って探しに行き、笹舟を追いかけて線路沿いの道まで行ってた男子二人を見つけて呼び戻してくれました。頼まなくてもすぐに一緒になって探してくれる子ども達の行動に、思い遣りの気持ちや助け合いの精神がこうした活動の中で育まれているんだろうな~と感じました。
コロナのこともあり、しばらく参加させて頂けてなかったですが、自然の中での体験と人との関わりは本当に大切だなと改めて感じた1日でした。
前日が仕事の後に研修会で帰宅が遅くて疲れてた私ですが、息子達が「今日は楽しかった音符」と言ってる姿に疲れも吹っ飛びました。
ありがとうございました。

 

azさん

今回も ありがとうございました。
前日の皆様、日曜日の事を考え、採る木の実を調節してくださったと聞きました。本当にありがとうございました。

感想文です。よろしくお願いします。
nagomigarden周辺の紅葉した木々と青空が最高でした。
みなさんと歩きながら、スワッグの材料を探したり、植物の話を聞いたり おしゃべりしたり楽しかったです。
制作する子どもたち、自由に遊ぶ子どもたち、真剣に作品作りに没頭する大人たち。みんな楽しく過ごしている様子で、コロナ禍の中ですが久しぶりに顔を合わせてのイベントは、やっぱりNCEGらしくて良かったです。
娘との共同作業で、ツルとり リース作りを、じっくりしたのは初めてだったかと思います。とても新鮮な感じがしましたし、リース台にツルを巻く作業なんかは私より上手で手伝ってくれました。頼もしくなったものです。
今日は小春日和のなか、自然の中で活動ができ本当に気持ち良かったです。娘も、ツルをとりに山に入ったこと、リースにグルーガンで実を付けるのが楽しかった、またnagomiに行きたい。と話していました。来月も楽しみです。

 

nsさん

感想です。

子供は始まりの会で自由に遊ぶことを希望していたので、リースの素材集めよりも、みんなが歩く道の草や枝のカットに熱中していました。親の気持ち的にもっと自然に興味を持って欲しいなと思いつつも、道を歩きやすくすることにやりがいを感じ、楽しそうにしているので、これがこの子の楽しみ方ね。この子の個性と思い、好きにさせていました。
私は、クリスマスリース作りで、素材を集めながら歩いて行くのが新鮮で、「こんなところにこの実が!」「こんな木の実だったのか」「どんなリースにしようか」等、色々と考えるが楽しかったです。実際は思うようにちっともいきませんでしたが。。。白い実の木は見上げると、青い空と木の枝と白い実がとても綺麗でこの景色を子供にも見て欲しいと声をかけましたが、一瞬見ただけで終わりました。個性と思いつつも、気持ち共有したいなと思って、これからもめげずに働きかけていきたいです。

いつも事前の素材集めに参加できていませんでしたが、今回、赤い実を採るのにトゲが痛かったことや、高いところに手を伸ばしたり、ツル採りも難しくて、今までの素材集めに苦労されていたのが、よく分かりました。いつも素材集め本当にありがとうございました。
息子は子供同士で笹舟を追いかけるのが、楽しかったと学校の宿題にも書いていました。コロナ禍で遊具も使用禁止になっているところも多い中、自然の中でのびのびと遊べて生き生きしていました。
本当にありがとうございました!

 

nyくん

 

 

iyさん

先日は楽しい時間をありがとうございました。娘の感想と一緒に送らせていただきます。

リースやスワッグを作るイベントで、ノイバラがたくさん、手や足に刺さったことが、心に残っています。
家に帰ってから、なぜトゲが生えているのか、気になりました。
私の予想は、「鳥から、身を守るため」と考えました。
そして、調べてみると、予想と似ていて、動物などに、痛いめにあわせて、身を守るためにある。ということを知りました。
このイベントで1つ、新しいことを知れたので、嬉しいです。
そして、リースやスワッグは、上手く出来ました。楽しかったです。

↑という感想でした(汗)
鳥や動物から守っていている美しい実を、沢山いただいて、素敵なリースやスワッグができたので、自然に感謝やね。また、トゲは乾燥を防ぐなどの役割もあるんやって。と話をしながら、作った作品を飾りました。

今年も沢山の素材を集めてくださった皆さん、ありがとうございました!!

~お月見をおうちでした様子が文章や写真、絵で送って来てくれましたので、お伝えします~

 

ftさん
お月見の説明、親子で見させてもらいました。
小1の娘は、真剣に聞き入り、特に、ボールを月に見たてたところは、すごいなぁーと感心していました。

また事前に説明を見た後、姉妹でお団子をコネコネ…。
思った様に積み上げて盛ることが出来ませんでしたが、美味しいお団子になりました。
最初の頃、お月様に雲がかかっていたので、突然姉妹でお月様を「ガンバレ、ガンバレ」と応援し始めました。その甲斐あってか、雲もすっかりなくなり、お月様がとてもキレイに輝くのをみて、「ミラーボールみたい!」とうっとりと眺めていました。
今日ばかりは、少し夜更かし。ゆっくりと月を愛でる事ができました。

hyさん
NCEGで教えていただいたレシピでお団子を作りました。とてももちもちふわふわで美味しい!朝作って夜に食べましたが、全く硬くなっておらず、子供たちも美味しいと大喜びでした。
月の美しさには、きれいね〜と嬉しそうで、窓際に座って月を見ながらお団子をいただきました。お月見の後には絵も描きました!

翌日の2日も、とてもきれいな月を見て、きれいねーまたお月見したいねと言っていました。

aiさん(小5)
私は、中秋の名月といえば「満月」だと思っていました。
でも今年は次の日が満月で驚きました。
10月1日が、旧暦でいう、8月15日で、この日が十五夜、中秋の名月と言うそうです。

 


saさん(小4)
きれいな満月が見られて良かったです。とても明るかったです。
学校でも習っているので、 動きを観察しました。うまくできて良かったです。
ハムスターも一緒にお月見しました。ソワソワしていました。なぜだろう?と思いました。
お団子も、めちゃくちゃおいしかったです。

 

mdさん
お月見、満ち欠けの話や、だんご作り、とても分かりやすく、ありがとうございました。4歳の長男は、一週間前くらいから、お月見を楽しみにしており、晴れるといいな、てるてる坊主つくらな!と言っていました。幼稚園でも、月の歌をうたっており、家でも、でたでたつきが~♪と口ずさんでいました。当日は、だんご作りを子ども二人と行い、楽しく作りました。

私は、豆腐入りは初めてでしたが、豆腐を入れたほうがもちもちで、翌日も柔らかく美味しかったです。長男は、団子15個を数えて、供えてくれました。すすき、萩、小芋、さつまいも、供えました。満月を見て、明るいなぁと言っていました。私がだんごを冷蔵庫に入れて寝たら、翌日、お月さまが団子と小芋食べてるー!さすがに、ススキは食べてないなぁと言ってました。楽しいお月見ができました。ありがとうございました。