一つ事をやろうと思い、つまり目標を立てるのはいいのですが、それから一気に取り掛かるのが遅いsixi(スー4、シー1 注:数字は四声を示す)。

 

今回も、大事な仕事を早め、早めにこなしていたのですが、ちょっと先方の都合で原稿の返りが遅くなっただけのことで、ペースを崩してしまいました。

 

そんな場合、別の案件に取り掛かるなり、日頃目を背けがちな別の仕事をこなせば、結果的に後で困らないんですが…

 

直しの原稿が返ってくるまで間が開いたのと、切羽詰まってやらないといけないと思っていた件が、「次週回しになった」との連絡が飛び込んで来ました。

 

こうなると、当面の締め切りの“恐怖感”から一気に解放されます。俗な表現では「借金の先送り」みたいなもんですね。

 

今まで切羽詰まっていたものが「当面、やらなくていいんだ」モードに変わってしまいます。

 

未定の3月中国出張のコースを勝手に想像して、航空券を検索したり、今度は一度民泊を経験してみようとサイトを見たり…。

 

「自己来! zìjǐ lái(自分でする!)」

 

図書館から借りて来た本に手を伸ばしてしまいました。もう止まりません。欲張りで借りていた10冊もの本に手を伸ばし、短期間に3冊も読んでしまいました。

 

読書と言っても、「クラウド情報整理術」といった類の本で、どうすれば机の上の書類やパソコンの中の情報を片付けられるかというハウツー本です。

 

「クラウドで情報整理」と知識は得ても、先延ばしの原稿は誰も処理してくれるわけではありません。

 

自己来! zìjǐ lái(自分でする!)」、自分でせねば。おお、久しぶりに中国語が出ましたね。この中国語、大好きです(笑)。

 

結局、原稿は週明けには出さねばなりませんから、先送りなんて、百害あって一利なし。

 

でも、この3日間、至福とは言えないまでも、別の意味で頭がリラックスできたのも事実です。

 

「功罪相半ば」なんでしょうかね。文春、新潮マンとサイクルは同じ、週間単位で締め切りに追われる生活を、ずっと続けて行くような気がします。

 

 

 

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ