GANAPATI YOGA

Swami Vivekananda
Yoga and Meditation Foundation

インド リシケシュのヨーガスクール



英語版公式Web



NEW新ブログ開設しました
https://ashabadhani.com


  • 26Nov
    • 倹約に耐えるかは母親からのサンスカーラ?

      こちらでは地方選挙が終わり、当選した人の顔ぶれは立候補お初の方が多かったようです。とある小売店のオーナーは今回落選した元議員さんなのですが「(たくさんの家庭に)ガスコンロもプレゼントしたのに、裏切られた」とご立腹の様子でした。選挙期間中に贈り物の見返りに投票を期待するよりも、5年前から他のアプローチを日々積み重ねてきた新人さんたちの方が一回りも上手だった、という興味深い結果になりました。最近のラクシュマン・ジュラ周辺のローカルニュースといえば、私たちのスタジオ裏に建設中のヨーガスタジオです。6階建てのエレベーター付きで宿泊施設もあります。このエリアで一番注目される建物になる、かな?自分たちのスタジオのように語っていますが、私たちのスタジオではありません、笑。この辺りの建物は建築士らしい人が携わっていないのか、設計図もないらしく作業中に「天井の高さ、もっとあげよう」とか会話しているのを聞いたことがあります。私たちのスタジオも去年3階部分を改装してスタジオを約2倍近く拡張したことがありました。30年前の建物だから誰が作ったのかもわからないので、補強工事が必要な時はその時々の思いつきです。屋上の古い壁を一つ壊す時は、職人のおじさんが一人で深夜にたった4、5時間でハンマーを片手に叩き割り、中のレンガが砕け落ちていく様子は意外な成り行きでした。仕事の途中「これで食事してきてください」と言って100ルピー札を手渡すと職人さんはインドの激甘お菓子ラスグッラーを6個食べて帰ってきました。「米やロティを食べてお腹を膨らますと仕事にならないから、手の平ほどの重量感のあるインドのお菓子で糖分をうんと摂取した方が、軽い動きで一気に壁レンガを砕けるんだ」との自論を教えてくれました。砂糖の影響は賛否両論ですが、体に蓄積する前に猛スピードで消費できている職人さんの自論は正しいのかもしれません。話は戻り、この建設中の建物の敷地は以前、瓦礫や豚、牛がたむろしていた空き地だったのをラーマジュラで有名な先生が土地を購入されたそうです。知人のおじさんが自分の息子のヨガ道場建設のために900万ルピーで検討していたところ、確か1,5倍程の価格で先に買手が決まったそうです。「あれ、インドのヨガの先生ってそんなにお金持ちなの?」って思いますね。この土地を買った人についてはよく存じませんが、一般的なお金持ちとは異なるタイプの、節約の鬼になった挙句、財産を築くタイプのインド人もいます。きっと何かに対して禁欲できる人というのは共通点だと思います。私の知っているインド人のアシュラム住み込みのパンディットは節約の鬼と言われる人で、昼食にマギーのインスタント麺1パックと玉ねぎとトマトを一つづつ買って(最低でも100グラム単位で買うところを1つだけ買うというところが凄いのですが)、ガス代金の節約のために友達の家を日々回って台所を使う人がいました。「彼は倹約家だ」を通り越して「彼はケチだ」と有名になった頃、ある日突然貯めたお金で土地を買ったというニュースが舞い込んできました。その人はそれ以前にも、サンスクリット語の1週間の夏期講習に参加するためにデリーまで出かけた時、出費を抑えるべく毎日ビスケットだけ食べ続け、チャイや食事に一切出費せずに1週間の夏期講習の目的を果たしたそうです。そんな彼が最近結婚したというのだから、奥さんはどんな生活を送っているのか、大変興味あります。なぜ食費を削ってそこまで耐えられるのか聞いたことがありました。「僕が母親のお腹の中で胎児だった頃、食べるものが無かったらしくて、それで飢えに慣れているんだよね。でも僕の弟は胎児だった頃食事に恵まれていたから耐えられないんだよね、母親から受けたサンスカーラだね」っていうことらしいです、笑。この彼の真似は私にはできないと思いますが、目前の達成できそうなイベントのために少々清貧生活を送るぐらいなら、心も強く磨かれるでしょう。インド人は自分の資産のマネジメントに独自の考え方があり、人の意見は聞き流す、というメンタルの強さは、雑談のネタになるのではないでしょうか?例えば人生の大イベントである結婚式などで散財するインド人を見ると潔いなって思います。中には、披露宴の最中にお札を見せびらかすように踊りつつ、みんなにばら撒くのかなと思って見ていたら、写真撮影をした後、自分のカバンにお札を戻していた人もいて、後味悪いけど、面白い人もいました。思いっきり使う日見せびらかすだけの時ひたすら倹約し働き続ける日々このバランス感覚もヨガですね。人生はヨガよ〜。

      13
      テーマ:
  • 18Nov
    • 姪の命名式と息子の1歳のお誕生日

      インドの11月はディパワリで最も忙しく感じる時で、さらに5年に1度のパンチャーヤットの選挙活動のために18日の投票日から数日間、輪をかけて騒がしくなりそうです。昨日が最後の街頭演説だったのですが、このあたりの立候補者の多くは、お酒やお金を配って票を獲得するのが常習だそうです。1週間前は深夜に酔っぱらいが大声で喧嘩していました。「お酒をふるまったのに、なぜ投票しないんだ!」と。近所住民が窓を開けてみんな聞いているのを気にせずオープンすぎます^^;中には投票日に、他の候補者に投票しようとする人をどこかの部屋に囲って投票に行かせない立候補者もいるそうです。肝心の演説は聴いたことがなく、ただ名前と党をアピールする音響装置を乗せたスクーターが街宣していました。一軒ずつ家を回って、自分に票を入れることを熱心に勧めてくるだけならまだいいのですが、断りなしに玄関扉にシールをベタベタ貼られるので、綺麗に剥がして贈り物の梱包シールに使っていました今現在の周りのインド人たちの興味関心は選挙結果に集中していて、毎日この話題ばかりです。自分の家族、身内の話では、11日のインドの姪の命名式がありました。前回のブログではラクシュミー・バーイという名前がいいなど、冗談も飛んでいたのですが結局ディークシャーに決定です。ディパワリにちなんで”ラクシュミー”がいいと賛成意見が多かった中、反対意見は「俺の知っているラクシュミーは皆貧乏だ!」など、言いたい放題で、パンディットが「Da」「Di」から始まる名前が良いのと候補をいくつか教えた後、異を唱える人はおらず、あっさりとディークシャーに決まりました。インド人の名前は意味も大事ですが、星占術で名づけるとき、一文字目の音声が重視されます。どうやって命名するのか見学したかったのですが、後の来訪者への100人分ほどの食事の手配準備などで動き回っていたので(専門職の人が作りに来てくれました)、命名式に参加することができませんでした。何れにしても、高徳な僧侶が名付けてくれたのなら皆納得、ですね?私などは、小林旭が流行っていた時に生まれたので、’旭’と名付けらそうだったところ、誰かが「女の子なのに可哀想だ」と反対してくれました。もう一つ、今月13日に息子が1歳の誕生日を迎えました。大病することなく、のびのびと育ってくれています。音が出るものを手の平で叩くのが好きなので、この前スタジオに置いてあるタブラの前に座らせたところハマってる様子でした。買う気はないけれどタブラの楽器店に行って、下見をしに行ったら店主に「この年でまだ早い!4、5歳ぐらいになってから購入して」と想定通り言われ、結局タンバリンをプレゼントに贈りました上の動画は、スタジオ内でお誕生日会をした時、ケーキをカットする前にプージャをしている様子です。ハッピーバースデーのお祝いの歌は世界共通なんですね。パンディットが息子の頭頂に触れながらマントラを唱えているのに、パンディットの手を掴んで払いのけているのは笑ってしまいます。馬の耳に念仏にならないよう、恩寵を授かって欲しいと願います。リシケシュで有名なケーキ屋さんだそうで、特注2段サイズです。地元の子供にたくさん来て欲しかったので、道で呼びかけていたら子供が子供を呼んで、大人もあわせて120人来てくれました。食事を作ってくれた人やスタッフは後片付けと掃除で疲れきり、普段決して壁にもたれない背筋の整ったムケーシュ先生が夜11時にさしかかる頃、口を開けてポカンと放心状態になっていました。沢山の方のご協力、お祝いの言葉、心より感謝します

      19
      テーマ:
  • 05Nov
    • インドの勇敢な女性の名前

      昨日と一昨日は丸1日停電でした。その上、パソコンのキーボードが故障中のダブルパンチに遭いましたので、スマホで更新することが今日の目標です、笑。昨夜はスマホの懐中電灯を頼りに夜道を歩き、帰路の途中にバッテリーが尽きた頃、立往生していたら夜8時、辺りが電灯で照らされました。帰宅早々電子機器の充電や洗濯機の操作ボタンを押して現代人に戻れた心地がしました。聞くところによると、Saint Sewa アシュラムのマハーラージ(推定体重200キロ!?)が電気関係の人に電話を一本いれたそうです。そのしばらくあとで、街中に電気が届いたというのだから、この人は何者なんだろうって思えます。今選挙活動中の車が公約として「24時間電気がある環境を目指す」と言っているなか、マハーラージの電話一本でその場はどうにかなったという苦笑。マハーラージが立候補したらいいのにね、と言っていたら、過去に立候補したけれど落選しているそうです。この話はおいといて、インドでは今日は食器を購入するのに吉日なので、必要ないのに無理矢理買いに行ってます、笑。混雑は予想しなくてもわかるので、あまり寄りたくないのですけど、毎年この日に食器を買っていると辞められなくなってしまいました。インドの食器はアルミやメタルのミックスでできているので、長年使えます。近所や親戚にお総菜をあげたりしているうちに、数が減っていきます。しかも、ちょっといい素材の食器ほど紛失しやすいのです。。。食器にはこだわらないほうが、心を振り回されずにすみますね。それと、1日に主人のお姉さんの娘が産まれました!顔が小さくて、私の握りこぶしぐらいなのに、長身なので3キロあるという、インドでは比較的体重が多いほうだそうです。親戚達が家事や子育てのヘルプで訪れていて、私も余力があるときはロティを30枚ほど焼くのですが、頑張りすぎると翌日反動がでて、1日中、無気力になります。むしろ、手伝わないほうが回りに迷惑をかけないですむような気がしてきました。こんなこと、胸を張って言うな、ですね。この赤ちゃんの家族の男の血統がちょっと女々しくて、一人でバスに乗れないとか、夜一人で寝れない(幽霊が怖い)、女の子が今回生まれたから結婚の時に持参金を準備しなくてはいけない、とか30代でそんなかんじなので、命名式は、勇ましい名前をつけたほうがいいね、と話していました。そしたら、主人が「ラクシュミー バーイー Lakshmi baiがいいね」と言いだして、あまりに強い女性だから、皆で大笑いしていました。1800年代のインドの未亡人の王妃で、背中に3歳の養子の息子を背負って馬上でライフルや弓矢をもってイギリス軍と戦った女性です。最後はイギリス軍に撃たれて親子共々亡くなってしまいました。生後11日目の命名式では、星占術に精通したパンディットが来て、候補の名前をいくつか教えてくれます。最終的には親が決めるので、ラクシュミーバーイーにはならないと思いますが、どんな子に育っていくのか今から楽しみです。

      29
      2
      テーマ:
  • 24Oct
    • 昨日のヴァールミーキ祝祭のパレード

      昨日はヴァールミーキ(वाल्मीकि)の聖誕祭があり、夕方はあまりの混雑で一時休講になりました。ヴァールミーキはラーマーヤナという古代インドの大長編叙事詩の編纂者として知られています。画像検索するとほとんど執筆しているものばかりです。時々左手で書いているものもありました。実は誕生日ははっきりとわかっておらず、日本語のウィキペディアでは「出生年は紀元前500年ころから紀元前100年ころまでの約400年の間のいずれかに生まれたと考えられている。生涯については全く分かっていない。」とされています。インドのウィキペディアを見ると、「ヴァールミーキの誕生日はどこにもそれを証明できるものがない。サトユガ(クリタユガ)、トレータユガ、ドヴァーパラユガの3つのユガにまたがって、ヴァールミーキの名による記述が見つかっている」と書かれています。आदिकवि वाल्मीकि के जन्म होने का कहीं भी कोई विशेष प्रमाण नहीं मिलता है। सतयुग, त्रेता और द्वापर तीनों कालों में वाल्मीकि का उल्लेख मिलता है वो भी वाल्मीकि नाम से ही।(ユガとは生成と破壊までの時代を4つに区切ったもの。現代はカリユガの時代と呼ばれ、最も人類がダルマを忘れダメになっていく時代を言います。)1ユガの長さってどれぐらい?って思いますよね。まとまった単位で使うのですが、神様が息を吸って吐く時間、神様の半日、宇宙のサイクルの一区切りだったり、人間の人生とは物差しの長さが違いすぎて、日常で使うことはほとんどありません。しかも、ウィキペディアの1行目には「インド古代の神である」と書かれています。(प्राचीन भारतीय भगवान हैं)。もともとは王家の血筋だったけども捨てられて盗賊に育てられて、盗賊を生業としていたが、聖仙ナーラダと出会ってから改心し修行に目覚め、神格化されていったということだそうです。なので、誕生日というより記念日ですね。近頃結婚式のシーズンが到来し、祭りももともと多いインドなので、音だけ聞くと結婚式のパレードだと思っていましたが、外に出てみるとわかりました。まず、先頭です。最後尾にヴァールミーキが座っていて、手前のおじさん達がハルワーのお菓子を皿に盛りながら配っています。このパレードの中間が、個性炸裂で統一感なく面白かったです!徒歩で歩くハヌマーン。本物の猿がこれを見たらどういう反応をするでしょう?人間の赤ちゃんを自分の赤ちゃんと思い込んで、赤ちゃんを連れ去る猿もいますので、猿視線では直立歩行する猿に見えるかもしれません。次は、馬車で移動中のハヌマーンです。馬車を操縦する馭者さん、だるそうにしている人をよく見ます。気のせいかな。後ろに続々と続く馬車です。誰が何役なのかわかりませんが、華があります。馬車に座っている男性は、盗賊時代のヴァールミーキでしょうか?(写真下)他のインド人がシヴァじゃない?って言っていました。私の目にはジョニーデップに見えます。この辺りあから楽隊が歌って演奏して、観衆の目を引くところでした。私たちのスタジオの真向かいにあるお寺の和尚様たちが高く挙げた片手にお札を握って、祝福をし、子供や楽隊にジュースを配り楽隊たちは行進していきました。発電機ですか?高速回転する音も凄いし、これを一人で牽引する縁の下の力持ちですね。そしてやっぱり、一番目立つのがシヴァです。シヴァダンスを始めた途端写真を撮ろうとすると、6秒ぐらいで辞めてしまうので、毎回まともな写真が撮れません。行進しながら踊って、歩いて息が切れてしまうんでしょうね。インドのお香のような、それより更に独特な香料をつけていて、この距離でも伝わってくるほどでした。シヴァ役はプロ意識が強くて、途中で顔を掻いたり、私語がなく俗っぽさが感じられませんでした。私服姿で会っても多分私は気付かないと思います、笑。このお兄さんは、竹刀を持って初めは格闘技をしていたのですが、途中から鉄アレイ?というのか、名前がわからないのですが、棒にリング状の金属の塊が通ったものを両手に持ち、地面から肩に乗せたりを繰り返していました。見ているだけで重そうです。みんなアピールの仕方が違って、それぞれの役目を全力で出しきっている中、陶酔している人の近くほど人が寄ってくるところには、学ぶことがありますね〜やっぱりシヴァは凄い!見飽きません。

      23
      テーマ:
  • 20Oct
    • 2018年リシケシュのダシャハラ

      昨日はダシャハラの祭りで、ラーヴァナの竹と紙でできた人形を爆竹と強烈な火で一瞬で燃やすお祭りがインド全国で行われました。それが夜のプログラムで、それまでの余興でインドの神様に扮した人たちのパレードがあり、私たちのヨガスタジオのど真ん前でもしばらく演出がありました。後ろ姿だけでも写真に収める値打ちありますよね(下の写真)。人混み、警察のガードをすり抜けて、前に回ってみました。濃い〜ですよね、笑。真ん中、中央の人、もしかしてシヴァ?左も眉間に目があるからシヴァですか?もう2メートルぐらい接近したかったのですが、インド人の神様メイクは遠くから拝むぐらいがちょうどいいみたいです^^; やっぱり、インドでは望遠機能がついたカメラが必要ですね。皿回し、孔雀のダンスがありました。ターリーと呼ばれる食器を回していたので、皿回しだとその時は思っていたんですけど、よく考えたらチャクラを回してるってことですよね。あれ、今更聞けないんですけど、シヴァって円盤回していました?円盤も孔雀のダンスとか、ヴィシュヌ系の神様のイメージなんですけど。それとも、皿回しの芸?終わってから皆が「皿回していたのは見事だったね」なんて話題にしているから、皿回しだと思っていました。後ろにはハヌマーンやハヌマーンの友達の猿が引き続き、近所の子供が行進していました。その真後ろは馬車。これは妃を助けに行くラーマってことでしょうかね?ラーマよりも馬が気になってしまいました。やかましいパレードに長時間お供する白馬の運命。視界を狭くすることで、パニックになりにくいのです。馬や牛に付ける道具は観察しすると面白いですね^^昨夜は、Saint Sewa アシュラム という真向かいのアシュラムでラーヴァナの人形が焼かれたのですが、初めてアシュラムのオーナーの真向かいに立って足に触れました。ちょっと緊張しましたよ、200kgから300kgほどある人です。このオーナーにまつわる話も面白いのですが、インド人もこのブログを翻訳機を使って時々見ているので、あまり書きすぎると怒られるんです、笑。ラーヴァナ人形は今年は時間も費用も短縮して行われたので、あっさり終わり、代わりに花火に費用を費やしていたようです。政治家が寄付金を募りに私たちのヨガスタジオにも来ていて、今年はうんと高かったようです。日本の花火を長らく見ていなかったので、日本を思い出して涙がうっすら出るほどだったんですよ。最近モディ首相がリシケシュに超厳戒態勢で訪れ、世界と日本の技術者か政治家達も大勢訪れていたそうです。観光地の割にはインフラがあまり良くないのと、モディ首相の故お師匠様がリシケシュに住まわれていたのも関係がありそうです。「ジャパニーズテクノロジー」と書かれた製品もよく見かけるようになりました。日本の技術で電気・水道関係の向上に期待です。(実際の訪問理由は何なのか知りませんが、期待だけで話してます)

      19
      テーマ:
  • 18Oct
    • ナヴラートリー終盤、女の子たちを招いて良い運気が部屋に宿りました。

      昨日でナヴラートリーが終わり、今朝は女の子たちを家に招き、一息ついたところです。我が家では断食中、夜の食事に玉ねぎ・ニンニク抜き対応でした。玉ねぎの代わりに大根を切り刻んで炒めていたのですが、決して味が劣ることなく美味しく頂けました。今朝は9時に女の子たちを最低9人招くつもりで、早朝から食事を準備していたのですが「9時に来てね」と伝えても、小さい子は腹時計で生活しているので、8時半から外で40人ほど待機していて「早く家に入れてー!お腹すいたー!」と扉をバンバン叩くので、隣の部屋で待ってもらっていたところ、空腹に耐えられず近所の家に行ってしまいました。お昼12時頃まで戻ってこないだろうなと予想して、50人前ほど作っていたので、とりあえず近所や親戚のおじさん、男の子を招いて食事を提供していたのですが、ナヴラートリーのフィナーレなのに女子がいなくて華がなく「家族親戚に女の子は必要だね〜」と話しをしていたところでした。10時半になり、ちらほら女の子達が戻ってきたのですかさず家に招いて、足をガンガーの水で清め、「JAY MATA JI」とプリントアウトされた必須アイテムの布を首に掛けてあげて、プージャをしてそれらしくなってきました!招待された家で存分に食べさせられた後なので「これ以上お皿に入れないで」と満腹だった様子。早朝6時から各家で食べてきたという子もいました。6時ということは、4時ぐらいから仕込まないと間に合わないのですが、早く呼ぶほど沢山食べてくれるので、作り甲斐がありますね。今朝作ったのは、茶褐色の祭式用のチャナ豆と、スージーという食材で作ったハルワーというスイーツと乳粥です。これが今日の私たちのランチになりました。隣の部屋に住むブーミカーという2歳の女の子。面白い子だから「うちの家の子になり!」と冗談で言っていたら、最近食事も我が家で食べるようになってきました。 チャナ豆と、スージーのハルワーは決まりの料理らしいので、女の子たちも飽き飽きしてくるのもわかります。パコラ(天ぷら)や、油控えめのゴールガッペーとか、他にも許容されれば作り手も楽しいのですが、伝統を重んじる時は融通きかないみたいです。顔も知らない女の子が友達に誘われて徒歩30分かけて来てくれたのも縁なんですね。女神を招くというか、座敷童子の精霊を家に招いているような気持ちでした。日本人の感覚ですね。来年はもっと早く準備して、人員確保したいと思います。

      15
      テーマ:
  • 11Oct
    • お供えの灯火(ジョーティ)を長く灯すコツ

      Happy ナヴラートリー昨日からナヴラートリーが始まりました。九日間のお昼間の断食を開始した人、特別なプージャーを始めた人たち、それぞれの祈り方が見られます。毎年この季節になると皆が同じ方を向いているのをより一層強く感じられます。私たちの部屋の神棚もデーヴィーデーヴィー(沢山の女神様)で彩られました。他にも沢山バナナやリンゴをお供えしていたのですが、この部屋の鍵をかけずに解放していたら、近所の子供がお供えから果物をとって食べて帰るので、今朝は唯一お香立てに使っていたバナナ一本だけが残っていました。9日目に15歳ぐらいまでの女の子を9人家に招き、食事を振る舞ったり、お菓子やお小遣いを渡すのがナヴラートリーのフィナーレです。過去にはお菓子やお小遣い目当てで、姉妹の服を着て女子になりすました男の子も紛れ込んでいたこともありました、笑。下の動画はघर में अखंड ज्योति जलाने के नियम (ガル メン アカンド ジョーティ ジャラーネー ケ ニヤム)家庭で(お祈りのために)灯す火を絶やさないためのルールです。अखंड ज्योति (アカンド ジョーティ)とは、絶えない灯火という意味で,お寺での行事、お葬式では灯火を何日も絶さないように注意を払うことがあります。油は何でも構わないですが、ごま油の他は菜種油もよく使われています。菜種油は虫を寄せ付けにくくする作用もあり、調理油や全身のマッサージにも相性がいいので家庭に必ずといってよいほど一本は常備されています。(動画の概要)ヒンディ語でタンバー (तांबा)と呼ばれる銅の器がなければ、土でできた器(ミッティ カー パートラ मिट्टी का पात्र )でも代用できます。土でできた器を使う場合は24 時間水に浸すことで、油が隅々に浸透するのを防ぐので、油の節約になります。ギーでジョーティを灯す時は女神から見て右手に置きます。その他のオイルで灯す時は、女神から見て左手にジョーティ(灯火)を置きましょう。ヒンドゥー教のやり方では、器の下には黄色いものを敷きます。仏教では緑のものを敷きます。ここではターメリックパウダーや黄色く着色したお米を敷きます。お米を適量敷いて、指先で(動画のように)花の形を作っていきます。器に油を注いだ後、ラクシャースートラ(聖紐 रक्षा सूत्र)を必要な分を測りセットします。 中指先端から肘の長さに、手を広げた時の親指の先端から小指の先端までの長さを足した長さが適当な長さです。毎日ゆっくりゆっくりこの聖紐を引き出すことで9日間保てるでしょう。紐を引き出しすぎると炎が大きくなり、器が熱くなりますので引き出しすぎないようにします。その上に器を置き、四方に花を飾ります。女神、マーター系のプージャには赤い花が使用されます。火を灯した後は、ネズミが米をかじりに来たり、風で消えたりしないよう注意します。灯火の部分が黒く焦げてきたら注意しながらマッチの木の部分を使って黒い部分を取り除きます。うまくできない場合、火が続かなさそうな時は、もう一つ小さめのディーパク(灯火)を作り、同じ油を使って継続させることも可能です。

      25
      テーマ:
  • 06Oct
    • インド星占術独習記録のための新ブログを開設しました。

      こんにちは。今日はもう一つブログを開設しましたので、お知らせですブログの名前はヨーガカルマスカォーシャラムhttps://ashabadhani.comです。誰が見てもわかりやすいタイトルにするつもりだったのですが、他の方とかぶってしまい、結局わかりにくい名前になってしまいました。インド星占術を学ぶにあたり、今住んでいるところで特定の師がいないので、独習を中心に、基礎固めをしながら学習内容をブログで公開することで記憶に残りやすくなると思いました。引っ越しをしてからまとまった時間を確保しやすくなったので、新しいことを始めてみようと思ったところ、インド人の親戚が2週間泊まりに来たり、息子が高熱で入院したりでなかなか進まず、さらにヒンディ語で書かれたテキストの第2課で既にずっこけそうです。こちらリシケシュのヨガスタジオの日本語ホームページと統合しましたので、横着ながらも、活動していきたいと思います。記事は現時点で2つだけあります。まだまだ真っ白で寂しいブログですが、公開に値しないブログを公開するからこそ、やる気が出るといいますか^^;ワードプレスで作成しているのですが、スパムコメントがつきやすいので、コメント欄をどうやって作るか調べ中です。アメブロも従来通り続けていきますので、現状アメブロにコメントいただいても、嬉しゅうございます。さらに同志の交流が深まる場所になればと思います。巻物で頂いた息子のインド星占術結果https://ashabadhani.com/mohitjanampattri/インド星占術学習のためのヒンディ語テキストhttps://ashabadhani.com/jyotishtext/ところで星占術の勉強を始める時には、特定のマントラが唱えられているのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示ください。インドでヨーガやサンスクリット語のクラスでははじめにマントラが唱えられていたので、やはりマントラがあるとこの学問を始めるにあたりアーシルワード(祝福)を授かった気持ちになれます。ギーターバワンで購入したコードナンバー1980のジョーティシュの書籍では表紙を開くとこの写真の神様がトップを飾っているので、最も崇められる方なのかなと思いました。भुवनभास्कर ग्रहाधिपति भगवान श्री सूर्यनारायणブヴァナバースカラ グラハーディパティ バグワーン シュリー スールヤナーラーヤナ「世界、惑星を統治する太陽神」

      20
      4
      テーマ:
  • 03Oct
    • お酒でエネルギーを発散させても無益なんじゃないか?って話

      こんなタイトルで敵を増やした気がしますが、嫌われてもいいや^^スタジオにはヨガに直接関係のない来客様も少なくはなく、最近は恋愛結婚相談をお聞きしたこともありました。「インド人の彼と結婚するのですけど、どうやって法的結婚の手続きするんですか?」「ダウリはいくら払いましたか?」「彼、私と結婚する気はないって言っているんだけど、毎晩電話をくれる優しい人なんです」こういう話をレセプションでお聞きするのですけど、私は大恋愛を経て結婚したわけでなく、結婚の準備も相手の家族任せだったので自腹で買いに行ったものといえば、「結婚式でお祝儀を収納するカバン」と「ロングのつけ髪」と「靴」ぐらいなので、あんまりいいお返事ができないんですよね。私から二言、三言、助言できるとすれば「先に鼻ピアスあけて結婚式まで穴を完成させたほうがいいですよ」と「ご結婚相手の彼はお酒は飲まない人の方がいいですよ」特にこのことをお伝えしたいです。日本人のような和気藹々とお酒を飲む雰囲気とは違い、インドで飲酒をする男性はトラブルに巻き込まれやすく、喧嘩好き、家庭内暴力、失踪・行方不明、外国人女性(日本人も含む)から大金を貢がせているなど明るいイメージがないんです。ステレオタイプなことを言いたくはないけれど、毎月平穏に見えるリシケシュであっても、有名なヨガの先生であっても飲酒で失敗したなど月並みに聞く話です。一昨日もスタジオのスタッフのお父さんが酔っぱらって喧嘩して失踪後、帰ってこないので警察に届け出を出しに行くことがありました。家族たちは悲哀な顔で、一番望まない結末だけはならないでという面持ちです。仕事なんか手につかないですし、家族はみんな泣くしかありませんでした。周りで話を聞いていた彼の友人たちは、気の毒な顔をしながら、しばらくしたら「焼きそば食べに行こうぜ」とか言ってるんですよね。空気読みなさいよ、と。失踪後二日目の朝、彼のお父さんが山の崖で発見されて一命を取り留めたのを聞き安心したところです。お酒を飲んで喧嘩できるほど度胸あるので、そのエネルギーを他に転換できたら、もっと大きな結果が残せるのに、勿体無いなあって思います。最近東京に住む日本人の方が、ヨガにはまっていくうちにスパッとお酒をやめたようです。やめた理由はレイキに関心があり学び始めるための環境を作られたのでしょう。心に喝が入る衝撃や体験、誰もが心のどこかで求めているんじゃないでしょうか。私だって求めています^^ 30代半ばに入ると、毎日脳細胞が億単位?ものすごいスピードで死滅していくといいますよね、それを抑える方法にヨーガや瞑想も取り入れるといいと言われます。脳細胞と時間は大事にしましょう!酔っ払いインド人を見てきて、切に思います。リシケシュを含む神聖なエリアでも続々とお酒の販売が解禁されつつあるそうです。インドの安いお酒は30ルピーからでも買える廉価なものが大衆にとっては主流で、またその安いお酒ほど、飲んだ後人格が変わると言われます。お酒の質が悪いのか、飲む人の本性が出るだけなのか、そこがレポートできないので、研究は続きます。

      20
      テーマ:
  • 27Sep
    • インド料理と長くおつきあいする方法

      今日はいきなりですが使えるヒンディ語をご紹介したいと思います。だいぶ前から義父さんの気になる言葉があります。सब्जी खाते खाते पागल हो गया サブジー カーテー カーテー パーガル ホー ガヤーヒンディ語がわかる方、インドに住んでいる方だとすぐに体験上わかる!という方がいらっしゃるかもしれません。(スパイスの入った)野菜料理ばかり食べて頭がおかしくなった。という意味です。「 पागल हो गया  パーガル ホーガヤー」は馬鹿になった、頭がおかしくなったという意味があり、人に対して言うと失礼な時もあるので乱用しないようにしましょう^^;他にもこの辺のインド人のヨーガの先生たちが使っている例を言いますとMeditaion करते करते पागल हो गया メディテーション カルテー カルテー パーガル ホー ガヤー瞑想しすぎて頭がおかしくなった。瞑想しすぎて頭がおかしくなるのは自分で言うよりも、他人に言われる方が瞑想による変化が第三者から見てもわかるしるしに見えていいですけどね、笑。この義父さんの言葉「野菜料理ばかり食べて頭がおかしくなった。」これは私もだいぶ前から同じ心境なんです。インドの都会に住んでいたら、もう少し他の食材も手に入ると思うのですが、毎日種類の少ない野菜をローテーションで回して、全部スパイスの味ですから、どうやったら毎日インド料理を食べられるのかなって思ってたんですね。もう何年も来る日も来る日も昼夜インド料理なので、スパイスや野菜を食べたくない時はロティに塩だけ、ライタとロティだけ、という食事にしたり、プチ断食をするなどして、空腹になると今日まで続けられたかなってところです。上の写真は今日のお昼ご飯のダール(豆)です。玉ねぎ、トマトを多めで、豆の独特な風味を消すために生姜とニンニクは少し多めに入れると食べやすいです。主人の実家の山で採れたミックスの豆で、小さな砂利石も混じってますから、取り除く作業はひと手間かかりますが美味しいですね。結局、時間がかかって行き着いたのは、一回の食事を作るのに沢山の具材を入れすぎないことです。しばらく食べてない野菜を思い出してはそれだけのシンプルなサブジーを作ることがインド料理と長く付き合う秘訣ですね。日本のインド料理屋さんで食べるカレーも格別なのですが、こちらの家庭料理はシンプルすぎて、日本人の方から見たら「栄養足りてるの?」と思われるかもしれません。昨夜はお隣さんの家ではカボチャのサブジーを作ると聞いて写真を撮りに行ってきました。カボチャ1玉と玉ねぎ一つ、生姜、ニンニク、スパイスだけです。これをロティと一緒に、大家族が分け分けして食べるんです。夜の9時半には消灯して翌朝5時ぐらいから、このカラーヒーという中華鍋で何か炒めている音がしてきます。この中華鍋を使うことで自然と鉄分も摂取できるので、各家庭にひとつはあるようです。特に女性は鉄分を意識的に摂りたいですね。私もそれに見習い、最近は揃えるスパイスもミックスのものを一種類のみ常備するようにして、あとはジーラー(クミンシード)や、寒い季節はアジュワーインをいうスパイスを一つまみ入れます。日本では手に入りにくいスパイスかもしれません。寒い季節にいただくと美味で、暖まる気がします。ぜひインドにお越しの時はスパイスもお土産にどうぞ。ところで、このミックススパイスは激安だったんですよ。マーケットで500グラムで60ルピーでした。3ヶ月は持ちそうです。スパイスの調合をしている店主になぜこんなに安いのか聞くと「自分の店にある機械でスパイスを投入して粉にするのがメインの仕事なんだけど、業者が粉にして持って帰った後、機械にスパイスが隙間に挟まったりして溜まってるの!それをかき集めたら結構な量になるから、ただ同然で手に入ったようなものだから売ってるの!」との返事でした。それにしても凄い量を売ってるので、まだ秘密がありそうですが、善なカルマヨーガですよね^^ 下の辞書の言葉の写真の切り抜きは、上が日本人に人気のジーラー(クミンシード)と、冬場にオススメのアジュワーインです。日本人の方でクミンシードだけ買って帰る方も多いので、店主が「ジーラーだけ買ってどうすんの?」と質問してくるんですけどね、ジーラーだけでも十分アクセントが効いて美味しいですよ。特に消化不良や便秘気味の人には合っているかもしれません。是非、皆さんもお試めしくださいね!

      18
      テーマ:
  • 15Sep
    • ガネーシャ神をお見送りの日

      こんばんは。ご無沙汰しています。日本で異常気象が続いているようですが、皆様大丈夫でしたでしょうか。大阪で長時間の停電があったことは、大阪で住んでいた時経験がなかったことです。各地で被災された方へお見舞い申し上げます。完全なる復興を見届けたいです。こちらは先月末、日本からインドに戻ってきました。ブログ更新が365日で16回しか更新できておりません。外注してでも、更新したいほどの気持ちだけはありました!言い訳はしません。ただ、恥ずかしい限りです^^;こちらでは雨期が酷いので、インドに帰りたくなかったのですが予想通り、部屋中と屋上の台所がえらいことになってました。雨漏りで壁が浸水して、カビで悪臭、クローゼットの服も洗い直しです。3日かけて大掃除してる途中、この作業を毎年している時間と体力が勿体無く思い、引っ越しすることにしたんです。ヨガスタジオもそのうち移転したいのですが、候補がないので、今は自分たちが住む部屋だけ引っ越しすることにしました。日本の引っ越し業者のような会社がないのでどうやって冷蔵庫・洗濯機・ガスシリンダーを運ぶか調べていたら、リシケシュで唯一、それらしき業務をしている人がわかりました。普段は野菜を納品するための大型トラックで、ついでに荷物を運んでくれるとのことです。引っ張りだこなので、来てもらえるまで先方から3日続けてキャンセルがありました。やっと運搬が終わった後、風通しと日差しの入りが良い部屋に移ることができて、体調も良くなりました去年1ヶ月だけ住んでいた部屋で、急な斜面を登ったところの山頂にあります。昨年は妊娠初期でこの坂を登るだけでゼエゼエ言ってましたが、今年は比較的楽に登れますね。昨日はガネーシャ誕生祭がありまして、各家庭でガネーシャ神を家に招いておもてなしをしました。一番値段の高い黒い豆の品種がウラドです。お金持ちの食べる豆、お客様にもてなす豆と言われてます。ぬめりのある独特の食感なので好き嫌いはあるかもしれませんが、この豆を買って帰る人が多くいました。今日は続きで、ガネーシャ神をお見送りする儀式です。昼間から神輿を担いだ人たちが家の前で太鼓を叩いたり踊ったりで、ホーリー祭りのように色粉を塗って盛り上がっていました。ディズニーランドのミッキーマウスは特定の時間に世界に一人だけというのは有名な話ですが(あるディズニーランドでミッキーが園内を回っている間、他の場所のミッキーの着ぐるみは園内を歩いていない)、それと反対で、ガネーシャはどこの家庭にも呼べば来てくれるってところが神様らしいですね。

      27
      テーマ:
  • 23Jul
    • 地球の歩き方「インド」日本大使館の最寄り駅の変更

      こんにちは。日本について早3週間が経過しました。実家がマイホーム中で、ダンボールに囲まれながら、不用品をメルカリで片付けています。私だけのものじゃなく、二世帯の家族の不用品が山盛りなので、物をなくしやすくなりました。ヨガの教えでもある「不所有」を徹底できたら、超集中モードができるでしょうね!最近Mac Book Pro(13-inch)のバッテリーが限界で交換しようと思っています。心斎橋のアップルストアで並ぶ根性がないので、ネットで純正品バッテリーを買って自分で取り替えようかと思ったのですが、まがいものも流通しているようなので、どなたか純正品を取り扱っているところご存知でしたら教えてください^^一昨日、ちょっと嬉しいことがありました。前から気になっていた「地球の歩き方 インド版」のデリーのメトロの駅名が幾つか変わったのを投稿しましたら、お礼で最新版を頂きました新らしい本の紙とインクの香りを何度も嗅いで、送付された時の封筒をうちわ代わりに扇いで、日本の夏を楽しんでいます。さて、デリーのメトロで覚えておくと良いのは、日本大使館の最寄り駅がイエローラインの「Lok Kalyan Marg」です。大使館からメトロ駅に戻るとき、リキシャー運転手に以前の駅名でいうと、よそ者だと認識され相場より高値で言われるので、最新版でない場合は書き足しておいてください

      25
      4
      テーマ:
  • 21Jun
    • 国際ヨガday と 息子のギー治療

      6月18日の大阪北部の大地震でお亡くなりになられた方へご冥福を心からお祈りし、被災されました方にもお見舞い申し上げます。皆さまは大丈夫でしたか?私の実家も大阪の北部で、地震発生当時お仏壇が倒れたようですが、運良く家族は無事で安否確認ができました。阪神淡路大震災の頃は父親が私の上に被さり物が落下しても被害が最小で済むようにかばってくれました。親になった今、同じ状況になったら自分も同じようにするのだろうと思います。まだまだ人生未熟者ではありますが。今日は国際ヨガdayです。毎日毎日スタジオに世界各国から大勢の方がいらっしゃるのでヨガに関してはこの日が特に特別ということはないのですが、隣町のデラドゥーンにインドの首相ナレンドラ・モディが今来ていて、全国から6万人大集結しています。首相モディは、国連総会で6月21日に国際ヨガdayを定めた理由について「これが北半球において最も日が長くなる夏至に(ほぼ)相当し、世界各地にこの日を特別な日とする考えが共有されている」からだそうです。同時にこのようにも言及されています。「ヨガは、古代以来のインドの伝統が生んだ貴重な贈り物である。既に5000年の伝統がある。ヨガは身体と精神、思考と行動、抑制と実践の統合を実現させ、また、人と自然の調和、健康と福祉へのホーリスティックなアプローチを実現する。ヨガは単なるエクササイズではなく、自身の中に統合された感覚を見いだすものである。私たちのライフスタイルを変え、意識を高めることによって、幸福への助けとなる。国際ヨガの日の採択に向けて、ともに働こう。—ナレンドラ・モディ」首相モディの政策に対してアンチも少なくなく、本日のイベントについても脅迫予告がありましたので、首相モディの警備が一層厳しく、電話持ち込みも禁止、服の色も指定されているようです。今日は主人がスタジオ代表してデラドゥーンに行く予定でしたが息子が数日前から首に2センチ大の腫瘍ができたため、キャンセルし、病院を転々としていました。3つ目の病院では、薬で改善しなかったので、手術室に連れて行かれるところでしたが、今まで見たことのないような断末魔の叫びで泣きじゃくり(大袈裟ですかね)、本人も何をされるのか解っているようでした。7ヶ月の乳児には手術は可哀想なので、看護師に手術室に連れて行かれる道中、逃げてきました。帰ってから、義父さんに電話相談すると、やはり大多数のインド人は手術に反対していました。「こっちの田舎では自然治癒をしてるよ。病院もないからね。ギーを塗ったらいいよ」と教わり、塗ってしばらくすると、皮膚が柔らかくなったのでしょうか。膿が出始めました!まあ、あんなに皮膚が突っ張るぐらい膿が溜まっていたので、いつ弾けてもおかしくなかったのですが(笑)ティースプーン1杯ぐらい膿が出そうだったので、もっと出るんじゃないかと思って念入りに指で押したら、今度は血がビューって飛んで私がパニクってしまいました。もし、手術していたらすごい出血していただろうなと思うと、逃げてきて大正解でした。膿と血の関係がよくわからないのですが、数時間するとまた膿が出てきました。完全治癒はゆっくりゆっくりですね^^; もう、指で押しません、ごめんなさい。

      34
      テーマ:
  • 04Jun
    • ラーニーマンディルでクリシュナ物語の演劇を観てきました。

      ヴリンダーワンから巡業で訪れた一行が昨夕、スタジオに遊びに来てくれました。主人が8年前にサンニャーシーのような生活をして、聖地を巡礼していた最中、一文無しになりしばらく食住のお世話になった恩人だそうです。その時は、この一行のようにインドや世界を巡業しながらインド神話を人々に伝え奉仕する人生を望んだそうですが、やはりこれも「ジャーティー」と呼ばれる代々受け継がれる家系の伝統、ダルマの血を引き継いだ者たちによって継承されるインド独特の社会があります。もしこのジャーティーの家系でなくても、入ることができるのですが、幼少の頃なら間に合うでしょう。貧しい親が養育できず、彼ら一行に子供の教育を委ねるケースもあり、昨夜子供のクリシュナ役をしていた子も、そういう運命のもと預けられた子だそうです。日々、自前のバスでインド全域、シンガポールやインドネシアを巡業し、学校には行ってないそうですが、その代わりバガヴァッド・ギーターやマハーバーラタなどを全て暗唱して空で言えるほどのプロ顔負けなので、子供のような扱いができません(^^;)地元にあるラーニーマンディルで昨夜9時から深夜まで演劇が開催されました。私たちはインドでは喪中なのでお寺の参拝は禁止されているのですが、お世話になった方であり、最近お寺に行くこともできない灯台元暗しの生活の中、身の回りの空気が澱んでいたので、お寺に行きたい気持ちが募っていました。インド生活に慣れてくると最近は写真を撮ることも減っていたのですが、何年ぶりに(?)スマホでなくデジカメで撮影しました。演劇はクリシュナのアスラ退治の話で、半分以上お笑いです。クリシュナのお母さんのヤショーダも男性が演じるという、完全に男性の世界でした。若い観客の男の子が隣の女の子にちょっかいをかけているのを見つけて、写真右の黄色のリーダー格の男性が観客をつまみ出して窓から放り投げるところは、演技かなと思っていたら”本気”だったらしく、真面目にやっている人から見ると「この野郎」となるのは当然の事なのでしょうね。それはそうと、このヴィリンダーワンの一行の代表とその奥さんが始めにスタジオに来てくれた時、一目見て、清くて澄んだ瞳にハッとさせられました。玉ねぎやニンニクを食べない、お酒は飲まないのもメンタル作りのベースにあると思うのですが、その他の修行の積み重ねも強力なんです。毎朝5時に1時間プージャをし、神話を語るのが日々の仕事だから、お線香の香りが体臭に染み込んでいる人と同じ様に、この人たちも一つ一つの細胞が光っていました。プロには必ず高い意志をキープするために「師」や「指導者」といわれる”メンター”がいるわけですが、神様に心が合わさっている人にとって、それ以上何を知る必要があるんでしょうか〜

      26
      テーマ:
  • 19May
    • 7月8月鹿児島姉妹校にて本校の先生が来日指導します

      こんにちは。7月と8月日本に一時帰国することになったので、お知らせいたします。今回は鹿児島の姉妹校で7月5日から8月9日までインドリシケシュのSwami Vivekananda Yoga and Meditation School の代表モーハン・チャンドラ(Yogi Mohan Chandra) が指導に加わります。クラス内容は以下の通りです。【合同クラス内容】・アシュタンガ ヴィンヤサ・ハタヨーガ・ハタヨーガ フロー(共にビギナー、アドバンス)・プラーナーヤーマ・瞑想・マントラチャンティング【個人指導】・ヨーガテラピー・レイキヒーリング・インド哲学、ヨーガ哲学・サンスクリット語 基礎会話・マントラの発音矯正合同クラス、個人指導共に要予約とさせていただきます。全くの初心の方から指導者レベルの方まできめ細かく、分かりやすくシンプルな英単語を使って指導いたします。一定期間を受講され希望される方には本校リシケシュで発行しています修了証を発行します。(機関への登録料別途 7日間コース1,000ルピー〜、TTC300時間コースも)また、ヨーガライフにふさわしい菜食インド料理を作って試食する会も設けたいと思います。受講ご希望の方、ご質問がある方は私か鹿児島校の代表諏訪までご連絡ください。他、東京と大阪にも滞在しますので、受講ご希望の方はご相談に応じます。鹿児島の姉妹校住所:鹿児島市中山町1-9-12http://sports.geocities.jp/yoga_sv_20170801/index.htmlSwami Vivekananda Yoga and Meditation Foundationインド リシケシュのヨーガスクール日本語版公式WEB英語版公式WEBにほんブログ村

      22
      テーマ:
  • 05May
    • 法螺貝(シャンク/शंख )を吹くヨーガ 

      法螺貝などの大きな巻貝やその他の巻貝のことをヒンディ語でシャンク(शंख )と言います。以前手のひらサイズのものを購入したら、吹き口が小さすぎて音が出にくかったので、大きいのを買ってみました。全長18cmあります。インドでは古来から宣戦するときやプージャ(お祈り)をする時に使用されてきました。「宣戦する」は「シャンク フーンクナー(शंख फूँकना)」「プージャを行う」は「シャンク バジュナー(शंख बजना )」と使い分けます。こういった巻貝を耳に当てると「サー」と静かな音が聞こえます。私は子供の頃これを深海の音だと信じていました。天然の形のままで吹き口の穴をドリルで開けたものと、上からコーティング剤を塗ったり研磨されたものの2種類があります。店によっては、どちらも同じ値段だったり、天然物を高値で売っていたりします。「天然とコーティングされたものは音が違うんだ、天然のほうがいいんだ」と言う人もいますが、音にも人それぞれ美意識があるので、手で触った感触など含めて、お好みで選んだらいいと思います。目立つ損傷があった場合は、コーティング加工すれば見た目はツルッと綺麗になりますので、音に影響がないか、ひとつづつ購入前に音を鳴らして確かめる必要はあります。私は上手く鳴らせないので、店主さんに20回ほど吹いて音の違いを聞かせてもらいました。どこの店主さんも、セールスのために大から小まで、どんなシャンクでも鳴らす技術は必須ですね。とある青年のパンディット(僧侶)で、父親に「シャンクも鳴らせないのか!?」と叱られて練習した人もいました。確かに、インドのパンディットは、全員シャンクを鳴らせるものだと思っていたので、意外な盲点でした。最近ではシャンクの音を鳴らす携帯アプリまであるので、さっと出して使えそうです。インドでは「シャンク ヨーガ」という言葉まであり、健康増進、前向き思考、吉兆を招くと信じられています。これは最新トレンドではなく、ヒンドゥー教が「サナータナ・ダルマ」(昨今では正統ヒンドゥ教という意味合いが強いです)と呼ばれていた古代からの慣習です。ユーチューブで情報収集していますと、興味深いものが3つありましたので、紹介します。世界最高記録 1947回連続で吹き続けたという人ジャオナージー寺に保管されている、ヴィシュヌ神がマハーバーラタ戦争で使用したとされるシャンクシャンクを家に置くことでもたらされる吉兆について・身体的成長・吹く人の周りの空気、環境が良くなる・カルシウム摂取のためにこれで水を飲む・ラクシュミー女神が家庭に宿る・肯定的な考え方をするようになる・呼吸器系の強化とそれに関する病気の治癒ということらしいです。このシャンク音の振動の元は、自分の唇の振動で、これが巻貝の渦の中を通過する間に人間には出せないバイブレーションを生み出します。初めはなかなか音が出ないので、息が続く限り試行錯誤で練習をし、早い人は数時間で習得できるといいます。フルートとバンスリーを吹く時のような口の形では音は出ませんでした。顔を上向きにして、トランペットやトロンボーンのマウスピースを口に当てるようにして吹くと音が出ます。1948回吹けるようになれば、さらなる世界更新記録!?ですが、そこまで目指していないので、3回ぐらい綺麗な音が連続で出るのを頑張ろうと思います。お知らせSwami Vivekananda Yoga and Meditation Foundationインド リシケシュのヨーガスクール日本語版公式WEBができました英語版公式WEBにほんブログ村

      33
      1
      テーマ:
  • 24Apr
    • インドの山奥でお食い初め

       1週間前に息子モーヒットのお食い初め儀式のために主人の実家に行ってきました。インドでは男の子は5ヶ月目、女の子は6ヶ月目にお食い初めがあります。今回心配だったのが、モーヒットにとって初の長旅だったことです。リシケシュからバスで最低3本は乗り継ぎ、乗り換え時間、徒歩も含めて20時間はかかるのですが、タクシーをチャーターして、徒歩で歩く道は馬に荷物を担がせ12時間で到着することができました。それでも、2000mの山頂にある実家に到着する頃に私の耳が痛くなり、日頃おとなしい息子も暗闇で怖かったのか空腹、疲労も重なり泣きじゃくっていました。 翌朝早々、主人の両親が台所で沢山の料理を準備してくれていました。ミルク粥、揚げパン、豆のカレー、小麦粉を砂糖と混ぜて揚げたお菓子・・・。5時間ほどかけて余分に多めに作ります。神様にお供えする料理のために、またお米を調理する時は、男性はドーティを着て、女性は上半身の素肌が見える半裸に近いサリーを着て作る決まりがあります。この日はバイサーク月のお祭りで、主に北インドで農業を営む人たちには必須の行事がありました。子供たちが20人ほど家に訪れ、5ルピー、10ルピー札を一人一人に手渡して、お菓子を食べさせて帰っていきます。 私はロティをお手伝いしようと台所に入ったのですが、薪で焼くロティは難しく手際が悪いとすぐに焦げてしまい、堅焼きせんべいのようになってしまいました。やはりここはお義母さんの出番なので場所を譲り、私は捏ねた小麦粉をちぎって団子にする担当に回りました。最近になってようやく主人にロティを褒められるようになり自信がついてきていましたが、その日はお母さん好みの大きいサイズを作っていたつもりが、「ラッドゥ作ってるんとちゃうんで」「すんません!」「パンジャーブ州のロティか?」「すんません!」と笑いながら問答が繰り返されました。どれもハイカロリーな料理ばかりで、作った大人たちはあまり口にしていなかったのですが、息子は機嫌よく口にしているように見えました。(写真は困惑したような顔!?)お義母さんは笑いの焦点が私と同じで、去年の年末あたりからお義母さん自身も面白い人だとわかってきました。息子に服を着せるのをお願いした時も、左右全然違う靴下を履かせたり(写真下)インドのお食い初め儀式では、経済的に余力があればですが、銀のスプーンとお皿とグラスを母方の祖父母からプレゼントするそうです。結婚前に彫銀のスクールに通っていた時、余っていた銀で形だけ作っていたものがあり、これの出番がきました。研磨している時間が足りず、つなぎ目が丸見えですが、実用性はないとしても私からの初ギフトになりました。 最近の習わしで、ペンを手に握って、ノートを目の前にしてお食い初めをすると、将来勉強する子になると言われているそうです。お義父さんが息子に握らせた紙幣もこのノートに貼り付けました。最近は10ルピー札も新札が出回ってきているので、この定番紙幣も将来は使えなくなるかもしれませんね。お食い初め式の後は、まだハイハイもできないのに、スケボーの練習をしていました。3ヶ月前にお義父さんが隣近所の結婚式の準備で木を伐採している途中、足を大怪我し、歩くのに苦労しているそうなのでスケボーをお義父さんの家に置くことにしました。家の中で、スケボーの上に座りながら少し移動する分には活躍してます。お食い初めの儀式は終わったので、次は剃髪の儀式です。今のところ、儀式そのものより、実家への移動が大イベントです。お知らせSwami Vivekananda Yoga and Meditation Foundationインド リシケシュのヨーガスクール日本語版公式WEBができました英語版公式WEBにほんブログ村

      19
      テーマ:
  • 10Apr
    • マッサージ効果抜群のインドの下駄と ラングール(猿)の話

      こんにちは。リシケシュには猿が多いと言う話は度々記事に書いたことがあるのですが、特にラングールと言う種族の猿は体格が人一倍大きく、走ると格好良いんですね。ハヌマーンのモデルとなっている理由が頷けます。私が走っても誰も振り返りませんが、体格が良いラングールが歩道を走ると、最低10人は振り返っているんじゃないかなと思います。上下の写真はバラナシーで撮影した過去記事の写真です。とくにバイクが大好きで、占有しだすと絶対退かないですし、所有者と睨み合っている時もありました。さらにこのラングールの素晴らしいところは、無理やり食べ物を強奪せず、バナナを見せびらかされても、涼しい顔をしているところです。最近は、トゥクトゥクと言う三輪の乗り合いタクシーに座り込んだラングールも目撃されました。(写真下⇩)ところで今朝、自分のお葬式の夢をみました。生きているのに火葬する夢で「火葬の火が熱いから痛み止めの注射を打って欲しい」だとか「この服は燃やしたら勿体ないから、あの服を着る」だとか、シュールで笑える夢でした。最近疲れているのかなと思って、体を労わる為に2年前から気になっていたトゲトゲのある下駄を購入しました。お店には1点しか置いてなく、私が時々試し履きしていましたが、とうとう買ってしまいました。200ルピーの値打ちはあるかなと思います。アップして撮影するとこんな具合です。エジプトのピラミッドが密集したような小さな世界があります。外出先で履くには効率が悪そうなので、もっぱら室内で青竹踏みのように使っています。こんなのを履いて歩いていたら、”ちょっと変な人”ですよね?本来はこの形状の下駄はカラーウーンと呼ばれるもので(写真上)これを履きこなすには根本的な歩き方を変えなくてはいけないと思います。これに乗って自転車こいでるおじさんもいるぐらいです。ビーチサンダルの方が軽くて柔らかいのですが、あえてこれを好んで履くという心理、機会があればインタビューしてみたいです。お知らせSwami Vivekananda Yoga and Meditation Foundationインド リシケシュのヨーガスクール日本語版公式WEBができました英語版公式WEBにほんブログ村

      17
      2
      テーマ:
  • 27Mar
    • Sonu Nigamさんがヨガスタジオに来てくれました。

      昨夕、スタジオに歌手であり俳優でもあるSonu Nigam さんが遊びに来てくれました。「凄い有名な人だよ」と聞いても初めは誰かよくわからず、オレンジジュースとビスケットを用意して待っていると・・・顔と頭全体を布で覆い、ボディガードや付き人のような人たちに囲まれて、スタジオに到着しました。縦にも横にもこんなに大きい人をリシケシュで見たことがなかったので「大きいなあ!」というのが第一印象でした。右に写っている女性はWEBと受付スタッフのクリティさんで、私よりも体格が1,5倍しっかりしているはずなのにSonuさんの隣に立つと皆が子供に見えます、笑。後でYouTubeで確認すると、聴いたことのある曲ばかりで、本当に有名な方なのだと知りました。10年ぐらい昔に、デリーでランダムにCDを20枚ぐらい買って、日本に持ち帰りBGMとして聴いていたのですが、その中で聴いた曲ばかりでした。30代ぐらいで若く見えたのですが芸能生活が長そうです。体のメンテナンスをされているのでしょうね。最近旅行に行くチャンスがないのですが、アッサム地方を旅しているような(行ったことないけど)、爽やかな気分になる歌ばかりですお知らせSwami Vivekananda Yoga and Meditation Foundationインド リシケシュのヨーガスクール日本語版公式WEBができました英語版公式WEBにほんブログ村

      22
      テーマ:
  • 09Mar
    • インドの石と宝石鑑別の話

      インドでは「石」に関する「騙された〜!?」という事件がよくあるのですが、最近あった身近な人が遭遇した話では●デリーのチャーンドニーチョークの路上で、新機種の携帯電話を安く売ると言葉巧みに話を持ちかけ、売り手が箱に収めるところまで目で確認したはずなのに、家にかえって箱を開けてみたらデッカい石の塊が入っていた。●道端の洗濯洗剤の叩き売りで、2KGで100ルピーという破格に、インド人たちが買い寄せていましたが、袋を開けると砂利石が混じったようなものが入っていたそうです。汚れが落ちないだけならまだしも、服まで台無しに。購入したあるインド人は「今度親戚の結婚式があるから、食器洗剤に使えるかな!?」と思いつき、親戚にあげてしまいました。最後の最後まで使いきることが美徳だと思っているインド人、悪意はないものの、ありがた迷惑というか、因は因を生むというか、複雑なカルマですね(^^;)私の石に関する苦い経験は、浅学のために、つまらない石をインドで何度か買ってしまったことです。何日かで飽きてしまうようなものは初めから買わない方が賢明なのですが、その時は無い知恵を絞り出して真剣に選んでいました。自然が作り出した天然石は、すべてエネルギーがありますが、合成ならまだしも、精巧にできたプラスチック疑惑のものもありましたし、良い石に巡り会うには、それを持つに相応しい人のもとへ行くものだと痛感しました。最近はルドラークシャも(シヴァ派の聖木とされる菩提樹から作られる核で数珠に用いられる)、中国製の樹脂でできた偽物や機械で彫ったものも氾濫しているそうなので、審美眼が欲しいところですね。これを機に長く愛せる石を見つけたいなと、2016年に半年間、大阪にある日本宝飾クラフト学院で彫金と宝石鑑別を学んでいた時がありました。東京の御徒町に本校があります。残念なことに大阪校は今年3月に閉校してしまうそうです。特に宝石鑑別の喜多先生のクラスは毎回為になる実習で、通った甲斐があったと思います。また、喜多先生の個人の勉強会「ツドウ」は、天然石・貴石・宝石販売業を営む方や”鉱物オタク”の集まりで会話内容が濃すぎるのですが、貴重な交流をさせていただきました。授業中のデスク上の写真です。↓個人では一気に買い揃えられないほどの高価な器材を、良心的な授業料で1から丁寧に教えていただいたことに感謝しています。徐々に個人でも買える小物は少しづつ買い足していきました。下の写真はダイヤモンドのグレーディングや宝石鑑別の国際資格で権威あるGIAで用いられる屈折計です。ドーム型のカボションカットの石の屈折率をはかるには良かったですが、他社の屈折計よりもかなり高価で、重量も他社のものよりずっしりあります。↓屈折率とは、空気中の光の速度を300,000kmとし、宝石中における光の速度との比率のことをいい、宝石を45度ずつ向きを変えて計測していきます。それと同時に単屈折か複屈折かを判断して、候補の石を絞り込んでいきます。原則、コランダムの屈折率(1,762-1,770)より高い屈折率のものは測定できません。最も輝きのあるダイヤモンドは屈折率が2,42と高いため、これらの屈折計では計測できないことを確かめた上で、長波と短波の紫外線に当てて反応を調べたりしていきます。例えばダイヤモンドの代替品とされる、CZ(キュービックジルコニア)や、ジルコンも屈折率が高く、屈折計では測定できません。モアッサナイトと云う石は特に、ダイヤモンドテスターという機械でさえ誤認識するほど構造がそっくりでプロの鑑定士でも混乱するそうです。授業が一通り終わり、最終試験で自分用に屈折計の購入を検討していた時、大阪で販売している会社から2種の器材を2週間ほどお借りして自宅で使ってみました。右の白いのは軽量で持ち運びもしやすいですが、補償がなかったのが理由で購入しませんでした。需要が低いのか、選べるほど種類もないので、欠点の数を比べて、減点方式で、左の黒い方を選びました。↓下の写真は、先生にお借りした合成コランダムです。不純物が入り込み、赤のルビーや青のサファイアと呼ばれます。人工的に作られたコランダムは、屈折計を通しても勿論天然と同じ屈折率です。顕微鏡で覗くと、加工がどのようにされているか、天然と合成の特徴などが見えます。”石の中に宇宙が見える”とは石好きな人に言われることですが、顕微鏡で覗くと、何ミリという小さな石の中の小宇宙を見て石の虜になる人も多いようです。↓下の写真は、先生にお借りしたサンプル石で小粒なものたちです。ピンセットでつまんだ2mmの石に圧がかかって宙に飛び、絨毯の中に潜り込んだ時は生きた心地がしませんでした。↓石のことを少し勉強してみて、鑑別器材も幾つか買い揃えたものの、ジュエリーの本場ではないリシケシュでは活かしきれていません。積極的に買うための知識を得たと言うより、よくわからない石は買わなくなったというだけでも、得をしたと思っていますそれと、海外で石を買って、日本の鑑別機関に鑑別を依頼したところ、欲しかった石と違う石を買わされてしまったと云う話がよくあるそうです。インドで石を購入されて帰国前に気休め程度に確認しておきたいという方は、どうぞお立ち寄りくださいお知らせSwami Vivekananda Yoga and Meditation Foundationインド リシケシュのヨーガスクール日本語版公式WEBができました英語版公式WEBにほんブログ村

      30
      テーマ:

プロフィール

アーシャー(आशा)

お住まいの地域:
海外
自己紹介:
2012年8月〜2013年4月まで、デリーのケンドリヤ・ヒンディ・サンスターン語学学校でヒンディ語を...

続きを見る >

フォロー

最近のコメント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス