キャンプ荼毘 | 小劇場クルーズ~この素晴らしき役者たち~

小劇場クルーズ~この素晴らしき役者たち~

最も身近で自由な表現方法である筈の演劇なのに、ごく一部の人々がその恩恵に浴しているだけの現状はとても寂しい。
人知れず才能と輝きを秘めた役者や深い感動をもたらす舞台が、星の瞬きのように次々と光っては消えを繰り返し永遠に忘れられるでは、本当に勿体ない。


テーマ:

ひとりぼっちのみんな『キャンプ荼毘』 [於・横浜駅西口、STスポット、~ 2018/12/02 (日)]を観てきました。

 

『キャンプ荼毘』は高校時代の恩師の死をきっかけに再会した女たちのトラウマとマウンティングを荼毘に付す一夜の物語です。                                                                     

                                                      ~説明文より~

 

 

Wキャストの内の【チーム】を鑑賞-
終盤でのパフォーマンスが凄まじく衝撃的だったので、昨年に引き続き二度目の観劇。
人気の演目だけあって、今回見事にパワーアップしてましたね。
何か女子って面倒くせ~、とネガティブ女子の憂鬱を主軸に大筋はそのままに座組みもチームワークの良さを窺わせて、グイグイ来る圧が楽しい。
知っている役者さんは一人も居なかったけど、皆キャラが立っているので入り込みやすく、客席も温かく一体感を感じました。
ネガティブでドロドロなんだけど嫌らしくなく、役者は皆好感度高し。
とてもテンポよく運動量も多く、ガールズ・パワーが炸裂してました。

お薦め。

 

 

今回初めて拝見した、ヒロインの木村美月(阿佐ヶ谷スパイダース)さん

一方の【チーム】には応援している役者さんが居ましたが、美月さんが出演のこのチームを選択。

開場して着席するまで、何度も観ている“土橋”美月さんが出るものとばかり勘違いしていました。ガーン

でも結果オーライで、いい俳優さんと出会えた良い一日となりました。ウシシ

 

 

 

 

 

只管打座さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス