キラメキ ~私はトビウオ、あなたは太陽~ | 小劇場クルーズ~この素晴らしき役者たち~

小劇場クルーズ~この素晴らしき役者たち~

最も身近で自由な表現方法である筈の演劇なのに、ごく一部の人々がその恩恵に浴しているだけの現状はとても寂しい。
人知れず才能と輝きを秘めた役者や深い感動をもたらす舞台が、星の瞬きのように次々と光っては消えを繰り返し永遠に忘れられるでは、本当に勿体ない。


テーマ:

キラメキ ~私はトビウオ、あなたは太陽~』[於:十条・犀の穴(さいのあな)、~ 2018/09/17 (月)]を観てきました。

 

「あなたは太陽、私はトビウオ」


――エース専用のロッカーにある古い落書きの言葉。
それを書いたのはかつてこのスイミングクラブでエースだった鬼コーチ水原だという噂があった。
次期エースを目指すさとみは勇気を振り絞り、水原に迫る。
「話をしてくれませんか、誰よりも輝いていたはずのエースのあなたが太陽とまで例えたその人のことを」。

 

鬼コーチが語る、熱き青春の物語――――

                                     ~説明文より~

 

 

 

関西一円から若手俳優を募り、徹底的に鍛え上げるプロジェクト[真夏の太陽ガールズ]の二年目の公演らしく、来年度以降も続いて行く企画のようですね。

大阪公演の選抜メンバーによる北区十条の小さいハコで殆ど素舞台の公演-

シンクロナイズドスイミングに青春をかける女子を描いた群像劇で、序盤は少女趣味的な展開がこのまま続くとしたら苦手だなと思いつつ、

その後はそれ程くどくなく、むしろ関西パワーが炸裂しなんとも痛快。

役者は皆瑞々しい魅力を湛え躍動し、とても清々しく熱量と一体感はホール公演にも決して負けぬスケールを感じさせ最後まで吸引力は衰えずに見入っていた。

 

役者の思い切りの良い振り切った演技・照明・つかこうへい作品を彷彿させる不器用で暑苦しい人物造形と過剰な演出で観る者の感情を揺さぶってくる熱い舞台。

お薦め。

 

 

 

前列左から:笠松遥未さん、古場町茉美さん、一人挟んで森下りおさん、西村こころさん他の皆さん

   (* お名前を間違えていたらすみません。)

 

 

 

 

 

只管打座さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス