STREET THE MUSICAL | 小劇場クルーズ~この素晴らしき役者たち~

小劇場クルーズ~この素晴らしき役者たち~

最も身近で自由な表現方法である筈の演劇なのに、ごく一部の人々がその恩恵に浴しているだけの現状はとても寂しい。
人知れず才能と輝きを秘めた役者や深い感動をもたらす舞台が、星の瞬きのように次々と光っては消えを繰り返し永遠に忘れられるでは、本当に勿体ない。


テーマ:

横浜開港記念イベント「横浜セントラルタウンフェスティバル」内の“Y159横浜元町サンクスデイズ”「STREET THE MUSICAL」(5/26・.27、18:00~1900、観覧無料)を二日続けて観てきました。

 

 

STREET THE MUSICAL劇場と化した街なかを練り歩きながら、数々の名作ミュージカルシーンを楽しむことができる、日本発の体験型エンターテイメントショー       ~説明文より~

 

 

 

LA LA LAND」「グレイテストショーマン」「メリー・ポピンズ」「雨に唄えば」「ウエスト・サイド・ストーリー」といったミュージカルナンバーを現役の第一線で活躍されている俳優さんが歌い踊ります。

 

街中ならではの仕掛けがそこかしこに散りばめられ先の読めぬ参加型アトラクションの様な演出がとても楽しい。

開放的て敷居が低く、それでいて祝祭的で刺激に溢れた空間は何度でも足を運びたくなります。

ラヴシーンの至福感や、群舞の決めポーズでの陶酔感等を皆で共有する一体感たるや完全に魔法に掛かった様。

狭い通りを時に激しく元気一杯に駆け抜ける俳優さんの後を観客は追い掛ける形になるので大混雑の中の鑑賞はとにかく大変。

 

人込みを掻き分けて移動して裏道回って先回り、そして立ったりしゃがんだりの繰り返しで、結構フィジカルな観劇体験でした。

 

 (・・・安全で快適に鑑賞する為には、沿道は仕方ないにしてもメインストリートの道幅は今回の3倍以上を要するかな。お年寄りやベビーカーが人込みに飲み込まれて身動きできない状態になっているのを何度も目にした。)

 

以下、動きの有るものを中心に、・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中央:『美愁』での好演も記憶に新しい、鈴木美緒さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

只管打座さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス