小劇場クルーズ~この素晴らしき役者たち~

最も身近で自由な表現方法である筈の演劇なのに、ごく一部の人々がその恩恵に浴しているだけの現状はとても寂しい。
人知れず才能と輝きを秘めた役者や深い感動をもたらす舞台が、星の瞬きのように次々と光っては消えを繰り返し永遠に忘れられるでは、本当に勿体ない。


テーマ:

ソラカメ「熱狂パンク」(王子・花まる学習会王子小劇場、本日千穐楽)を観てきました。

 

 

将来後悔しないために、勉強は大切だ。

部活、友達とくだらない話で笑い合う-

だけどもっと大切なことがある気がしてならない。

喉を締め付けるようなこの感覚。

叫びたくてたまらない。

                                            ~説明文より抜粋~

 

 

こちらは第2回公演「ピンク(2014年1月)」以来となる二回目の観劇。

女性作家らしい細やかなタッチで等身大の女性を描き、可愛らしいエンディングが決して忘れられぬ一本となりました。

 

あれからすっかりご無沙汰してしまい、:“山形悠(はるか)サンの抑えた演技が良かった”と自分でも劇評を書いているのに肝心のお顔をどうしても思い出せない冷や汗

 

千穐楽チケットは完売売り止めであったけど、自分と観劇的嗜好の近い方が好意的な口コミを寄せているのを拝読した為、急遽キャンセル待ち狙いの滑り込みで観てきました。

 

 あるある的な高校生の日常を切り取ったまま緩めに推移していき、このタイトルと口コミの高評価に対して違和感を覚えつつ成り行きを注視します。

大人のみのキャストで学園モノをやると、出オチ的で大なり小なり変な笑いが起こり、馴染むまでに時間が掛かるものですが、俳優の皆さんがごく自然に校内に溶け込んでいてある意味高校生が演じる以上にリアリティがあった。

それまで目を背け押し殺してきた胸の火を真っ直ぐな言葉に乗せヒロインが叫ぶバンドセットを配した圧巻のパフォーマンス。

鳴くことを忘れた籠の鳥なんかに成らないと、自分に嘘をつき続けて生きてきたいい子ちゃんと決別するクライマックスがとても感動的。

LIVE演奏に持って行く件が強引過ぎるけど、最後は落涙を抑えきれない佳編でした。

 

 

パンクなポーズを取ってくれた-

左から:ヒロインを務めた西澤香夏さんと劇団主宰・江田恵(ソラカメ)さん

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

只管打座さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。