囲炉裏小屋再築1 | 七味んちのログな暮らし

七味んちのログな暮らし

2007年にビックフットよりログハウス(クーリ)を建築した、七味君のオーナー日記。家を建てる技量がないので、家の小物から、デッキ、小屋、石釜等々、DIYで手がけました。その製作の模様から、ログハウスで住む独特な生活の模様をお贈りいたします。


テーマ:

作業のしやすい気候である初冬はDIYの季節です。バラした囲炉裏小屋を再築します。囲炉裏小屋を使ってみて、意外とあの広さのスペースは必要でないと感じていたので、今回は床面積を半分にして、残り半分はデッキスペースとして生まれ変わります。また、たき火スペースまで屋根を拡大予定です。

 

 

転倒前の囲炉裏小屋。

 

 

小屋の土台をコンクリートブロックに置きます。

 

 

床を張り付けた上で、四面の柱を作ります。

 

 

これ、北側の柱。残り3か所の柱を作ります。

 

 

南側も作り、あとは東西の柱部分を作って本日の作業は終了です。

 

前回と同じ寸法で作るので、解体した材をそのまま利用できるのですが、若干サイズが変わり、意外と四苦八苦。

年内中に完成できるかな?

 

七味さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス