その看護師さんとの再会は、さらに3~4日経過した頃でした。

 

私は、歩行器を使えば歩けるまで回復していました。

 

 

足音と同時にカーテンが開き、

 

「伊村さ~ん、検温で~す。」と声が聞こえました。

 

そして、何もしません。

 

ただ黙って待っています。

 

 

ベッドから即、起き上がるほどに回復していた私は、

 

ぶっきらぼうな口調に、

 

あっ、あの看護師さんだ、と気づき、

 

 

すぐに自分で体温計を取り、

 

脇に挟んで検温し、差し出しました。

 

 

そして、

 

目がまだ回復の途中で、文字が見えなかったので、

 

「何度でした?」

 

と、

 

尋ねました。

 

 

その時、気がつきました。

 

 

今度は何もしなかったが、

(前回は、ケースに入ったままの体温計を差し出してくれていたので・・)

 

もしかしたら、

 

何もしない方が患者のためになる思っているのかもしれないな!?

 

 

             ・

 

 

 

 

茂木外相が「リバティ ウエブ」で、叩かれていると言っていました。

 

 

 

 

 

              

「リバティ ウエブ」は、月刊誌のウエブ版です。

 

立ち位置は保守です。

 

超が付くといっても良いかも知れません。

 

 

東大卒で保守の茂木大臣を叩いている、超保守の雑誌(ウエブ版)という事になります。

 

ネットで探してみると、

 

まあ、

 

叩かれまくり、といった感じですね、茂木大臣は・・・。

 

 

別に、リバティに限定されたものではありません。

 

 

地上波TVで流れたのでしょうね、私は観ていませんが・・。

 

 

その相手は、世界が認める暴力団国家チャイナなので、叩いて当然ではあるのでしょう。

 

でも、ちょっと待ってくださいよ。

 

 

もすこし、詳しく調べてみませんか?

 

叩くのを否定するわけではありません。

 

叩いて叩いて修正を求めた方がよいのでしょうが、

 

も少し深いところまで考察してみたら・・・、

 

と、

 

思うわけですね。