神余地区山下集落の背後の丘陵に山下城は構えられていました
集会所の脇から登ります
文字が薄れてはいますが標示があります

残念ながら明確な遺構は確認できません
耕作地として利用されていたようで段郭状の地形は
確認できますが遺構なのか?なんともいえません


北東向きに構えられた城で神余城の支城と考えられます
麓には館山や稲村方面へ通じる道の存在が考えられます
監視の役割を担っていたのでしょう


安房郡誌には「今は田圃となれり」と記されています
これは麓に居館が存在していたということでしょう
丘陵には物見を兼ねた簡素な詰め城が
設けられた程度だったのかもしれません

神余家臣である山下定兼の城といわれます

この人物は南総里見八犬伝にも登場する人物であります
※八犬伝では山下定包という名で登場する

↓城跡らしい地形はこんなもんでしたwww


兼定は主家を滅ぼした後、その所領である神余郷を掌握したといわれます


その後、隣郡の安西氏、丸氏によって討たれます
この一連の事件により長く平穏が続いた安房国も戦国がはじまります

 

↓山下城の航空写真(電子国土空中写真1961~69を使用して作図)



参考  千葉県安房郡誌/千葉県安房郡教育会
     房総の古城址めぐり/府馬清
     房総の古戦場めぐり/府馬清

三島市徳倉地区のほぼ独立した丘陵に徳倉城は構えられています

あまり期待せずに訪れたのですが意外と楽しめました


遺構の残り具合ははそこそこといったところですが主郭?背後の堀切と
南側2郭?の竪堀と虎口の組み合わせは良いですね
ただし山林、耕作地となっている関係で地形の改変も見られます
かつての姿を想像することは少し難しそうです

↓主郭の虎口

↓北側の堀切

↓主郭にある五輪塔

↓南側の堀切

後北条氏に仕える津田氏の城跡、笠原氏の城ともいわれます
城山、城下と地名が残るといわれます

構造的に見て後北条氏の重要拠点ではなく在地領地の居城と考えられます

 

徳倉小学校の北東、比高30mほどの丘陵に築かれた城で
南麓には簡単な案内板が設置されています

 

 

 

↓徳倉城の航空写真(電子国土空中写真1961~69を使用して作図)



参考  静岡県の中世城館跡
     現地案内板

旧・須玉町東向、中屋敷集落の信光寺東から南側にかけて
三枝土佐守の屋敷がありました
塩川とその支流の段丘を利用した台地端に設けられた
要害の地であります


現状は耕作地となりますが屋敷跡の東端にあたる八幡神社には
大きな土塁が残ります
耕作地には堀の痕跡と思われる地形が見られます

八幡神社の土塁は草刈りされキレイにされているので見ごたえあります

 

武田信虎に仕えた石原守種は甲斐の名族である
三枝氏の名跡を継ぎその子・土佐守虎吉や
その子・守友は武田氏家臣団のなかでも有名であります

東向の三枝氏は虎吉の三男・昌吉の屋敷であります
主家・武田氏が滅亡し天正10年に徳川氏へ出仕した
昌吉は土佐守を名乗ります。
佐久前山城攻略、小諸城攻略、長久手の戦い、上田城攻め
岩槻城攻め、九戸へ出陣など数々の戦へ参加し活躍します

この屋敷は元和8年(1622)頃に徳川忠長の甲斐入国に従い
国内に六千石を領した際に構えたものでしょう。
しかし寛永9年(1632)に起きた忠長事件に連座して昌吉は
改易となります
屋敷も同時期に廃されたと思われます

 

↓三枝氏屋敷の航空写真(電子国土空中写真1974~78を使用して作図)


参考  須玉町史/ 1巻 通史編
     山梨県史/資料編7中世4考古資料 
     三枝氏の足跡を訪ねて/ 豊富町教育委員会
     市内城館跡詳細調査分布報告書/ 北杜市教育委員会

突然ですがJR岩沼駅は鵜ヶ崎城の主郭にあたります
江戸期には岩沼要害として仙台防御の一翼を担っていました

現在、駅の西側の丘に鵜ヶ崎公園として城の一部が残ります
中世には城の中心部として使用された郭と思えます
遺構が残らないと思っていましたが公園内に僅かながら
土塁と郭跡が残されており嬉しったですわ

古図で見ると城は沼に囲まれた天然の要害でした

城下は竹駒神社の門前町として発展し奥州街道の
宿場町として経済的にも栄えました

平安中期に鎌られた「武隈館」が城のはじまりと伝わります
戦国期には泉田氏の居城でありました
泉田氏は二階堂氏の出で伊達氏に臣従し岩沼を領していました
江戸期には古内氏が主として明治まで存続しました

 

↓鵜ヶ崎城の航空写真(電子国土空中写真1961~69を使用して作図)



参考 岩沼市文化財だより第6号/ 岩沼市教育委員会
    岩沼市史/ 全)
    現地解説板
    伊達諸城の研究/ 沼館愛三

白糸台5丁目、諏訪神社と幼稚園の建つ地が
浅野長政隠棲の地と伝わります
浅野長政とは豊臣秀吉に仕え五奉行として
政治手腕を発揮した武将であります

その長政が秀吉死後に野心を露わにした徳川家康の
暗殺を石田三成の後ろ盾のもと大野治長が計画しました
計画は発覚し治長は流罪となり関与を疑われた長政は
家康に不興を買ったことで領国に帰り閉居します
しかし長政は領国の会でなく家康の領地である府中に蟄居しました

蟄居地と伝わるこの地は幼稚園、宅地、耕作地、神社となります
幼稚園を建てる前は土塁で囲まれた区画がありました
現在も土塁の一部が園内に残されています
諏訪神社と耕作地の境には堀跡も見られます
多摩川の段丘に面した立地です


一辺が150mほどの方形区画で中世の城館跡と考えられます
発掘調査では堀跡や中世の遺物が出土しています

方形区画は堀と土塁、さらに内部にも堀がめぐっていたようです
諏訪神社の脇にある溝は内堀跡です

浅野長政は中世の城館跡に蟄居したということは家康の
指示であり恭順の意を示したものだったのでしょう

残念ながらこの中世城館跡と思われる場所には情報がありません
近世以降に平田氏が居住しています

 

↓伝・浅野長政蟄居の地の航空写真(電子国土空中写真1961~69を使用して作図)



参考   新・府中市史/ 資料編 中世
      東京都の中世城館跡/ 戎光翔出版
      府中の歴史/ 府中市教育委員会