しおんの勉強部屋

神さまからもらった、生きる時間を大切にしたい。
人間といのち、未来について考える、資料のお部屋です。


テーマ:


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

$しおんの勉強部屋



北海道教職員組合(北教組)による、
「竹島は韓国の領土」とする見解が問題になったことがありますが(↓)

http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1267594166/
【政治】 "まるで売国奴" 民主党を支持する献金問題の北教組、
「竹島は韓国領土。我々が正しいことを子供に教える」と韓国紙に


北海道における、社会科の副読本問題は、その後、どうなったのでしょう?

今朝、北海道の話題関連が出て、そういえば・・と
久しぶりに資料を引っ張りだしたので、ここに貼っておきますね。

平成24年3月27日・参議院の議事録から、一部引用です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第180回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第6号

○義家弘介君 (前略)国交省、まずお聞きしたいと思いますが、国土交通省は国の補助事業として、財団法人アイヌ文化振興・研究機構という、公益法人等々に行くお金の中から一億八百万円の補助金、国交省の予算として付けていますけれども、この目的は何ですか。

○政府参考人(青木一郎君) お答え申し上げます。
 国土交通省より財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構に対しまして、アイヌ文化、アイヌ民族に関する普及啓発活動を行うための補助金を交付いたしております。

○義家弘介君 国交省がどのような普及啓発活動をするべしといってこの一億円以上の予算を付けているのか、その内容を手短に教えてください。

○政府参考人(青木一郎君) お答え申し上げます。
 例えば学校教育におきまして、副読本の作成を支援、援助いたしております。また、様々な文化活動に対する援助も行っておるところでございます。

○義家弘介君 国交省が何で学校の副読本に対しての補助金出すんですか。

○政府参考人(青木一郎君) これはアイヌ文化振興法制定当時の経緯にかかわっておると承知しておりますが、普及啓発活動は国交省の所管であるという整理が当時なされたものという理解をしております。

○義家弘介君 さらに、文部科学省、お尋ねします。
文部科学省は同様の補助金、二十三年度ベースでどのぐらい出していますか。

○政府参考人(布村幸彦君) この財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構に対しまして、文化庁の補助として、アイヌ語の振興あるいはアイヌ文化の振興につきまして補助事業を行っております。

○義家弘介君 二億円ですね、およそ二億円の額の予算付け。国交省と文科省でおよそ三億、それから道からも出て、こういう副読本が北海道の子供たちに配られて、そして学習が行われているわけですけれども、この内容を私見ていてちょっと驚いたんですね。こう書いてあるんです。今私の驚いた部分を抜粋して読みますね。

 日本国民には、和人、アイヌ民族、ウィルタ、ウィルタって樺太で暮らしていた人々ですね、それから在日韓国・朝鮮人、さらには世界各地に出自を持つ様々な民族が含まれていると。
これ読んで、ちょっと私びっくりしたんですよ。
だって、在日の人たちは外国人でしょう。日本人というのは日本国籍を持つ者なわけですよね。これ、学校の副読本で全子供に配られているんですよ。
 在日韓国・朝鮮人、これ、日本国民として教科書、副読本に書いてあります
が、川端大臣、いかがお考えになりますか。

○国務大臣(川端達夫君) 北方大臣としてお答えするものではありません。と言うと後ろ向きだと言われるかもしれません。まあ立場としてはそういうことです。

 ただ、御指摘の部分は、私も資料として今読ませていただきましたが、この文章は、例えば日本国民といった場合、それは日本の国籍を持っている人のことを指すが、決して単一の民族を指すものではない、現在、日本国民には、和人、アイヌ云々ということで、民族が含まれているという意味で、文脈からいうと、日本国籍を持っている人のことを指すということを言った中でこういうふうに言っておられるということで、これは国籍を帰化されたことを言っておられるんだと思いますが、誤解しやすい表現であることは事実だと私も思いました。

○義家弘介君 誤解しやすいじゃなくて、誤解じゃないんですよ、これ、これ確信犯的。北教組もこの教材を基にどんどん進めていこうという形で、北教という内部資料で一生懸命啓発活動を行っていますが、これ確信犯ですよ。日本国籍を持つ人が一般的には日本国民と呼ばれているが、現在、日本国民はそれだけじゃないんだと、在日韓国・朝鮮人、もう世界各地の出自を持つ様々な民族は日本国民なんだって書いて、出自があるのは日本国民なんだという形で書いて、これを莫大な予算で書いているわけですから、これ、もう一度中身について考えていただきたいんですね。

 これ、私はアイヌの人たちとの共生というのは何よりも大切だと思っていますよ。思っていますけど、これ敵対あおるような内容なんですよね。日本人がとんでもないことをした、とんでもないことをした、こんなことをした、こんなことをしたと、その部分を教科書で反省するならまだしも、内容としてはもう日本人を全否定して、そしてアイヌの人たちのことだけじゃなくて、様々な問題、差別の問題というのは教えていくのは大事ですけれども、さらにこんなことを堂々と書いてしまうという。

 私、こういう、金は出すけれども中身は知らない、中身は関係ないみたいな補助の在り方というのはもう一度検証しなければならないと思っていますので、この問題、引き続き聞いてまいりたいと思います。
 ありがとうございました。 (後略)  

引用元:
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/180/0020/18003270020006a.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「副読本」という見えにくい手段をもちいて、
地方から日本国民を、いかようにも教育(という名の情報操作)できるシステムが存在する、
ということは、広く国防という立ち位置から見て(=情報戦争という意味において)
埋めていかなければならない「穴」なんだろうと思います。

こういった穴をふさぐことなく、

外国人地方参政権、地域主権、TPPによる、他国民の大量移住

などへ、無防備に流れていくことは、
他国による、地域乗っ取りを可能にするもので、
大きな危険性をはらんでいるのでは・・と、私は憂慮しています。

グローバル化を少しでも目指したいなら、国内法の整備(=他国に利用されないか検証)を、
まずは徹底すべきなのではないでしょうか。

現与党の自民党さんには、このことをよく考えて欲しいと思います。
これの検証と整備だけでも、少なくとも、数年はかかるはずです。


【 在日外国人による、制度の穴を利用したと見られる事件の一例 】
  ↓  ↓  ↓
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110119/crm11011920130332-n1.htm
◆中国人生活保護大量申請 入管「身元引受人虚偽でも取り消しは困難


あまり知られていませんが、知られざる外国人特権の「闇」について、
公的機関が提示する情報ソースへのリンクを貼るなどして、
「いわゆる在日特権」の問題点を周知しているサイトさんがあります。
リンクを貼っておきますので、この機会に、ぜひお目通しいただき、
私たちの国に隠されている、この問題について、いっしょにお考えいただければ幸いです。

  ↓   ↓   ↓

http://ameblo.jp/hourousya0907/
◆在日特権の真実◆

ネット上まことしやかに在日特権なるものが流れていますが何も根拠のないものが殆どです。このブログでは法律的根拠のあるものや公的ソースのある特権のみ紹介します。基本的にリンク転載自由とします。ツイッターやブログによる拡散や官公庁の投書にお使いください。



上のサイトを、隅から隅まで読み、
納得がいかなかったら、ご自身で調べられることを、おすすめします。
改善のお願いや苦言・意見は、現与党の自民党へ送りましょう。

  ↓   ↓   ↓

https://ssl.jimin.jp/m/contact
◆自民党へのご意見◆


私たちの血税の問題です。無関心は、いけません。



音譜 来てくださってありがとう。
ここからお帰りになると、このブログへの応援になります。

  ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

$しおんの勉強部屋



「 日本にいる韓国人売春婦5万人 生活保護在日3万人 
↑ ただの事実なのに、なぜかチョン大激怒ww 」

http://aresoku.blog42.fc2.com/blog-entry-3166.html


フェイスブック経由でウロウロしていて、上のサイト(↑)に行きあたりました。
何か、世の中で特定の事件があったときに、
ネット上の論調をまとめて写しとって来る、
いわゆる、「まとめサイト」と呼ばれるブログの1つです。

それを読んで思い出したのですが、
先日、この「在日朝鮮人の特権廃止を求めるデモ」が新大久保であったときに、
非常に長々と、
まさに渾身の熱意で書かれたネットニュースがありました。

ニュースの論調は、

新大久保での、在日特権廃止を訴えるデモの人々は
レイシスト(差別)集団であり、組織化されており、
一方、在日特権を擁護するグループは、一切、組織化などされておらず、
心ある者たちだ、


という内容で書かれているものでした。(↓)

http://www.excite.co.jp/News/reviewfeat/20130422/E1366595083370.html?_p=1
「在日は帰れ!」「レイシストは帰れ!」4.21新大久保反韓デモとそのカウンターを直撃取材


ニュースは、明らかに在日特権廃止を訴える側を悪く書き、擁護する側を美化し、
そもそも、このデモの原因となっている、知られざる特権の闇については、
完全無視を決め込んでいる、非常に偏向した内容で、
見つけた当時、読んで気分が悪くなったものでした。

でも、今日、一行目に紹介した、ネットの論調を紹介するまとめサイトに紛れ込んで、
もう一度、このニュース記事を読み直してみて 気付いたのだけど・・・

デモ隊がかかげていた、横断幕の文言が、
このニュースサイトの記事内で文字化され、紹介されているのですよね。


以下、その部分を引用します。


「文化財泥棒とは仲良く出来ません」
「福祉給付金を廃止せよ」
「通名を廃止せよ」
「日本人を脅して補助金ざんまい」
「韓国人売春婦5万人 生活保護在日3万人の即時強制送還を求める」



(・・・ちょっと横道にそれますが、横断幕にある、「文化財ドロボウ」について、
新しい情報があるので、ここに載せておきますね。(↓)
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1865.html
◆対馬の仏像盗んだ韓国人は全員、前科10犯以上の大悪党 )



たぶん、読者のうちの何割かは、ニュースサイト側の思惑通りに
「特権廃止を訴えた側が悪い」と思うでしょうが・・・

今どきの、情報リテラシーを持った人たちの多くは、公平に記事を見ようとして、
わずかな「デモ隊側の言い分情報」である、横断幕の文字に、注目するんじゃないでしょうか?
少なくとも、私なら、両者の主張の比較と、
「なぜこのようなことが起こったか?」ということについて、調べると思います。
素朴に、

「なんで、デモの人たちはこんなことを言っているんだろう?
在日特権って、何?」
 

・・・って。

デモの主張が、このようなかたちで、広くネット上に、
「ニュース」として知らしめられていることは、大きな意味があると思いました。
この元記事が、当面、撤去されないことを望みます。

ちなみに、私が注目したのは、朝鮮擁護勢力の女性についての記述の部分で、

「今回が三回目の参加となるDさん(40代女性)は在日朝鮮人3世である。」

というところ。

40歳で、しかも3世・・女性・・
そして、在日特権に反対するデモの反撃に、3回もやってくる人がいる・・。


さらっと書かれているこの部分に、

「自分が外国に住んでいる3世なら、特権反対のデモに対抗しようなんて、思わないだろうな。
・・・っていうか、なんで、日本国籍を取らないの??」


と素朴に感じる人は多いんじゃないでしょうか。

このことをきっかけに、疑問を持ち、
100人を超えるデモが起こるほどの「在日特権」とは何なのか、
冷静に調べてみる、ノンポリの人たちが増えることを、私は望みます。

件のニュースサイトは、あまりに特権擁護側を擁護していることに気が引けたのか、
最後の部分で、

>感情的なやりとりが行われるなかで、自分の主張を社会に問うように、
粛々と行進を続けるデモ参加者もいた


と、書いています。

そう。冷静に、事実を知ったことで、
「おかしい。」「特権は無くすべき。」と考えた人が多数いたことは、
やはり、同じ記事の中の短い文章、

>デモ隊の多くは街で歩いていても違和感のない洋服姿である。少なくとも外見からは、彼らが過激な排外主義を信条とする人々には見えない。

から、わずかに読み取れます。
(もちろん、その文章の周りには、「このデモの参加者の方ががおかしい」のであって、
特権を擁護する側が正しく冷静であるという流れが作られていますが・・・。)



ちなみに、いわゆる「在日特権」と呼ばれるものには「都市伝説」も多いので、
これから調べる人は、ネットで拾った情報を、なんでもかんでも真に受けないよう、気をつけて欲しいと思います。

公的機関が提示する情報ソースへのリンクを貼るなどして、
この「いわゆる在日特権」問題の闇を周知しているサイトさんへのリンクを貼っておきます。

  ↓   ↓   ↓

http://ameblo.jp/hourousya0907/
◆在日特権の真実◆

ネット上まことしやかに在日特権なるものが流れていますが何も根拠のないものが殆どです。このブログでは法律的根拠のあるものや公的ソースのある特権のみ紹介します。基本的にリンク転載自由とします。ツイッターやブログによる拡散や官公庁の投書にお使いください。



上のサイトを、隅から隅まで読み、
納得がいかなかったら、ご自身で調べられることを、おすすめします。

なんと言っても、私たちの血税の問題なのですから。



音譜 来てくださってありがとう。
ここからお帰りになると、このブログへの応援になります。

  ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

$しおんの勉強部屋


NHKの偏向体質を 見切ったアナウンサーが とうとう出たのか? 内部告発が期待できる?
と 一瞬、ワクワクしたんだけど・・・・どうやら違うみたい。

この「堀潤」というアナウンサーが、NHKをやめて「やる!」と言っている、
彼が設立した、ニュースサイトの 「リンク先」を、ぜひ見て欲しいです。

  ↓  ↓  ↓

http://8bitnews.asia/wp/#.UVrX9RzOt8E
◆ 市民メディア「8bit News」 ◆


堀(潤)さんは2012年6月、評論家の宇野常寛さんらとともに、
市民メディア「8bit News」を設立、運営主体としてNPOも立ち上げました

(※J-castニュース記事より:http://www.j-cast.com/2013/04/01172042.html?p=all

このニュースサイトの目次にある、
「みんなのニュース」にしても「アクセスロード」にしても・・
堂々とリンクを貼られているさきの、ラインナップは、こんな感じ。

  ↓  ↓  ↓

NHK「おはよう日本」 TBS「ニュースバード」
テレビ朝日「報道ステーション」

週刊金曜日・・・

「反原発」「新大久保の反韓デモに対する反撃」・・・
首都圏反原発連合」「鈴木宗雄」「原発いらない!
「坂本龍一」「福島のものを食べないでください」
あげくのはては、「 反原発早口言葉大会 」。

反原発、反原発・・・・


もう、おなかいっぱい。
NHKをやめて、フリーになって、このサイトでがんばるとか・・・(脱力)。

袂を分かつどころか、これじゃ、まるで、
NHKの主張を、ネット上から後方支援するサイトを作ったみたいです。

反原発を主張し、原発容認の言論を封じて問題になっている、NHKの事件を伝えるニュース。

  ↓  ↓  ↓

◆原発容認で出演中止 NHK番組 「意見変えて」要請
2013/04/01 08:42 ( 産経新聞 )
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/television/642746/


↑堀潤さんのサイトの主張と、ベクトルはいっしょだと思うのですが・・。
NHKとは、相思相愛なんじゃないの??


堀潤氏が設立にかかわる、このニュースサイトに、
数十もの関連記事がおさめられている、首都圏反原発連合、という組織なのですが、

首都圏反原発連合”、と検索に打ち込むと、
「 首都圏反原発連合 正体 」という検索候補が出てきて、
一番最初に出てきたサイトをクリックすると、こんな情報まとめ記事が出てきました。
(※ 私のサイトではないので、情報の精査は自己責任で。)

  ↓  ↓  ↓

http://blogs.yahoo.co.jp/kuretakenoyo/36969237.html
◆ 拡散「首都圏反原発連合」の正体:中核・赤軍派等反日軍過激派集団が扇動


(((( ;゚Д゚))) ・・・?!


上のまとめ記事を見て、思い出したことがあったので、特筆しておきます。

首都圏反原発連合という組織が、
記者会見をするのに使っていた、「自由報道協会」のことです。

一見、「偏向マスコミとは違う、独立している、一線を画している報道組織。」
に見えそうな主張をしている・・・のですが。

その組織が行っている「記者会見」の怖ろしさは、ハンパではありませんでした・・・。

私見ですが・・・私の動画視聴史上、一生忘れられないくらいの、怖い動画です。
百聞は一見にしかずなので、「知らない。」という人には、ぜひ一度、見て欲しいです。





この報道機関とつながって、
にこにこ笑顔で 主張している人たち、というだけで、警戒感MAXになってしまいました・・・。

首都圏反原発連合、と、堀潤氏のニュースサイトに検索を入れると、
実に54記事も、ずらずら~っと、関連記事が出てくる・・
堀氏のこのサイトが、何に力を入れているサイトか、ということは、
見に行けば、すぐにわかります。


NHKをやめる、堀潤アナウンサーのニュースは、以下(↓)。

http://www.j-cast.com/2013/04/01172042.html?p=all
◆「NHKにいても、自分の信じる発信はできない」 退職した堀潤さん、メディアの未来語る
2013/4/ 1 20:15 (J-CASTニュース)


このニュースサイト内の記事を読みながら、ちょこっと、記事内の言葉をググっただけで、
「べ平連」なんてワードに さらりと行き当たったりして、ぎょっとしています。
(※しおん注: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B9%E5%B9%B3%E9%80%A3 「べ平連」)



音譜 来てくださってありがとう。
ここからお帰りになると、このブログへの応援になります。

  ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

$しおんの勉強部屋



「おためし政権・民主党」が、実質的に、やっと つぶれ、
ボロボロになった日本の経済が、新生・安倍自民党によって立て直りはじめ・・・
ようやく明るい未来が見え始めて来たかな? という、今日この頃です。

今日、4月1日に、新入社員として初出社する、
幸運な、(あるいは、人一倍努力した)若者たちにとっては、
新しい門出・・・記念すべき日となることでしょう。

さて、少し前のことになりますが、我が家にも、就職活動をしていた人がいました。
その本人から、

「この映像は、まさに、就職活動のすべてを現していて、なんとも言えない気分になる」

という動画を教えてもらいましたので、ここにご紹介させていただきます。
これです。

  ↓  ↓  ↓




すばらしい映像とユーモアのセンスに、思わずうなったのですが、
これ、よく見たら、東京芸術大学大学院・映像研究科の生徒さんが作ったみたいですね。
日本最高峰の芸大の大学院・・・さすが過ぎます☆ (アイデアだけでなく、デッサンも完璧です)

「リクルートフェアで、米つきバッタみたいに、みんな、うんうん頷いているのとか、
(映像の作者は)本当によく見てる、リアルだな、と感心した。」


とは、我が家の「元・就職活動さん」の談。

グループディスカッションや、数回に及ぶ面接・・・(※ことによっては10回以上に及ぶ)

お父さん・お母さん世代は、この動画を見ることで、
今の時代を生きる若者の大変さが、少しは感じ取れるかも知れません。

映像の・・・主人公の彼女は、
自分らしさを取り戻して再チャレンジするところで終わっています。
戸惑いながら流されたときとも、自分を殺してマニュアル通りに突っ走っていたときとも違う・・・
ちょっぴり、自分らしいメイクをして、ふたたび走りだした、映像の彼女に、
「次は きっと、うまくいくよ。がんばって!」と声援を送りたくなりました。
作者の 吉田まほ さん、いい作品を見せていただき、ありがとうございました。


さて、就活名物(?)と言えば、「圧迫面接」というのがあります。

企業の面接担当者が、学生が答えにくいシチュエーションに追い込んで、
答えることが難しい質問を突き付け、答えるように強いるものです。
精神的に「圧迫する」面接、という感じでしょうか?

そんな、「誰も見れない」ハズの圧迫面接の現場を、映像化した作品があります。

 ↓   ↓   ↓




アニメーションなのに、やけにリアルな「あるある」だなあ、と、
思わず切なくなってしまった人もいるんじゃないかしら。
この映像、よく、ネット上の『 就活スレ 』に貼られているのだそうです

「なんとなく景気が良くなりそう・・・良くなるといいな。」

そんな「思い」や「希望」が、やがて実体経済に反映され、良い景気を呼び寄せます。

立ち上がり始めた日本の経済活動を支える、新入社員のみなさん方には、
明るく前をむいて、ポジティブな思いで頑張って欲しいな、と 思っています。



音譜 来てくださってありがとう。
ここからお帰りになると、このブログへの応援になります。

  ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。