名前で紐解く日本の神さま(入門編) | そるてぃーあひるっ!(自由気ままにアニミズムに生きる)

そるてぃーあひるっ!(自由気ままにアニミズムに生きる)

神仏・精霊・森羅万象。多彩な色彩。多彩な魂。結ばれた糸(=意図)と会う。糸+会=絵。
あらゆる意図(=糸)が絡み合って生じる、そんな絵を描いています。


テーマ:
「名前のことだま®講座」でいつもお名前を出している前田大介さん(→ブログ)

大介さんの話すことばは、ひとつひとつが深く、心に優しく届きます。

その優しいことば、深いことば、"ことだま"のちからを皆さまにも体感してほしいという気持ちから

手話通訳付きでの講座の開講をお願いしました。

今回から、新しい講座です!

今までの「名前のことだま®講座」を受けたかたは、もっと深く知ることができます。
「名前のことだま®講座」を受けたことがなくても、とても分かりやすいので楽しめます♪


「神さま」というフレーズから、宗教のように感じるでしょうが

どちらかというと「宗教」よりも「歴史」的な視点。
「言語」と「心理」の視点でもあるかも。

「ことば」のもつ面白さを知り、生きるうえでの心構えや生き方を学ぶことに繋がります。


◆◆◆◆◆◆

入門編から始まり、全7回の講座です。どこからでも参加して頂けるように1話完結の内容です。



「名前で紐解く日本の神様(神話) 入門編」



もしあなたが海外の人から

「日本の誕生日はいつですか?」

と聞かれたら何と答えますか。
正直私も古事記を学ぶまでは知りませんでした。

社会学者のアーノルド・トインビーは書いています。

「12、3歳までに自国の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅んでいる」

まさに今の日本がその道を歩みつつあるのではと感じています。
しかし、日本にはたくさんの世界に誇る文化・歴史があります。

私達はただ教えられてないだけです。

先人が残してくれた「人生を生き抜く知恵」を、日本の神様を通して学ぼうというのがこの講座の目的です。

難しい話はなく、どなたでも分かりやすく日本神話を紐解いて、なおかつ生活にいかせる内容でお伝えしますので、ご興味ある方は是非ご一緒に学びましょう。


お会いできることを楽しみにしています。

-----------

☆講師プロフィール

ことだま師
前田大介

{50ACFDD5-3501-490A-8497-992E67173C4F:01}


1975年大阪生まれ。40歳。
ホテルでのブライダルプランナーの経験より人間関係のうまく行く人、いかない人の差に興味を持ち心理学を勉強。その後「名前のことだま®」と出会う。
2015年、18年間の社会人生活から得た体験をもとに『ことだま師』として起業。
結婚を望む方のカウンセリングやセミナーを通じて、「自己肯定感」を高めて人生を楽しむサポート活動を行なっている。
また一方で、神社や日本神話に込められた「和の精神・日本の知恵」を現代の生活に活かすためのセミナーを開催している。



-----------


【日時】
3月19日(土)
13:00~15:00

【場所】
京阪本線・八幡市駅より徒歩5分ほどのフリースペース「8(はち)」

京都府八幡市八幡科手95-13
アパート103号室

(詳しい地図は参加者さんに送ります)


【参加費】
 4500円(テキスト付)


【内容】※入門編

◎「古事記」と「日本書紀」の違いは?
◎「日本書紀」と東京オリンピックの大事な共通点とは?
◎欧米人と日本人が考えた「神さま」の違いとは?
◎日本の神様の名前を「音」から紐解くと分かる、その役割とは?
◎「桜の花見」は実は大切な○○○だった?
など


-----------

◆手話通訳がつきます!
◆文字通訳(PCテイク)がつきます!
講師は聴者なので、声で話します。
聴こえるかたは声を聴いての受講ができるのでご安心ください。
聴こえないかたは手話通訳がつくのでご安心ください。



◆ノートとペンをご用意ください。
メモしたくなる内容が多いです♪




-----------

次回の予定…
第一回「イザナギ・イザナミの神話」
第二回「三貴子(アマテラス、ツクヨミ、スサノオ)の話」
第三回「スサノオの話」
第四回「オオクニヌシの話」
第五回「国譲り、天孫降臨の話」
第六回「海幸、山幸、神武天皇の話」


月一回、土曜に開講予定です。

ソルト@白めがねさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス