とうきょうのでんしゃ ~上野動物園のモノレールが超黒字なのに休止なんだって | 『オトナ楽しい絵本実話ネタ』~絵本は心の鏡~

『オトナ楽しい絵本実話ネタ』~絵本は心の鏡~

今をときめく絵本セラピー。
大人は、絵本の短い行間に、これまでの知識や経験、価値観を投影して、”心の鏡”とするらしい。
質問に答えてみて欲しい。
今の心の状態がわかるかも…。


テーマ:

木曜日、天気予報では4月並みの気温と、2月には珍しく気温が高い日だったので、久しぶりに銀ちゃんを動物園に誘ってみた。

 

「え、ものれーる のるのほっぺ隊長ハッ!?」

 

とうきょうのでんしゃ

著: 小賀野 実
出版社: ポプラ社

 

銀ちゃんを連れて行く上野動物園で、一番の目的はモノレールだ。
 

だが、年パスを購入しているとはいえ、モノレールは別料金。
しかも2歳から有料なので、いつも片道だけ乗せてごまかすことにしている。

 

しかし、今年でそのモノレールも休止と聞き、往復乗せてあげようと思っていたのに...。なんだかよくわからないが、事故で当面休止と書いてあった。

 

おいおいあせ

 

と、いうわけで片道すら乗れず、不満を抱えている銀ちゃんは
 

「モノレールさーん、どうしてねんねしてるの~?
おーきーてーっ!」

 

と呼びかけていた汗

恐らくモノレールさんも、ねんねしたくてしているわけでは無いとハハは思うのだよ。

 

さて、東京の電車的な絵本には必ずと言っていいほど登場する、上野動物園のモノレール。

 

なぜ動物園のものが?と思っていたら、東京都交通局のものだったらしい顔13ハッ

それで!?

 

クリックありがとうございます(´∀`)

 

      下矢印

 

ネッドちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス