すんだことはすんだこと ~溜飲が下がる | 『オトナ楽しい絵本実話ネタ』~絵本は心の鏡~

『オトナ楽しい絵本実話ネタ』~絵本は心の鏡~

今をときめく絵本セラピー。
大人は、絵本の短い行間に、これまでの知識や経験、価値観を投影して、”心の鏡”とするらしい。
質問に答えてみて欲しい。
今の心の状態がわかるかも…。


テーマ:

昨日の続き

 

私の訴えに対して

 

「銀ちゃんとお話したらいいじゃないにこ

 

と返したオット。

 

すんだことはすんだこと

 
作・絵: ワンダ・ガアグ
訳: 佐々木 マキ
出版社: 福音館書店

【絵本ナビより】

畑仕事に疲れたフリッツルさんは家事をやってみたくなり、おかみさんと仕事をとりかえるのですが……。ガアグが幼いとき祖母から聞いた昔話を、心をこめて描き、語っています。

 

 

 

オット流のギャグだ汗

 

だが今の私にはオットのギャグを受け止める心の余裕はない。

 

まさか私の選んだ男が、こんなくだらない答えを返すとは思いもしなかったと怒りすら湧いてきた ・・・ぷちっ

 

助けを求めた相手に伝わらなかった気持ちといったら無い。

 

夫は何かまずい事を言ったという事はわかったようだが、いったいどの部分が悪かったのかわからずうろたえている気配だった汗

 

 

考えれば毎晩遅くまで企業戦士()として戦っているオット。

 

家でまで考えたくない、喋りたくないであろうに、帰宅すると産後鬱のようなツマが攻め立てた。

 

そう思えば不憫な夫だ( ̄Д ̄;;

 

 私だってまさかこんな風に言葉でなく態度で夫を責め立てるようになるとは思っていなかった。

 

腹が立っているのだが、この立場にない相手に何を言っても伝わらない事を瞬時に悟り、「諦める」という言葉が浮かんだ私は、無言でムスコの待つ寝室へ入った。

 

後日仲良くなったママ友に話すと

 

「私なら離婚だわムスっ!ムカッ

 

とキレてくれた。

 

 あら不思議、これだけでちょっと溜飲が下がった気がする顔13

 

冷静になってみれば、いくら銀ちゃんとの時間が大変でも、オットと生活を取り替えようなどと言われたらたまったもんじゃない汗

 

決して社会で活躍するタイプのオンナではない( ̄Д ̄;;

 

優しいオットの庇護のもとで、私はなんと幸せなのであろう。

 

ウソじゃないってば。ホントホント(°Д°;≡°Д°;)

 

 

 

 

クリックありがとうございます(´∀`)

 

      下矢印

人気ブログランキングへ 

 

ネッドちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス