おやすみまえのおはなし アンパンマンのこもりうた | 『オトナ楽しい絵本実話ネタ』~絵本は心の鏡~

『オトナ楽しい絵本実話ネタ』~絵本は心の鏡~

今をときめく絵本セラピー。
大人は、絵本の短い行間に、これまでの知識や経験、価値観を投影して、”心の鏡”とするらしい。
質問に答えてみて欲しい。
今の心の状態がわかるかも…。


テーマ:

また泣いている・・・ショック

 

銀ちゃんはミルクと睡眠以外の時間、ずっと泣いている。

 

赤ちゃんといえば、コロンと寝そべって手足をジタバタさせて天を仰いでいる姿が記憶にあるのだが汗

 

とりあえず抱っこして揺れてみるのは人間の本能なのか))汗))

加えてうろ覚えの子守唄など歌ってみる。

 

おやすみまえのおはなし アンパンマンのこもりうた

作・絵: やなせ たかし
出版社: フレーベル館

 

【絵本ナビより】

おやすみ前にぴったりなアンパンマンのお話集。心安らぐストーリー20話とやなせたかしが描くやさしいイラストが夢の世界へ連れていってくれます。やなせたかし作詞のオリジナルこもりうたも収録

 

 

 

「ね~んね~ん、ころ~り~よ~おこ~ろ~り~よ~

ぼ~や~は~良い~子~だ~ねんね~し~な~汗

 

・・・

 

えっと(゜д゜;)

 

「ね~んね~ん~・・・顔2

 

 リピート(°д°;) 

 

個室で本当に良かった汗

 

ここに来て子守唄の知識すらない事に、妊娠中の体たらくを呪ったガーン

検索検索スマホ

 

どうやらこの子守唄は、田舎から丁稚奉公に来ている娘さんが、その家の坊やの子守をしたり、里帰りのお土産を持って帰ったりする歌のようだ。

ざっくり(・ε・)

いやしかし、子守が里帰りしている間に坊やの子守をしている人の立場で歌っているような内容だ。

 

ということは…坊やの母親目線の歌( ゚∀゚; )

 

母親を感じてちょっとキュンとしたハート

 

はっ!イケナイイケナイ!集中して歌うのだΣ(゚д゚;)

 

個室で本当に良かった(´Д`;)

 

やなせ先生のような素敵な子守唄を創作することは出来ないけれど、ハハなりにがんばって歌う。

 

しかし歌っても歌っても銀ちゃんは泣いている。

 

乳児の声は小さいので気にすることはないと聞いていたのだが、心がブルーになるような大きな鳴き声だ・・・泣2

 

思えば小さい頃から声が大きいくせに空気を読めないとよく言われて来た私だ。

 

早々に私のマイナスの血を引いている部分を発見した気分だダウン

 

 

 

 

クリックありがとうございます(´∀`)

 

      下矢印

人気ブログランキングへ 

 

ネッドちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス