小森松庵 若き陶芸家へのエール! | 豊池美術店のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

小森松庵 若き陶芸家へのエール!

小森松庵(19011989)は茶道を極め茶陶、茶杓の名品を残しています。
この信楽筒水指は半身の赤焼けと自然釉窯変の半身が対照の名品です。
底に力強い箆彫りで「戊申(つちのえ・さる)」と刻まれていますので、1968・昭和43年の作品です。
67歳当時の力作。
若き日の加守田章二森陶岳の二人を自宅の茶室に招き、正式の茶会席を執り行っています。
その折、君たちは将来日本の陶芸の担い手に成る人材だから、その事を自覚して陶芸に励むようにとエールを送っています。 

Komori Syoan he is the great Cyanoyu master.

He made Cyanoyu ceramic.

One day, he had be invited two young people Kamota Shoji and Mori Togaku

to the tea-ceremony room of his home, and held a formal tea ceremony.

Then he had told them, you are will become a bearer of Japanese ceramics in the future, he was cheering saying you're aware of the thing and apply yourself to ceramics.