ライブハウスでのお話 | 豊池美術店のブログ
2018-12-10 18:49:36

ライブハウスでのお話

テーマ:ブログ

 

 

僕がエド山口に興味を持ったのは、彼が作詞作曲した「六本木ララバイ」を聞いてからです。内藤やす子さんが歌ったのとは一味違う味わいがあります。

彼のステージは演奏の合間に、軽妙なトークを交えます。

先日の公演ではエレキギターがご縁で交流を持つ加山雄三に関してのおしゃべりが

ありました。

エドさんは加山雄三さんが81歳でエレキを演奏するのに感心して問うたそうです。

エドさん:「なんで、加山さんはその歳でエレキが弾けるのですか?」

加山さん:「弾かなきゃ忘れる。」

少々ズレた問答ですが、よくよく考えると大切な事を含んでいると想います。

健康だからエレキを弾くのか。エレキを弾くから健康なのか。

仕事をするから健康なのか。健康だから仕事をできるのか。

加山雄三さんはステージでお客様が喜んでいるエネルギーを一杯吸収して、次の仕事に臨むのでしょう。

人は自分が世の中に必要とされていると感じる時に幸せを実感します。

彼は「幸せだなぁ」の人だなぁと想いました。

 

とよちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]