「欧米なみ」から「日本へ」 | 豊池美術店のブログ
2018-10-17 10:12:35

「欧米なみ」から「日本へ」

テーマ:ブログ

「欧米なみ」が死語になりました。団塊の世代の私たちは自分たちよりもずっと年上の大人たちから事あるごとに「欧米なみ」の表現を新聞・テレビで聞かされて来ました。1970年代日米貿易戦争・牛肉オレンジ貿易自由化問題が世間を揺るがしました。「日本政府が牛肉・オレンジを自由化すると日本の酪農・農業に従事している人々は大きな痛手を受ける。」と報道しました。結局、外圧に押し切られて大量に安価な牛肉やグレープフルーツが入って来ました。

先日テレビで訪日観光者に、日本で何がしたいですか?と質問すると「コウベ・ビーフが食べたい。」と応えていました。ブランド肉はコウベ・ビーフのほかにも日本中にたくさんあります。日本人はグレープフルーツに屈服することなくデコポンを開発しました。

日本の底力は凄い。

今、世界は日本に憧れています。「あこがれ力」は世の中を、その方向へと大きくリードします。それを象徴するテレビ番組があります。

Youは何しに日本へ」

 

▼豊池美術店ホームページはこちら

>> http://www.toyoike.co.jp/

とよちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]