平田玉蘊 被災地の文化財保護 | 豊池美術店のブログ
2018-09-04 09:59:53

平田玉蘊 被災地の文化財保護

テーマ:ブログ

西日本豪雨災害の被害は尋常なものではありません。多くの家屋が住む事が困難な状況に至りました。

7月の末にご依頼を受けて、倉敷市真備町に行きました。

普通ではない状況で初めての地に赴く際に、カーナビが通常通りに目的地まで導いてくれるのかどうか不安でした。折よく自衛隊の災害救護班の車輛に出会いましたのでその後を付いて行きました。

辿り着いたご依頼主のお宅では夜中に天井まで水が入って来たそうです。一段落したら家を建て替える予定で現在の家に在るお道具の処分をしたいとご希望です。

その中に今から200年前に活躍した女流画家・平田玉蘊の六曲一双屏風が在りました。新しく建てる家には飾るスペースがないのでと処分をお任せいただきました。

平成27年にNHKの「日曜美術館」で取り上げていたのを想い出しDVDライブラリーから探し出して観ました。

展覧会はお隣の福山市に在る広島県立歴史博物館にて開催されました。

意を決して相談しましたところ快諾して頂くことが叶い、「未来へ繋ぐ文化財として大切に保管させて頂く」との意向を得ることが出来ました。

9月6日午前10時から広島県立歴史博物館にて、事の推移を公表する報道記者会見が行われる予定です。

▼豊池美術店ホームページはこちら

>> http://www.toyoike.co.jp/

とよちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]