2017-12-21 11:20:48

坂本龍馬とかっぱ寿司

テーマ:ブログ

坂本龍馬が暗殺された1867年から数えて、今年で150年になります。

私は30歳の龍馬が「死ぬまでに後1年しかない。自分も何事か起こしたい。」と想っていました。今から考えると、それは坂本龍馬の実像ではなく司馬遼太郎さんの理想とする日本人像から発する「竜馬が行く」のイメージでした。

その後に、興味は薩摩の小松帯刀そして会津の松平容保候へと移りました。

先日、京都を歩いていたら偶然に坂本龍馬終焉の地に当たりました。

襲撃を受けた「近江屋」は「かっぱ寿司」に変わっていました。

その前を中国人観光客が大きな声でガヤガヤと騒ぎながら通っていました。

 

 

▼豊池美術店ホームページはこちら

>> http://www.toyoike.co.jp/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

とよちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿