2017-05-31 20:22:52

横浜 三渓園 待春軒

テーマ:ブログ

5月25日に横浜・本牧の三渓園に行きました。
実業家・原三渓さんの旧宅を一般開放した壮大な庭園です。
原三渓さんが考案してお客様に振る舞ったと云う「三渓蕎麦」を茶店「待春軒」で頂きました。
これが好く工夫されていて、服を汚すことなく安心して食べられる蕎麦です。
誠に上品な味で美味しい。

感動してお店の女将さんにその事を告げますと、
「それはよろしゅうございました。さぞや三渓も喜んでいる事でしょう。私は三渓の曾孫です。」
 ワァ-ッ!

その遣り取りを、奥でニコニコと笑いながら見ていらっしゃる男性が気になりました。
女将さんは気随て、その男性の方を振り向いて「主人は会津の者です。」と紹介して頂きました。
お話を伺うと、この方は会津松平のお血筋の方と云う事。
「へーッ そうですか。会津松平とお聞きしますと、幕末に京都所司代職を任せられ新選組を組織させるほか
京都の治安維持にご尽力された松平容保候を尊敬しています。」とお話ししますと、
「それは祖祖父です。」とお応えになりました。
感激! 「ご一緒に写真を撮らせてください。」
お二人は笑って僕の希望に添って写真に納まって下さいました。

「後でお送りします。」連絡先をお聞きすると、確かに松平様です。
帰宅してから、その日の写真に添えて御礼状をしたためながら、
「とんでもないことをしたものだ。世が世なれば無礼者と御手打ちになっていたかもしれない。」と反省。
素晴らしいお二人。貴重な想い出でした。

横浜に行ったら、三渓園。 三渓園に行ったら「待春軒」で三渓蕎麦を食べてみてください。


▼豊池美術店ホームページはこちら
>> http://www.toyoike.co.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

とよちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿