2014-11-29 19:07:41

高倉健さんと笠岡

テーマ:ブログ


高倉健さんの主演映画「八甲田山」「海峡」を監督した森谷司郎さんは青春時代の一時期を笠岡に住んでいました。その心に笠岡の風景が残っていたのでしょう。

「海峡」で関門トンネルを創る技師を演じた高倉健さんが、瀬戸内海のある町に一人で住む父(笠智衆さん)を訪ねて帰郷する場面に笠岡を選んでいます。

映画の中でお二人が語らう場面に、笠岡の銘菓・栗まんじゅう(清月堂)と備前焼の湯呑が使われています。

映画タイトルの「海峡」の文字は笠岡の書家・西井林亭先生の筆によるものです。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

とよちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿