2011-09-25 08:42:31

森陶岳とブルドーザー

テーマ:ブログ

森陶岳先生の寒風の窯場にはブルドーザーが在ります。

フォークリフトも大型トラックも大型巻き割り機械も在ります。

大窯の築窯や手直しに陶岳先生と一門の皆さんがそれらを使って、日中動き回っています。陶岳先生は作品の制作は午前4時から行います。

森陶岳先生は「昔の陶工は人の力だけという制約の中で仕事をしていたのが、今は機械と電気の動力のおかげで人の可能性が拡がりました。ありがたい世の中になりました。」と述懐しています。

河井寛次郎先生は「機械は新しい手だ」と云う言葉を残しています。

森陶岳先生は古くから行われてきた焼物の成り立ちにはこだわり、そして文明の利器は進んで取り入れています。

森陶岳先生は古きを温めて(あたためて)、必要とあれば新らしきを躊躇なく導入しています。

森陶岳先生の理想への飽くなき挑戦に対する姿勢とその陶芸は、2005年に文化庁長官表彰2006年に紫綬褒章を授与されています。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

とよちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿