2011-05-31 00:08:05

備前大甕が飛んだ!

テーマ:ブログ

神戸にお住まいのお客様からお電話を頂きました。

台風で森陶岳先生の二石甕が底と口が逆さまになったとのお話です。

一人で動かすことも難しい大甕が果たしてどうなったのだろうとイメージが湧かないままお伺いしました。

お宅は山手に在るタワーマンションの35階です。

ベランダに置いていた二石甕が突風で倒れていました。

「凄い事が起こるものですね。」「ほんと、想定外とはこの事です。」などと修理のご相談など承りつつ、お部屋に目を移すと懐かしい森陶岳先生の作品が鎮座しています。

つるくび、大芋徳利、輪花皿、耳付水指、徳利、酒呑の数々

大切にしていて下さるのだなあと胸が熱くなりました。

御夫妻の人生の一部に溶け込んでいる事がわかります。作品が密やかに息をしています。

おいとまする時にタワーマンションの一階までお見送り下さいました。

そこで、三人でまたびっくり。

強風で神戸のおしゃれな街燈が根本から折れて無くなっていました。

自然現象は人が考える範囲を遥かに超えたエネルギーを潜めています。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

とよちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿